・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

新年正月に防災のことから色々考えた


 拍手コメントをいただきありがとうございます!


 新年から嫌というほど教訓を思い知らされている。ニッポンです。
 それは、


 自分の身は自分で守るしかない

 ということです。
 その本質をちゃんと考えないといけないのです。

 それは「勝手に行動する」ということじゃありません。自分の考えたからって、それはまるで根拠のない冷静さを欠けた場合であることもあります。


 すなわち、それは「理屈に従え」ということです。

 航空機の運行は避難手順は整っています。それを決して邪魔してしてけない。
 整然と、落ち着いて避難しなかったら危なかったのです。

 事実、NHKの煽り放送で恐怖を煽られてしまった老人は転んだりして大勢がケガしているのです。

 ただ「怖い」などと煽られて騒ぎ出し、パニックになってしまったら自分の身は守れない。
 ここの見極めです。


 朝日新聞みたいにただ騒ぐような馬鹿がいたら、ブン殴ってでも大人しくさせていいのです。


 「緊急時には理屈に従え、雰囲気に従うな」




 くどいようですが、アタシは津波災害のためにちょっとした改革を提言したいのです。
 それが津波情報提供のやり方。


 それは津波警報を今よりももっと実感できるような表現にすることです。

 津波観測を30センチとか50センチなどとして、ただ放置してきたこの現状を変えないといけません。

 30センチはどんな津波なのか。それは歩けなくなるのか、人が波に呑まれてしまうのか、もっと具体的にすべきなのです。

 50センチの津波が観測されたら、それはどのような津波だったのか。
 いちいちそれぞれの場所の被害が確認できない場合もあります。しかし、これまでの例を出すことはできるのです。

 クルマが流されたことがあるとか、船舶が転覆する場合があるとか。経験則は言える。
 そしたらその地域に立ち入るかどうかの個人の判断はより理屈からのものになってゆくのです。


 地震の震度などと同じく、津波も体感に置き換えてしっかり告知すべきだとアタシは思うのです。
 まあそれを言えば豪雨災害、「雨量」にしてもそうかも知れないのですが。

 これまでどれだけの人たちが警告をナメて、「河の様子を見に行ってくる」と、流されていったかw。


 単に50センチの津波と言われてそれがどれだけ深刻なものなのか、経験者でなければ分かりません。感覚的に軽く見てしまうこともあると思います。

 「50センチ? なーんだ、せいぜいふくらはぎ程度の波じゃないか。」と。

 あり得ることですが危険です。



 能登半島も古代には大陸にくっついていたわけです。
 日本列島は大陸から分離した。分裂してきたのです。

 しかも日本はいくつかのプレートに分かれていて、その一部は日本海溝へと沈没していっています。「日本沈没」は決して嘘じゃないw。

 やがて何百万年も後には我が国はバラバラになる運命なのです。地震はその活動の一環でしかありません。
 これまでずっと日本大陸は動いてきたのです。地震大国。


 しかし、きっとそのスピードは想定していたものより早かったのだと思います。
 特に能登半島のところの分離スピードは早かったのだと思う。

 もし、「ゆっくり」だったとしたら、能登半島は日本海に取り残されて島になっていたかも知れません。佐渡島みたいに。

 活発な地震活動が起きることは想定しておかないといけないのだと思います。


 結局、これはただ想像力の問題です。ただの想像でしかない。

 しかし、別に確証があることなんか誰も言えないのです。地震学とはそんなレベルの科学です。

 急に「地中の水」とか言い始めてなんかすごく胡散臭い。
 今まで言われてこなかった話が突然のように出てきている、ペテン師がよくやるやり方です。



 振り返れば東北震災があった直後、長野や岐阜で地震が頻発しました。

 地震学者はこの時、妙にきっぱりと「関係ない!」なんて言ったものでした。
 なんでそんなことが断言できるのか、なんて偉そうに言うんだろうとアタシは疑ったものでした。


 地震学者なんてのはインチキ、ペテンです。まるで役にたたない寄生虫。
 彼らはカサにかかってくる。それ自体がロクなものでないことを証明しています。


 彼らは専門性に隠れてそうしたペテンを行っている。
 末代までたたられるレベルの恥。唾棄すべき連中なのです。


 地面、全ての土地というのは地球のプレートの上に乗っているのです。
 その影響が少ないか大きいか、離れているか真下なのか、せいぜいその程度の問題でしかありません。
 どっかが押されればどっかに影響があることは考えれば誰だって分かる。

 すなわち「全く関係ない」なんてことなんてないのです。
 完全に否定できる根拠などなかったのです。

 あの地震学者は腹を切ったほうがいい。原ヘルスw。




 かつて、東北震災の前、各地の原発の立地について「活断層の上じゃないから大丈夫だ」なーんてこの地震学の連中は平然と言ってたのです。まさしく原発立地にお墨付きを与えていた。

 震災後に調査したら実際には活断層の上に原発があったケースが多々あったのです。

 つまりそのごたいそうな意見は間違っていたというわけですが、連中はちゃっかりカネはもらったままです。返したりもしていません。


 街の「手相見」レベルのことを偉そうにやっているのが地震学者なのです。
 理屈がない。したがって彼らには人を守ることはできない。


 従うべきことに理屈があるか、ないか、それが自身で判断するという基準です。
 それが生き残るための秘訣。


 妄想をこねくり回し、根拠も薄いことを想像するならアタシだってできるのですw。

 でもアタシは言いましたよw。
 西側に動いてしまったんだから、今度は東向きの巻き戻しがあるかも知れない、と。
 まあ、これまで東向きの強いネジれがあったから今回は西側に動いて修正された、そういうことも言えないわけでもないわけですが。



 もういい加減にこういうインチキどもを温存するのは止めた方がいい。
 だいたい、独立性、自由でなければならない学問が「日本学術会議」なんて、政府からカネをもらっているのはおかしい。
 連中は寄生虫です。何を威張り腐っているのか。


 憲法学者と地震学者、アタシは特にこの連中は特に「象牙の塔」のクソの筆頭だと思ってます。それこそ吊るし上げて磔にしたいような連中です。
 一家もろとも、一族郎党、この連中は詐欺師として断罪したい。
 そんな世の中になってきた。アタシはいい兆候だと思っています。


 令和になって次々と出てきた平成時代の膿なのです。
 ジャニーズも、金髪レイプタレントの話だって。

 それは素晴しいものです。今上天皇のご威光としか言わざるを得ない。

 別に令和になって悪いことがおきているのではない。むしろその逆です。


 アタシは実はこの能登半島の地震だってすがすがしい思いで聞いたのです。
 日航機事故にしてもそうでした。

 
 失われた命はあったかも知れません。しかし生き残った命があるのです。
 アタシはそのチカラを信じたいと思うのです。
 よかった、頑張れた人たちがいた、ということ。
 だからこれらは「元旦早々の悪いニュース」とはまるで思えないのですw。

 アタシは明るい新年を迎えられたとつくづく思っている!


 無駄に、正月に浮かれて酔っ払い運転のバカのために誰かが死んでしまった、そんなニュースよりもずっといいのです。暗くはなりません。
 今回の話、バカの話は出てこない。


 明るいニュース、と、そこまで言ったら語弊があるかも知れませんが、少なくとも暗い気持ちにさせるニュースではなかったとアタシは思うのです。


 生き残った人のためにこの世はある

 葬式というのを思い出してください。
 それは生き残った人たちのものなのです。



あせいちょうごりがとうございました




関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > オピニオン > 新年正月に防災のことから色々考えた

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
 
 
eBay日本版

 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex