・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

半可通が相撲を見ると、

そんなに相撲には詳しいわけではない。
半可通でしかないことは認める。

 しかし人にはそれぞれの人生があるのだなと事件で思う。
 我々がどんなにその人が好きでも、その人に思い入れ肩入れをしていたとしても、その人にはその人なり人生、その人の決断ってものがある。
 別に彼らは我々のために生きているわけではない。
 いくら人気商売でも、彼らには彼らの決断の時期というものがある。

 それを面白く眺めるのがいいじゃないか。
 メンタルの弱さと戦う横綱なんて面白い。
 モンゴルがいなくてずっと神聖できちんとしたものになってきた。
 今、キセが引退なんかしたらそれこそ白けるにもほどがある。


・・・
 かつて横綱の頂点に立った男が、相撲部屋を開き、弟子を育て、そうして事件をきっかけに相撲界そのものに見切りをつけてしまう。
 やっかみ、妬み、くだらない嫉妬。

 これに対する回答は引退と言う名の見切り、退職願いという三行半でしかなかった。

 みなが置いてきぼりにされた。

 残された志のないデブどもは呆然とそれを見送り、モンゴル横綱に期待すれば興行が維持できるなどと算段するだけ。
 相撲道の心は無残にも砕かれる。


 去っていった人間は残された者のことなど考えはしない。
 彼には単にすべてが終わったというだけなんだろう。
 それだけに残された連中はひどくミジメに映る。
 しかしどんなにミジメでもしでかしたことは覆らない。誰も外野を慰めてはくれない。
 反省などしても、もはや何もならないのだ。

 「記録ではない、記憶だ」と、さんざんと好角家がグチを言っていたというのに、記録にしがみついたインチキ横綱の望みはオリンピックでオダを上げるというだけのちっぽけなもの。
 人間としての威厳すらなく、裏でコソコソと内諾といい含みをし、本番でも呆れるほどの汚さでなんとかしがみつくみっともなさ。
 あれはクソにも劣る詐欺師の表情だ。
 つくづくあの顔は見たくないものだ。よく客も黙っている。プロレスではない。


 もはや誰も横綱というもの価値を尊重できないレベルにまで落ちた。
 モンゴル文化は「先輩へ決して損害賠償などしない」などと知られ、その文化が広まるあまり、とうとうこれまでの嘘くさいやり取りすら曝露してしまう。
 それを八百長とは言わないが、どうしようもないエゴしか見えてこない。
 挙句に真面目に取り組んでいる連中すら白い目で見られる。

 もはやズタボロの状態だ。


 逆に、これは面白いと、結末を見に行くのもいいのかも知れない。


・・・
 そうそう。
 まるで非対称の男がいた。尊敬に値するほどの男。過去を捨てた男。
 辻褄合わせを始めた男。
 菊という男。
 かつては立ち合いの汚さと、常に相手を先に動かすという汚さで、体が変形するほど締めたマワシ、何もかもあっけに取られるほどのあからさまなダーティぶり、とうとう何の偶然か優勝までしてしまい有頂天、それが大関を陥落、とうとう平幕に落ちた。
 ほどなくすると、今までとは打って変わりまるで違う相撲をするようになり、その相撲の変わりように誰もが驚いている。
 まるで汚さがなくなった。正々堂々、相手に合わせるようになった。
 これまでコメントを避けていた人たちすら触れるほど。

 彼は引退後を見すえて、これまでの相撲人生をなかったことにしようとしているのか。このまま汚い取り口の記憶が残ったままでは引けないってか。
 今はそれぐらい正々堂々とした相撲を取っている。
 こうまで変わるものかというあの姿は必見だ。
 その心変わりは見事に思える。
 ドテンというやつか(笑)。
 歓声の種類が違うと感じる。歓声が上がる意味はこれまでとはまるで違っている。
 通の観客もそれがよくわかっているのだろう。
 君子豹変すとはよく言ったものだとさえ思う。

 ある意味、名を残すだろう。


・・・
 ガイジンはやはりガイジンだ。数が多くなれば我を通そうとしてしまう。
 これまでハワイ勢だの色々と言われるがその度に衰退していったのは数に甘えるようになったから。
 ガイジンには反省がないというのはある意味では本当だろう。本来なら独りでその違う文化にいるものなのだ。それが群れればおかしくなってくる。
 日本の心がわからずに、わかろうとせずにその文化の下でまともに動けるわけはない。

 もはや穢れとしか言えないぐらいになったモンゴル横綱。
 今場所は幸いにして留守だから、本場所を見に行くと楽しいかも知れない(笑)。


 さよなら、モンゴル横綱。
 東京オリンピックまで無様にまだ我慢するのか。


 うす汚れた勝ち負けスポーツは、せいぜいマンホールの下でやればよかったのに。
 礼儀も心もないのではただの相撲レスラーでしかない。

 そういやモンゴルも中国にやられかけているようだ。
 一路一帯とやらが侵略だと分からないのか。
 そこまで馬鹿揃いの国とは思わなかった。



関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 米中貿易戦争
ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 推論、考察 > 半可通が相撲を見ると、

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
 
 
eBay日本版

 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex