・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

謹賀新年!2024年!、北陸地震


 明けましておめでとうございます!♪


 先年中、押し迫った中からブログコメントや拍手コメントなどをいただき、まことにありがとうございました。
 貴重な情報をいただいた方もおりました。かつては風呂と室内がつながる無線機が販売されてたとかw。

 ありがとうございます。

 ここにひらにお礼を申し上げます。

 改めて「音」って大事なんだとアタシは思います。
 「妙に静か」なんてのは危ない予兆と思った方がいい。元旦から北陸では地震なんてものもありました。


 ともあれ今年も全力で突っ走りたいw。




 さて、新年です。2024年。令和六年を迎えました。

 すっかりカニは食ってしまいました。
 正月はせいぜい美味しいものを食べようと思ってます。「素食」はしばらくお預け。
 いや、正しくは「美味しいと自分が思うもの」なんですがwww(汗)。

 コンニャクの煮物が美味いぃぃぃ!

 好きな汁を好きなだけ食うぅぅぅ!


 なんでも、今年は昭和が始まってからちょうど99年目に当たるそうです。

 いい話です。とてもよい表現だと思います。

 平成はひどい世の中でした。象徴がアレだった。
 みなそんな平成の世を生き残ってきた、それだけに過ぎません。


 美智子とその連れ合い、あの国民をナメ腐った不逞夫婦に象徴されるように、腐り切ったどうしようもない連中の30年だったかも知れません。
 昭和を振り返る、こんな言葉はとてもいいとアタシは思います。

 昭和から99年。

 せっかく日本と言う国を取り戻したのです。これから立て直してゆかないといけない。
 決意の年かも知れません。



 ところが元旦から地震と津波と、なんだか騒がしいことになってた。
 もう正月の酒を飲んですっかり寝てたもんだからまるで知らなかったのです。
 北陸、能登半島地震。


 あんまりNHKが煽ってたもんだから心配になって義母が電話したようでした。
 留守電にはこちらの様子を窺うような声が録音されていました。

 まるでもうこちらが鉄骨に足が挟まって動けない、とか、そんなのをイメージしてらっしゃった感じ。
 どういうご想像をなさっていたのかw。

 いや、現地北陸は大変なところもあるはずです。
 EIZOのナナオ、七尾市は大丈夫か。
 そう思ったとしてもこちらは騒がずただ思いを馳せるしかない。当事者でないところは黙ってるしかありません。
 自粛とか意味はない。
 自粛すべきはこういうのを利用してハシャグ政治家のような連中ではないか。


 それがなんで、岸田の馬鹿メガネは「俺がやる」みたいな、被災利用で支持率回復を狙うような、そういうミエミエのことを平気で言えるんでしょう。
 どういう神経なのか。まさに厚顔無恥。

 お前は邪魔なだけではないか。
 無能で何も考えてないヤツは邪魔にしかならない。「自衛隊にお任せする」とした方がよっぽどよかったはずなのです。


 これで「解散なんかしてられない」、とか、また独裁政権の言い訳にするんでしょうか。この売国最悪ボンクラ総理は。

 そのうち増税の言い訳にも使うかも知れませんな。




 こっちは津波は大丈夫か、って、ここはひどく内陸ですから万が一にも津波は来ません。
 来たら地球なんて終わってる。


 なんだかNHKがやけに騒いでいたようですが、いい加減にした方がいいのではないか。
 まず放送がいったいどこの地域向けの放送なのか、まずそこをハッキリさせるべきだと思います。

 日本海沿岸部に津波の予想。震源地は北陸。

 と。
 まあ、こういう騒ぎ立て、我が国の国民としての共感という意味ではあってもいいのかも知れません。どこも日本国、それを共有し共感するということです。
 しかし、それにしても調子に乗って騒ぎ過ぎではあります。

 そのクセずっと通信網についての情報は出なかった。


 SNSでは悪乗りしてまたワアワアやってる連中がいたようでした。
 そういうのは止められません。いわばノイズです。

 しかし、「情報化社会」といいながら報道や大手メディアがこんなのと同じレベルでどうするんでしょう。
 こんなの東北震災でとっくに辟易している話ではないか。


 一方、気象庁発表の震度は当初の発表から半分の震度に修正されたと言います。
 どうも津波警報も大袈裟だったという疑いもあるようです。
 何をやっているのか。



 ここでアタシはちょっと考えた。

 「地震によって津波の心配がある」

 これです。地震の後に来るのが津波です。
 時には何回にも分けて来る可能性だってあります。


 これを注意喚起するのであれば、数字だけを漫然と連呼しては何もならないのではないか。
 誰もピンとこないのではないかということです。

 どの程度の津波が予想されるのか、どの程度のものが予想されるのかを知らせるべきではないのか、ということ。
 なんだか「津波情報」ってまるで具体性がないのです。それは東北震災の時からそうです。
 未だにそれは変わってません。


 例えば、「30センチの津波は立ってられないほどの水の流れである」、とか。
 「50センチは自動車が通行できなくなる流れである」、とか。

 「80センチは自動車が押し流され、船舶が転覆してしまうほどの波である」、とか。


 そういう実際に津波の実感を想定させておかないと避難するにしても各自の判断ができないのではないか。その指数はないのか。

 なんか人々から考えることを奪っておいて煽るだけ、そんな風に感じてしまうのは昨今の偏向メディアの影響でしょうか。




 各自が自分で判断するしかないのです。避難なんて。
 生き残るのは各自の責任。

 今回、アタシが聞いたのは、「津波が来る」というので住人が小学校の二階に避難してたら役人が来て「体育館が避難場所になってるのでそちらに行け」、そんなことを言われたとか。
 「出て行け」と言われたのか。

 そしたら海抜は自宅の方があるからと、みんな自宅へ引き返して行った、そんな話があります。


 避難するのに人の指示なんか待ってたり従ったらロクなことにはなりません。
 すでにさんざん東北震災で明らかになったことではないか。

 馬鹿が権威を振りかざしても法なんかないのです、自分で判断するしかない。
 連中は責任なんか取らない。


 そんな馬鹿役人はブッ飛ばしてやればよかったのに(笑)。



 それにしても、津波に対して具体的な目安がないこと、どうしてこういうことを長年にわたって疎かにしてるのか、アタシには不思議でなりません。


 だって、そもそも「震度」ってのはそういうものだったはずなのです。

 マグニチュードは「揺れの大きさを示す科学的な指数」ですが、「震度」ってのは体感だの建物への影響だのを示した大まかなものだったはずです。

 震度3、ほとんどの人が揺れを感じる。
 震度4、電灯などの吊り下げたものが動く。
 震度5、歩くことが難しいほどの揺れ。
 震度7、建物の倒壊のおそれ。

 などなど。


 最近は疎かになっていますが昔は地震についてはこういう体感の区分けがちゃんと伝えられていたものです。それがリアテリティということです。
 関東大震災の振り返りとともに繰り返しこんな話がされたものでした。

 しかし「津波」に関してはまるでそういったものがありません。
 おかしいのではないか。

 まさか「津波学者」がいなくて、利権がないからただ観測数字を垂れ流しているだけだとか。


 おかしな話なのです。

 今回の地震、最近頻発している北陸の地震ですが、「原因は謎」なんて平気で言ってしまってる報道がありました。
 報道で謎って、ち、ちょっと・・・どうか。

 それはまるでバイデン政権がUFO騒動を起こしてウクで戦争を仕掛けたような、そんな視線逸らしをしたような、そんな雰囲気さえ感じてしまう。


 まさか人工地震かっ!www(笑)

 いや、なんのためにやるかって考えたらどうか、そんなことする意味なんてないでしょう。
 どんなカネのためにやるってのか。アタシはそんな妄想には与しないけどw。




 夜、目が覚めて家内がNHKが不安ばかり煽っているらしいと言うのでラジオを出しました。

 このラジオ、義父の遺品ですがチャンネルの切り替えがワンプッシュなの。
 いつつあソニー(笑)。


 今まで使っていたのはAFN専門で聞いていて音楽ばかり流してました。
 これまでのは音がいいからこのラジオは使わないつもりだったけど、この際に代えてみた。
 カチャカチャとチャンネルを「回して」ラジオが聞けます。選挙区一発w。


 そしたら、ラジオの他の局はなんだか呑気にタレントがくっちゃべって笑ってるではないですか。
 なーんだやっぱ一部の地域のことだったのか。

 そのうち遅くになってやっと地震放送に切り替わりましたが。
 どうやら地震初期の段階ではあんまり騒ぐような話ではないと判断してたらしいのです。

 
 それじゃあ、なんでここぞとばかりに大騒ぎしてたのかNHKは。

 自らの権威獲得のためにそういう煽りをするのがいる。
 それがまた悪影響を及ぼす。

 それは嘘はないにしても欺瞞ばかりです。大袈裟な誇張ばかりになります。



 あんまり煽るからけが人が出たのではないのか。

 高齢者が避難中に転んでケガなんてのがたくさん報告されているようです。
 とんでもない話です。
 どんな心理だったかは容易に想像ができる。
 テレビばかり見ていたのでしょう。

 「青勝て、赤負けろ!」

 って、紅白には青、すなわち米国民主党の色はないんですよ!


 人を慌てさせてどうするんでしょう。
 避難中に転んで怪我した人たちはほとんどNHKの煽りの被害者ではないか。


 老人はテレビばかり見てるもんだから、こんな煽りにプレッシャーをどうしても感じてしまうものです。
 おののいてしまうのです。
 早く、早く避難しないと、と、せきたてられて転んで、救急車で運ばれた老人さえ出たわけです。

 報道ではなくて「煽り」になっていたのではないか。


 自分で判断させ冷静に行動させるための報道になってなかったのではないか。

 情報化社会もたいがいです。
 メディアが独占すればこういうことになる、氾濫すればしたでまたノイズが増える。





 今年は何かあるような予感ばかりでした。
 トランプの再選なるか、イスラエル滅亡の序曲か、東アジアまで巻き込まれるのか、と、色々とモヤモヤした年のスタートとなっています。


 でもまあ、コロナにしても折り合いをみなさんつけるようになったではないか。
 それぞの態度の決め方はもはや慣れてきたのではないか。

 生き残るためにはメンタルが大事。
 誰も頼りにはできません。自分の判断が大事です。
 付和雷同こそいけません。

 今年もアタシは自分の判断をしてゆきたい。
 まあそこまでの判断ってのは、だから最終的にはお話しすることはありません。
 あくまでここではその材料しかお話してこなかった。
 それはアタシの良心からです。

 NISAを買おう!

 なーんて言いません。罠かも知れない。アタシはそんなことに責任は持てない。



 能登半島ってのは意外と小さいものです。

 古くは古代からユーラシア大陸から日本列島は分離してここまで来たわけです。
 昔は日本は大陸とつながってた。

 それはマンモスの骨なんかで証明されていることです。

 陰謀論なんかじゃないですよ!w


 その分離してきた日本列島の残り、ブチッと残され離れてついてきたのが能登半島だとしたら、あれはもう少し長くてよかったような気もします。
 それが見ると意外と小さい。

 ってことは、早いスピードで離れたということになるのではないか。
 早いスピードで能登半島は離れたということ。
 活発な地震活動は納得がゆきます。

 今回、西側に動いたようですから、東の日本海溝の方向からすれば逆に動いた。その巻き戻しはあると思います。

 つまり長野、岐阜あたりで大きな地震が次に起きるのではないか、どうか。
 フォッサマグナへ。


 愚考に過ぎませんが。
 


おうぞどだいじに



関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

No title

初コメします。

> 美智子とその連れ合い、あの国民をナメ腐った不逞夫婦に象徴されるように、腐り切ったどうしようもない連中の30年だったかも知れません。
とにかく小皿ババぁが酷かったですね。

この言葉、ちゃんとわかっている人がいて嬉しいです。

NHKは津波に対して女性アナウンサーが絶叫していました。
避難を呼びかけるにしても聞き苦しかったです。



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌 > 謹賀新年!2024年!、北陸地震

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
 
 
eBay日本版

 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex