・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

数字というものを考える

 まずはガツんと、常識とか思い込みをとっぱらってみましょう。
 あたまを真っ白にしてしまう。 そんな日があってもいい。
 素直な心で考えて、モノを見つめ続けて霧のように消してしまいましょう。


 普段はあまり気にしないことではありますが、数字というのは人間が考え出したものです。
 「数」というものはひとつの人為的な概念です。
 「自然界」に存在するものではないし、私たち人間による「表現」に過ぎません。


 私たちは当然のように一個、二個、サンコーん、なんていいますが(笑)。

 カルロスゴーンも、オロゴーンも、もはやなしw。


 まあ、それはともかくw、ボリュームとか量、見えるものに数字という概念を当てはめたのはあくまでも人間の知恵です。
 私たち人間が勝手に呼んでいるだけです。


 動物は数字を知りません。

 動物には多いとか少ないというのはわかるでしょう。
 減ったことや増えたこと、このぐらい、あのぐらいという感覚はきっと分かっているはずです。

 でも、ひとつ増えてまたひとつ減る、だから同じ。それは分かりません。
 見た目が変わっていたらわからない。

 犬がワンと言い、同じものを猫は「2や」となぜか関西弁で

 ・・・いや、失礼(笑)。


 別に生きてゆくのに、数字など必要ないかも知れません。
 美味しいものが食べられればいい。
 ひとつ食べた、ふたつ食べた。だから何? それはあまり生きることとは関係がないように思えます。

 世の中には数えられないものだってたくさんあります。
 想念? いや、何もそんな難しい話でなくとも・・・。物理的にあるはずなのに数えられないものだってたくさんあります。

 すぐに思いつくのが匂い。
 匂いは数えられません。
 夕ご飯の支度が街角から匂ってきても、それをどう数字で表現できるというのでしょう。
 単位がないものは数字になりません。


 色も基本的にはそうです。数字化はできません。
 ただ、デジタルの世界では必要なものなので、色は彩度とか色温度などで数字化はしています。
 でも知らない人が聞いたら分かりません。
 「ちょっとそこ照度を上げて」なんて言われても、分からない人にはわかりません。

 数字を知らない人には数は数えられません。
 それと同じことです。

 それに色を数字化していると言っても、それは色を指定しているだけ。
 赤とアカを足した答えはありません。
 「二倍のアカ」って、共産党?w
 わかりません。


 音はどうでしょう。
 聞こえるものは数字化できるでしょうか。
 これも難しいかもしれません。
 除夜の鐘は108つ。煩悩の数。カウントはできます。
 でもそれはいつから鳴り始めたと分かっているから。

 アタシの耳鳴りはカウントできません。

 音楽はリズム。リズムは波長。調子です。
 何回鳴ったかとか、その回数ではありません。
 それを四拍子、三拍子としてリズムに変換した。
 嗚呼。なるほど。

 確かにバッハ先生は「音楽の父」なのです。


 数字は私たち人間のものです。

 モノが自然に増えていくこともある。
 気が付いたら減っていることもあります。

 それがどうしてか、いつから変化していたのか分かるように数字というものがあります。

 コロナ感染は収束しつつあるのでしょうか、それともまだリスクがあるのでしょうか?
 数字を追わなければいけません。
 感染率、致死率、分母は検査数、感染患者数。人口比率。

 そうして数字を拾って集め、記録してゆくと見えてくるものがあります。

 移動平均、加重移動平均、移動平均乖離率、乖離率平均。




 「微分積分」なんて、我々はどうして学んだのでしょうか。
 小さなものを拡大して見る数字のルーペ。
 遠くから見るとわからないことを拡大する。それが数字でできる。
 何も難しいゲームを教えていたわけではありません。

 数字には世界があります。
 それは私たちが作った世界です。


 でも、宇宙の果てが見えないように、私たちの作った世界なのに見えないということがあります。
 そこに、「数字には私たちの内なる意味が隠れている」と、思う理由があるのかも知れません。

 円周率は終わりがあるはずなのにまだ計算は続いています。

 数字って何でしょう。
 私たちは数字に振り回されたりもします。
 

 数字は私たちの宇宙。

 そう考えることもできます。


関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

No title

数字って深いですね~
そんなこと考えたことがなかった(^_^;)


プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。よろしくお願いいたします。(2022/12/21) 人気ページランキングをリセットしました。一部URLのままはFc2の仕様です。(2023/06/04)

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > オピニオン(長文) > 数字というものを考える

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex