・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

原稿とともに鰻丼をいただく


 ちょっとバタバタしていました。
 それは別に「文豪」に倣ったわけではなかった。
 ただの成り行きです。


 とある文豪は原稿があがったら必ず鰻重を頼んだと言います。


 まあアタシはギリギリに原稿がなんとか仕上がったのでした。
 急いで送らないといけない。




 これ。
 書類を送るのにクリックポストをアタシはよく利用しています。
 他にレターパックというのもあります。
 すごく安い。
 定形外の方が高かったりします。

 
 ただ、これは消印がないものなんです。省略しているらしい。

 そうすると「消印有効」なんてことがあると困ります。
 特に締め切りギリギリだと困ります。
 郵便局が送った証拠を残してくれないわけです。
 当日消印有効ってのが効きません。


 で、調べてみるとクリックポストは消印が押されない、とか。見たことのある人がいないというのです。
 やっぱり困る。

 まかり間違って締め切りに配達が遅れたら、と心配になった。



 ちょっと調べてみると郵便の公式サイトにあった。

 なーんだ。ちゃんとやってくれるのですw。


 「郵便局の窓口にお差し出しいただき、当日の引受消印が必要であることをお申し出ください。
 と、ちゃんとありました。


 それでアタシは局にクリックポストを持って行った。

 局で願い出ればいいということです、暮らしのマメ知識としていかがか(笑)。




 「これをお願いします。これ、引き受け消印をいただけないでしょうか。」

 「あら? クリックポストは消印は押さないんじゃなかったかしら。」

 オバちゃんは言います。
 それを横で聞いていたオッサンが横からクチを出した。

 「クリックポストは消印は押さないよぉ。」

 で、アタシはこのURLを見せて言ったもの。

 「ちゃんとそちらの郵政のサイトに頼めば押してくれるとあるんですが、ここのアドレスを見てください。」

 あれ?
 民営化して郵政じゃなくてなんて言うんだっけ?w

 日本郵便? だってそれじゃ会社名として呼びにくいではないか。
 アタシは日本人だw。ここは日本の郵便だ。

 「株式会社 前島郵便」なんてのはどうか。
 前島密(まえじまひそか)って日本の郵便の父だとして知られる人だからw。



 ともかくオバちゃんは奥へと確認しに行きました。
 ネットを確認しているのか誰かに聞いているのか。
 程なくして戻ってきた。

 「はいはい。分かりました。ではここに消印を押しますね。ホいッ。」

 と。
 隣のオッサンは顔を真っ赤にしていたものです。

 なんでアタシがアンタたちの仕事について説明しないといけないのか。
 わざわざネットで調べて「こうなってるようですよ、オタクは。」って、どっかおかしい。

 しかもなぜ言い切るのか。
 客から言われたら普通、
 「あれ? そうでしたか? ちょっと調べてみましょう。」

 それでいいではないか。
 なんでキッパリと言って間違うのか。

 頑迷なのもは歳のせいなのか、どうか。




 ともかく、こうしてアタシは郵便の遅延対策もできて無事に書類が送れたというわけです。
 よかった、よかったw。


 そうして、スーパーに行くと・・・。

 またしても鰻が半額になっている!
 どういうことなのか、アタシは監視されているのか。焦ります。文豪かっ。

 お値段は半額後で400円、長焼きの半分の大きさです。

 前に買ったのは長焼きで1200円の半額、600円ではなかったか。
 その半分ですから三百円。少しこちらは高い。


 アタシは悩んだ。
 とても悩みましたw。

 まあ差額は百円です。結局そんなところに落ち着いた。
 ここは文豪に倣って食べることにします。

 他の店まで足を伸ばし、戻ってもう一度寄ってみたら三枚もあった長焼き半分は全部なくなってた(汗)。



 こうしてアタシは文豪のように無事に鰻重をいただいたのです。

 そうそう、ふた月ぐらい前に手に入れた奈良漬がまだ開封してなかった。
 鰻があるなら奈良漬があるといい。

 色々アイテムは揃っていたわけです。
 ああ、ちゃんと鰻重がアタシのところに呼ばれてたんだ(笑)。


 汁、もずく酢、赤カブの漬物(蓋下w)、赤カブの葉の梅漬け、人参の糠漬け(蓋下w)、白菜の漬物、冷奴。

 玉子焼きも焼きました。これがあるとないとでは違う。
 なおいっそう鰻重が引き立つというもの。

 そしてちょっぴりコップ酒。日本酒w。

IMGP0201.jpg  どうです(笑)。

 鰻重は奈良漬を添えて。 
 鰻の脂のよく乗った肉とタレ。なんとも言えないフレーバーです。良く焦げたところがなんともいえずそれでいてふっくらとした食感が美味しい。
 箸で小さな骨が取れてゆくのも痛快。

 お腹一杯です。



ごうもどちそうさまでした



関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌 > 原稿とともに鰻丼をいただく

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex