・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

雛祭り、大皿を選んでいて気が付いたこと


 「夢を見たのよw。」

 おいおい、まさか「人がたくさん死ぬ夢」じゃないだろうねw。
 そしたらかなら遅れた夢だよ。もう世界はとっくにそんなことになってる(泣)。


 「二人で雛のコスプレしてる夢だよ。

 色々、ああしたらいい、こうしたらいいって言われてた。

 でも、どうしてそっちは殿のコスプレしないのかって思ってた。」


 ああそうか、今日は雛祭りなんだ。女の子の日。

 食事をした後になぜかひとつだけ残ってた「桜餅」を食べました。
 アンコを粒っぽい餅米で包んで桜の葉が巻いてあるやつ。

 美味しい!

 塩と甘いアンコがすごく合う。
 頬っぺたが落ちるような美味しさ。

 やっぱり雛祭りにはアンコです。
 和菓子が気分が合うのです。歳時記を感じれば食べたくなるものも違うのです。

 ケーキだってこんな時間に行っても半額は売り切れてる。
 雛祭りならやっぱりイチゴでしょうか。ミカンのショートケーキでもいいのに。

 和菓子があってよかった。お茶が美味しい。




 別に雛祭りだから、というわけもないですが、昨日は大皿を買いに行ったのでした。
 普通の馴染みの瀬戸物屋さんに久しぶりに買い物に行った。

 そういう小さなお店は全国各地の瀬戸物市なんかに出かけて仕入れてくるものです。
 ちょっと前にハガキが来て「新しいのが入りました」なんて案内があった。

 割と作家モノなんかも安くて、時々は買っています。
 瀬戸物はどうしたって割れます。買うのは悪くない。

 ここは器を買い求めると高台のところを紙やすりでゴシゴシやってくれる。
 それが気持ちいい。
 ちょっとした気遣いが嬉しい昭和風の瀬戸物屋さん。


 その昔、ここを冷やかして家内とああだこうだと器を見ていたら、ご主人が寄ってきて、いきなりアタシたちに言ったものでした。

 「ご機嫌よく仲良くご覧になってらっしゃってて見ていて楽しい。
  豊かな毎日はやっぱりそういうところからですね。どうぞごゆっくり。」

 へ?
 アタシたちはピンと来ない。なんか宗教的なものさえ感じたものですw。

 まあそれから、ご主人には会釈するぐらいですがタマに行くようになりました。



 そうそう。ある年のクリスマスイブの日のことてじた。
 アタシたちは前日にこの店でシャンパングラスを買った。二人で揃いのものです。
 
 細くて背の高い、よく泡の立つシャンパングラスでした。
 家内はまだ寝ていてアタシは早起きして仕度していた。
 ロマンチックな一日の仕度。チキンのオレンジ煮は定番です。

 そしたら、テーブルに倒した拍子にグラスがひとつ割れちゃった。
 これからだというのにアタシは泣きそうになった。
 シャンパンだって用意してあるのに。
 アタシは焦った。
 
 そこでまだ午前中のうちでしたが、アタシは自転車で店まで出かけて同じものをひとつ買いました。
 大汗をかきながら往復してどうにか家内が起きてくるのに間に合ったw。

 家内には割って買い直したことはずっと黙っていた。
 

 何年か経ってひとつ割れ、またひとつ割ってしまい、グラスは代替わりしました。
 江戸切子のグラスにして楽しむようになった頃、とうとうアタシはその昔のことを白状したものです。

 「黙っててごめんな。」

 うわわんw(泣)。




 買ったのは結局大き目の丸鉢で、「そうめん」を泳がせるのにいいと言うことになりました。

 吹きガラスで青、白い模様を散らしてある涼しげなものです。

 まだ寒いですからこれは暫くは鍋に入れる時に使う。野菜なんかを盛っておく鉢にします。

 ウチは鍋は「随時投入派」ですから鍋には最初から具財を入れません。
 入れておくのは豆腐や固い人参ぐらい。
 野菜は随時投入、即時味わいのスタイルです(笑)。

 「涼やかな風情」、イコール「新鮮でフレッシュ」ということ。
 だから野菜にはちょうどよい。


 冬だからってクタクタの野菜じゃしょうがない。
 レタスだって鍋でさっとくぐらせていただきますが、鍋に入れる前にはフレッシュでないといけません。
 そんな風に考えれば冬に涼やかな器も使い道があるものです。

 「四国塗りのアレって漆だから涼やかじゃないんだよね。」

 なんて家内が追い討ち。
 いや、漆だから保温性はあるのです。
 氷を浮かべてもなかなか溶けないではないか。


 夏になったらそうめんを丸鉢に泳がせるのが楽しみです。



 春になったということでウチは食器をぐるりと衣替えしたのでした。

 物置に食器が積んであって、今使っているものとそっくり交換です。
 小鉢、大皿、取り皿、中皿、お茶椀、椀、吸い物椀。
 飽きが来ないように選んできて取り替える。選んでくるのは家内の仕事です。


 我が家には箸もそっくり取り替える分が仕舞ってあります。
 箸箱に入れてある何膳もの箸を夏の前ぐらいにそっくり取り替えます。

 気分を変えれば粗食でも楽しくいただける。
 まあ畳を替えたり、襖を替えたりする余裕はありませんがこのぐらいならできる。

 茶碗も交換すると食欲が違うのですw。
 春夏、秋冬、食欲が季節で違いますから、器が変わってそれに合わせるうちに季節に適応しているというわけ。

 毎度毎度の同じお茶碗でない方がいい。


 そういえば犬なんかだと自分の器じゃないと嫌がるものです。
 いつもと違う器に餌を入れると嫌そうな顔をする。

 アヒルも同じ器がよかったらしく、割ってしまって違う器にしたら食いつきが悪くなった。それでわざわざ同じものを買ったことがあります。

 猫の場合はそんなことなかった記憶があります。




 それからデパートへ器を見に行きました。

 ウィンドーショッピング、すなわち「見るだけ」(笑)。

 大皿が欲しい。「犬皿」じゃないですw。大皿、大きな盛り皿のこと。
 いよいよ買うまで、今のうちから色々と見ておきたいと思った。
 洋皿、深川製磁、色んな皿を見た。


 そしたら、ちょっと気が付いたことがあった。

 大皿は角皿だと使いにくい。出番が少ない気がする。

 我が家にも角皿、四角の大皿があります。
 最初は喜んで使っていたのですが次第に使わなくなった。
 キャビネットに積んだまま最近は出番があまりありません。

 さっき買った丸鉢に野菜を盛るなら角皿でも大きさに不足はないはずです。
 でもいつも忘れられている。

 大きなヒラメ、黒ソイ、そんな丸ごと出すアクアパッツアみたいな時ぐらいしか出番がない。


 これ、あくまで我が家の話です。他の人はどうかは知りません。
 ご馳走になりに行ってそちらの人が言うはずもないのです。

 「すみませんねえ。こんな角皿でお出しして。」
 
 なーんて(笑)。言うはずもない。
 ただ、アタシは二人で大皿を使うなら角皿は合わない気がしました。
 大皿をテーブルの真ん中に置いて取り皿でいただくのに角皿は使いにくい気がした。

 ふーむ。正月の盛り付けにも使うぐらいなのに、どうしてなのか。



 丸鉢、悪くてもオーバル、楕円ぐらいがいい。
 四角い皿ってのはどうも使いにくいとアタシは思ったのです。
 皿なんて何気なく気分次第で使っているはずが出番が少ないことに気が付いた。

 鍋の横に置く、そんな使い方でも四角の皿はどうにも落ち着きません。
 「隅」があったり「手前」があるから、どうしても都合がつきにくいのかも知れません。


 じゃあ四角は和食には合わないのか、使えないのか、と、そう言われれば「玉子焼き器」なんて四角もいいところです。膳は四角がいい。
 巻き寿司なら「四角い巻きス」で作りますし、回らない寿司屋さんは四角いゲタに出してくれます。

 器だと四角い皿はちょっと制約があるのではないか。
 四角い皿は銘々皿、せいぜい取り皿、菓子の皿ぐらいでしょうか。
 デザートやフルーツを載せてフルーツソースを散らすなんて四角い皿のイメージがある。

 ああっ、やっぱり菓子だ。雛祭りには菓子がいいのです。
 クリスマスより、正月より、雛祭りにはお菓子を食べたくなる。


 「雛祭りにはやっぱりアンコだ。

  缶詰のアンコを買って餅を夜にまた食べようぜ。」


 アタシは家内に言った。
 さっき、ことのほか桜餅が美味しかったからw。

 こんな日は抱っこしてあげたりして、せいぜい仲良く過ごしたいものです。
 


おうぞどだいじに





※ なんてこと!

 雛祭りの日の今日、いきなりブログが消されてビツクリした(笑)。

 いやここではありません。他のブログサイトのお話。

 アフィリエイトについてのこと、ブログのスポンサーについて細かい話をしていたブログがあったのでした。

 更新頻度は少なかったけど、まあまあのボリュームがあった。
 それがいきなりアカウントがなくなって消滅です。
 

 業界の内幕を書いてしまったせいかも知れません。怒らせたw。


 あんまり信用しちゃならない会社だったか。
 株価も見ていたけど低いものです。どうしようもない。

 怒らせたら報復に消すなんて、子供みたいな事業態度ではないか。
 ガキのような事業がIPOで上場ゴール、なんちゅうつまらない連中。


 こういうの、やっぱりピンハネ事業なのです。
 いずれ淘汰される運命にあったかも知れません。

 アタシも考えを改めようと思った。

 まあメゲることはありません。
 メンタルが鍛えられたかも知れない。アタシは負けない。


関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌 > 雛祭り、大皿を選んでいて気が付いたこと

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
 
 
eBay日本版

 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex