・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

ぼんやりと見ていた、女子プロレスラーの自殺のこと

 最近は格調高くいこうと思っているのでw、こういうクソタレントの記事を書くのは心苦しい。正直、あまり興味もなかったの。
 
 しかし嫁と随分議論した。 だから人に読んでもらうのもいい。


・・・ちょっと前、女子プロレスラーのカワイコちゃんが自殺したというのがヘッドラインに流れた。
 死んでしまったわけだが、写真を見るとなかなかかわいい子だ。
 どうせ芸能タレントたちのいつもの腐った理由の挙句の自殺だろう、プロデューサーか同僚タレントにレイプでもされたか、不倫か、そんな程度の印象だった。
 どんな子かはまるで知らない。

 俺には女子プロレスラーなんて、ビューテ・・・(略)ww。



 それから、すぐにネットがその子の自殺のことで騒がしくなった。
 またステマだろう。くだらねえ。
 ヘッドラインも見ないようにしてた。


 そうしたら、そのうちこれに関して、俺の神経に触れるヘッドラインが流れた。
 いつものことと言えばそれまでだが、クソタレントどもが不特定多数のネットのユーザーを相手にし、まるで正義とばかりに喧嘩を売っていたのだ。


 いわく、

 「相手が芸能人だからと何を言ってもいいわけじゃない」
 「誹謗中傷するネットの連中は最低」
 「ネットの書き込みには法的措置を」
 「タレントに対する誹謗中傷は規制しないといけない」

 なーんて。


 何を言ってやがるんだ・・・。

 イライラさせられる連中だ。

 名前や顔が知られることをもってメシの種にし、時には迷惑なほど自分を露出させ、ヤラセや売国、自作自演で食ってる連中がいったい何を言っているのか。

 お前らはウィグルの弾圧に抗議したことでもあるのか。
 中国の独裁強盗国家の海洋侵略に反対したことがあるのか。

 全員、竹島は日本の領土かどうかを言ってみろ!(怒)


  また茶髪の吊り目どもが暴れてやがる。怒りがフツフツと沸く。

 ネットはずっと自浄作用がある。
 真実や正義が通用する数少ない世界だ。
 そのくせ、どうして「マイクを持てる」という格別の権力を持っている連中が、こうもネットを目の仇にするのか。特権階級のつもりか。

 俺はその女子プロレスラーもクソだと思うようになった。
 死んでも迷惑な野郎だ。




 昨日、たまたま、嫁からこの話を聞いた。
 
 なんでもこの女子プロレスラーの子は、本職以外でリアリティ企画番組に出ていたんだそうな。

 そうしてその中で、男性をひっぱたくだの男性に暴言を吐くだのをやっていた。

 これを見ていた視聴者の中にマジ切れしたのが大勢いて、SNSで攻撃を受けた。
 男の視聴者たちのプライドを傷つけたわけだ。
 リアリティ番組なんだから、やったことに批判があってもしょうがない。

 世間の批判は高まるばかり、その子はとうとうそのストレスから自殺したという。
 それが事件の発端だったんだそうな。

 しかし、そこに「誹謗中傷」なんてものはなかった。


 「批判」を「誹謗中傷」なんて言い換えるのは、よくあの連中がやる手だ(笑)。
 そのオンナの行為や言動が問題になり、批判が殺到しただけ。

 それを「やめろ」、「許せない」と、死後になって声高に言うクソタレントが沸いた。

 死ぬまで追い込まれることはいくらでもある。
 俺だって叩いたかも知れないし、そいつが死んだら俺が背負ってやる。


 ところが、名前も知られてないようなクソタレントどもが、
  なぜかこの件でやたらとネットに喧嘩を売りに沸いたという「裏」。


 この真相が最近になって徐々に分かってきたらしい。
 今日も続報があったようだ。


 実はその子は、そのリアリティ番組で、テレビ局からヤラセを指示されてたそうな。

 それはリアリティでも何でもなく、その番組の中で、台本と指示で男性に暴言やらひっぱたくのをやらされてたんだそうな。

 は?ww

 だったらその女子プロレスラーの子、
    なんで自殺したのかということになる。


 つまり、彼女は、視聴者からの抗議や批判に対し、「あれはヤラセ」とバラすこともできず、自分がクズ扱いされるのをひたすら我慢し続けた。
 世間の批判にも反論もできず、テレビ局も助け船など出さずに知らん顔。
 娘はとうとう我慢しきれなくなって自殺したと。

 そうだろ?


 じゃあ自殺したのはテレビ局のせいだろうに。

 なんで話が「ネットの過剰な叩き」とやらに摩り替えられた?

 真相は、テレビ局との取り決めだか契約だか、弁明をさせてもらえず、世間の批判を一人で受けるしかなかった女の子が耐えられなくなって自殺したってことだ。


 なんでクソタレントたちは、これを「ネットの心無いヤツラのせい」とか「ネットの誹謗中傷」とか言ってやがったんだ?

 つまり、その連中はテレビ局への批判を逸らそうとしていたわけだ!。

 売れない、もともと名前もないような笑えないクソタレントどもが、テレビ局の責任を隠すようなことをすれば仕事になると、仕事欲しさにネットに喧嘩を売って、不特定多数のネットの連中に対して「お前らがこの子を殺したんだ」とか、話を逸らした。

 そして挙句に、「こういうネットの誹謗中傷は取り締まれ」とやった。

 お前らこそ死ねよ。

 クソテレビのクソ企画こそ取り締まりの対象じゃねえか。

 そしてこのゴミみたいな寄生虫どもが、いつまでも公共の電波の周りをウロウロして、ひたすら面白くもない顔をさらしているという現状。

 吊り目と茶髪が問題だ。
 まだクムチって言ったら五千円貰えるのかw?



 どうやら最近のテレビ局は、不始末を擁護すると仕事をくれるらしいw。
 ワイプ画面とかにでも小さく出してもらえるわけ?ww

 結局、このクソタレントどもは、同業者のはずのその女子プロレスラーすら食い物にした。カネになるネタってわけだ。

 とんだクズどもだな。
 ネットに顔を出してくんな。 自作自演記事は通じない。
 世はコロナでオンライン。 電波野郎の出る幕じゃないw。
 お前らの顔はモザイクが必要だ。


 以上、ここまで。

 あくまでテレビを捨てた俺の情報ww。

 たぶん間違いないでしょうw。
 間違ってんなら消しますよw(笑)。


 今のクソお笑いタレント連中なんて絶望的につまんねえんだから、
  林屋三平とか、志ん生とか、古い落語だけ流してろ!(怒)


おそまつ

 
関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌 > ぼんやりと見ていた、女子プロレスラーの自殺のこと

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex