・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

野党は結集してもう一度政権交代を!


 コメントいただきありがとうございました。

 市民、国民のみなが立ち向かってくれることを切に祈るばかりです。
 そのためにも発信はつづけたいものです。

 税金がムダにされ、我々は食いモノにされようとしています。


 しかし自民なんて特に選挙にカネがかかっていますから、落選するなんて、そんな雰囲気になるだけで大騒ぎ、岸田は辞めるしかなくなります。
 それが自民党総裁の責任。

 大いに落選運動をしていきたい。

 岸田、アノ人の芽はもうないのです。その息子もw。


 自民以外の野党が結集すればいいのです。



 旧民主党の立憲だっていてもいい、合流すりゃいいのです。中にはおかしくない人もいるでしょう。
 原口だっている(笑)。

 野党にだって議員報酬分働いてもらう、それは与党だけのことじゃない。
 政権を奪取するのは今です。


 いざ政権を奪取したら、どうするか。
 かつて立憲はすでに失敗しているわけです。

 しかし、そこは政権担当した経験がおありになるという強みがあります。
 だからご意見を聞かせてもらう、「オブザーバー」的なところで役に立ってもらおうというのでいいのではないか。

 そして前回の政権担当時の反省をしてもらう。
 レンホーが嫌がった反省を義務としてもらう。当然のことです。

 まずは政権奪取、そして国民に弁明してもらう。その上で国民の理解を得ながらゆっくり登用すればいい。



 そこは共産だって怪しいですから、ここはひとつ米帝、アメリカ帝国主義と立ち向かうつもりがあるのかどうか、じっくりと戦略を公開してもらって検討させてもらったらいい。

 まずは政権奪取です。

 それが終わったらせいぜいフェロー、そんな感じで外から支えてもらう。

 要は政権とらないとこの暴走、独裁は止まらないということのです。
 ですから形からでもまずは野党結集にしたらいいのです。

 どこがリーダーシップを取るかなんてことよりもまずは議席です。
 公開の場で、誰を担当大事にするか、喧々諤々の議論をしながら決めてゆけばいい。

 なんなら自民からまともな議員を引っこ抜いてもいい。若くてもいい。
 もはや内ゲバなんてやってる場合ではない。



 税金なんて、NHKの受信料と同じです

 国民の理解があって収めてもらうものが税金、それが原則です。

 あちこち、認識が間違ってはいないでしょうか。

 そうでなくては国が空中分解してしまうではないか。
 あるいは恐怖政治、独裁とファシストの国になるしかないのです。

 それを忘れて奴隷のように「納税は国民の義務」だとか、まるで中二病みたいなことを考えているなら「徴兵制」が義務となってもいいのか、どうか。

 従うだけなら犬でもできる

 自民党の代わりがいない?
 代わりがいないと思うなら作ればいいのです。鍛え直せばいい。
 それしかないのです。

 家をクルド人に占拠されて泣き喚いても遅いのです。この国は特権階級が育ちつつあります。裏金、役人の考える無責任なトンデモ政策。

 誰もオコボレなんかくれない。やられるだけ。

 ここでなんとかしないといけない。
 日頃から平和と言っていたではないか。

 今こそ立ち上がる時です。
 そうでなければカネを取られ命をとられ、自由も何もかも取られる。





 最近、NHKがそんなウクの徴兵の実情を流したようですが、逃げたのを連行したとか、ボコったとかやってるようです。
 あそこのウク報道はキャンセルに向かいつつあるのかも知れません。
 急に変えてきた気がしないでもない。

 しかしウク支援なんてアメリカさえとんでもないといい始めている。
 何を今更、ウク支援金がいくらタカられると思ってるのか。

 もはや潮時なのです。
 まずは停戦合意、武装解除させてからの支援でしょう。
 それもまずは欧米各国、独裁者度もの戦争責任の追及をしてからの話。

 我が国がお好きな国連を部隊にそれをやったらいいのです。


 それでもNHKがインチキな報道を続けてウク戦争を煽ってきたことは消えませんが。



おそまつ
関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > オピニオン > 野党は結集してもう一度政権交代を!

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
 
 
eBay日本版

 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex