・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

回転寿司での食べ方

 周期性があるのか、つい最近まで回転寿司が大いにハヤっていました。
 今はすこしひと段落した感じ。またこれから下向きなんでしょうか。


「回転寿司での食べ方」って教えられるでしょうか?
 考えてみると正直、それは「分からない」という人に教えるのは難しい。確かにww。
 そりゃあ「食えればナンだっていいだろ」と言われればそれまでだけど。

 しかし、もしその本質を理解して食べるというのなら、まず日本人としての繊細さ、機微が必要になるだろうことは覚悟して欲しい。
 例えばスーパーの試食を残らず食い尽くしてしまうような中国人とか、衛生の悪いキムチを意味なく世界一の食いモノだとしゃにむに推してくるような反日途上国連中のメンタリティではわからないこと。

 「回ってる寿司を取って、食って会計を頼む。そうすると、会計係が皿の枚数を数えて単純に一枚いくらだからと計算して請求される。それだけだよ。」

 「次々と回ってくるお寿司の中からご希望のものをお選びください。」


 どちらも他人への説明としては間違いだ。
 そんなことではない。それでは紙に書かれた案内に過ぎない。
 実は断じてないwww。
 回転寿司はそんなものではない。

 まず、そこに目の前で回ってる寿司のネタは古い。

 それがある。
 いや、それが事実かどうかはどうでもいい。
 まずは「古い」という前提で臨むべきなのだ。
 それがどのくらい古いのかというと、人ごみであふれる渋谷のスクランブルのど真ん中に刺身が放置されて、息だの咳だのがかかっている。そんなレベルか。www(笑)
 まあ、それは言いすぎとしても、コートやジャケットを脱ぎ着したり、そんなホコリは回りながらかぶってんだから明らかに古い。
 フタがされている?
 それなら快適な空調のせいで乾燥してカピカピになってしまっている。それを「古い」といわずして何というのかwww。
 回らない寿司屋は暖房などしないで冷えている。

 だから、普通は「クロウト」でなくとも、回転寿司ではわざわざ回ってないものを探す。そしてそれを板前に注文して食うものなのだ。


 これが分からないヒトと言うのも実はいる。驚く。
 他ならぬ嫁も昔はそうだった。なにしろ回転寿司に初めて連れて行ったのだ。子供じゃなかったのに。

 「だって、好きなモノが食べたいよ」
 なんというお嬢様だwww。
 回転寿司で好きなネタを食えるなんて思うなよwww。


 しかし回ってないネタを注文すりゃいいと言っても、これが、もしうっかり見落としてしまい、既に回っているものを注文してしまうと悲劇となる。
 もしすでに回ってる寿司を注文してしまうとそこで負けだ。
 古く、それこそこれまで何十分も回り続けていたものを板前に見つけてこられて、そのまま「はいよ」なんつう威勢のいいというか呪いというか、最後通牒のような板さんの掛け声とともに右から左に回されてきてガックリすることになる。

 しかも、それを「これは古いよ」なんて、レールに戻すことはご法度なのだ。
 事故責任だ(笑)。

 だからまあ、まず席に着いたら今どんなネタが回っているか確認しないといけない。
 すなわち古いネタはどんなものかということだ、まずそれを確認することだ。
 何が注文できないのか、客はそれを見極めないといけないのだ。
 これを回避する秘策もあるのだが、まあそれは今回はよしておく。

 極意、「回ってないネタを注文して食え。」


関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

Re: No title

たいへん面白いお話をいただきありがとうございます。
タッチパネルで注文してこちらの注文としてついているのに皿に寿司がないということなのですね。よく考察したいと思います。感謝です。

No title

初めてコメント差し上げます。おはようございます。

我が家のよく行く回転すし屋さんはタッチパネルで注文できるシステムになっております。で、うちの主人はpadroll bedrollさんの考えと同じなので回っているけどわざわざ注文します。

これで以前は問題なかったのですが、最近では注文しても「注文したはずのお寿司が消える」事が続いています。注文の品が近づくとお知らせ音声が「間もなく注文の品が到着します」と言うのですが、注文品というトレーの上に乗っているはずのお寿司がないんです。きっと流れて来る間に誰かが取った(笑)

故意にやっているのかシステムを理解していないのか不明ですが、最近ではお年寄り(70〜80歳)がお一人で食べられているのをよく目にしますので、そう言う方が取っちゃうのかな〜と家族と話しております。

システムを誰にでもわかる様に説明するのって難しいですよね。

長文、失礼しました。


プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌 > 回転寿司での食べ方

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
 
 
eBay日本版

 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex