・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

岸田のNo!もう一度、民主党(リツミン)でもいい!


 また政権がひっくり返る、それでもいい。
 しょうがないではないかw。
 自民党はもはや信頼に足る政権政党ではないからです。


 問題噴出のマイナンバーを強行し続ける。調子に乗って河野がドヤ顔。

 ワクは未だに接種を推進してる。
 挙句の果てには政府はウクに国民への説明もなし、信を問うこともなしに巨額の支援金を送ろうとしています。
 ウクはいったい誰が始めた戦争なのか。


 ウクなど我が国にはまるで関係がありません。
 汚職し腐敗し、米国の工作によって違法な政権交代が起きたナチ国家。
 もともと欧州で一番の軍備力があり、最大の穀物生産国と謂われていたウクでしたが、戦争が始まる前でもヨーロッパでは最も貧しい国とされてきたのです。

 なんで?
 汚職と腐敗で穀物生産も軍事力も意味がなかったからです(笑)。


 ウクの実態を政府は把握したのか。
 いや、そもそも戦争が起きた原因やウクという国について政府が調査や説明したことが果たしてあったか。
 
 ないのです。
 そして岸田はすべてのこの意味不明の政策の財源を増税でまかなおうとしています。
 挙句の果てに河野は人に無理矢理ゴキオロギを食わせようとしています。
 そして知らん顔をしている。


 確かに、かつて民主党政権が政権を握ったのは悪夢そのものだったかも知れません。

 アタシは菅直人や漫才師の辻元が未だに許せない。
 菅直人は原発を爆発させた張本人です。
 枝野が未だになぜリツミン内部で偉そうにしているのかもアタシは問いたくてしょうがない。

 しかし、あの時は確かにそれは民意には違いなかった。
 自民にお灸をすえたのです。




 旧民主党は数々の失敗や怠慢をやらかした。
 韓国におもねるようなことをやりました。
 張子の虎の小沢一郎が率いて、中国に大挙して議員が詣で、まるで国を売るような態度さえ見せたものでした。


 しかし今、岸田は黙って勝手にやっているのです。無理矢理なんでも通そうとしている。
 息子の私物化、あの愚劣でいい加減な私物化にさえダンマリだった。
 そうしてただひたすらアメリカに追従しようとしている。
 それは平然と国を売るようなことです。


 これに異議をしていた安倍さん、戦後レジュームからの脱却と独立国としての態度を考えていた安倍さんは殺されてしまったのです。


 もう一度、我が国は政権交代がなければならないのではないか。

 だいたい、まだ三度目の正直でもないのです(笑)。

 原口が総理でもいい!
 誰でも、岸田でなければいいはずです。




 実際、自民党内には岸田の危うさを懸念している向きがいるようです。

 わざわざ、自民党の古老で「内閣不信任案が出たら岸田さんは解散するかも知れませんヨ。彼の性格を考えればあり得ることだと思う。受けて立つと思う。」

 なんて言っているのがいました。
 こんな話がなぜ出たのか、どうか。


 岸田が「受けて立つ」?
 果たして岸田とはそんな人物なのか。とんでもない。

 あの息子どころか岸田一族郎党での私物化を指摘されて、それでグズグズと擁護し煮え切らない態度をしていた男です。

 そんな「受けて立つ」なんて神経があるなんてとても思えません。


 つまりこれは一部の自民内部で岸田に懸念があるからです。
 わざわざ自民から野党への誘い水をかけているということです。

 内閣不信任案が出されたら岸田は解散せよ、それで民意を問うことになる、と。
 だから野党は内閣不信任案を出したらいいのです。

 国民に信を問うのです。





 このままでは我が国は米国の奴隷状態、独立国ではなくなってしまいます。
 今でもそうかも知れません。
 我が国は世界中から笑われている。


 しかもその我が国を支配しているはずの米国ではこの先、もし再びトランプ大統領となれば、どうなるのか。
 米国の先は見えません。

 どうなるか分からないというのに!
 米政権の正当性すら疑わしいというのに!

 岸田のように米国に追従し続けることは度を越している!


 なんで「双方が相手のせいだと主張している」、そんな報道さえ流れているダム決壊になぜ岸田はさっそくカネを出すなんて言っているのか。
 ウクの自作自演だったらどうするのか、ロシアがやったという確証はあるのか。

 アタシにはウクがやったという確証がある!合理的説明はそれでなくてはつかない!

 それが、なんでそんなものの対処に我が国の血税を払う必要があるのか!

 息子と同じように国家を私物化しているのは岸田、お前だ!




 アタシが岸田への疑惑とその今のクズぶりを話すと家内が必ず言うことがあります。

 いわく、それは岸田の座右の銘というものです。
 総裁選出馬で言ったその言葉が全てを表しているのだと家内は言う。

 いわく、「天衣無縫」!

 ・・・呆れます。
 いったいどんな言葉の間違いなのか。どんなつもりで使ったのか。
 訳が分かりません。

 総裁選で自分の座右の銘が天衣無縫だというのです。

 岸田はアタマがおかしいのか。

 「深いことは何も考えない、好き勝手に自由、子供のように気ままに無邪気。」それが座右の銘だというのですから。

 国政、首相官邸に親族の寄り合いパーティを持ち込んでドンチャン騒ぎ、息子を次の総理にしようと公用車を使わせ、土産を配らせて根回させた、ボンクラの息子を最後までかばっていた。
 今日は「報道が出るまで知らなかった。」などと言っている。

 こんな馬鹿を総理にしたのは誰なのだ!



 岸田とその一族が公邸、首相官邸を私物化した話が出ています。その写真を御覧なさい。
 調子に乗って、醜悪な岸田一族が国家を私物化している。

 とんでもない話なのです。
 我々国民の顔を踏みつけたのだ。
 分かっているのか!


 しかし、ネットにいちいち出張ってくるマスメディアがまたおかしなことを言っている。


 いわく、
 「ネットではこんな写真が流出したことに疑問の声があがっている。岸田政権どころか、岸田の親族に裏切り者がいることがむしろ問題なのではないか。」と。


 ええw。「裏切り者」って、まるでウクのような主張ではないか。
 アタシはすぐにウクの記事を思い出した。

 ウクでは親ロシアや融和的な人を「裏切り者」として処罰しているといいます。
 まさにナチです。
 そして西側はそのことを「裏切り者を始末するのは仕方ない。しかし仕方なくやったことなのか、それとも積極的な裏切りものなのか、なんとか判別はできないものか。」

 なーんて平然と言っているのです。

 なんだそのナチ的な発想は!

 アタシはびっくりした。
 特高警察かっ!
 戦前の話でもしているのか。

 
 ここへきてまた、「裏切り者」の意味がまるで違ってしまったというのでしょうか!





 「裏切り者」という言葉の意味を考えてみればいい。

 それは今の誰かにとって、現在権力がある人間にとって都合が悪いとされる連中のことを言うのではありません。
 それだったら裏切り者やスパイは恣意的にとっつかまえることができる。
 まるで戦前であり、特高警察、憲兵です。

 中国はそういうことをやっている。
 
 都合がいい運用ができるということになります。

 しかし根本は違う。
 すなわちそれは「信用できない」ということです。
 時代劇なんか見てもそうですが、昔から簡単に寝返るような奴はどっち側にしてもダメなのです。
 こっちの側でもあっちでも、どっちでもダメなのです。

 「裏切り者」とは相対的なこと。信頼を裏切ったヤツのことを云うのです。
 覆水盆に還らず、信用できない連中は敵方から寝返ったとしてもやはり信用できないのです。


 詳しく言えばこれは極めてムスリム的であり、また古来の日本的な考え方でもあります。

 だから、裏切りは「いかにやむにやまれぬ理由があろうと許されない」などと言われてきました。

 しかしこっちに都合よければ「変節」、都合が悪ければ「裏切り」、これが欧米の考え方です。
 それは一貫していません。

 すなわち、もともと欧米の考え方など信頼に足りないのです。




 米国では違います。
 いつでも都合よく「例外」として片付けてしまうところがある。
 その時の権力次第でどんな解釈もされてしまいます。

 それが正しいことなのでしょうか。
 アタシにはそうは思えない。

 こんなおかしなドグマが今、撒き散らされようとしているのではないか。
 アタシはそんな気がしてなりません。


 議事堂乱入事件をデッチ上げた民主党とペロシは米国民を裏切っています。
 しかしほとんどの米メディアはこの証拠と話題を取り沙汰しない。
 真実から目を背け、市民を裏切っている。


 裏切りとは原理原則に逆らう者のことです。


 岸田一族の私物化がリークされたのがどんな意図だったかにせよ、腐りきった岸田の認識、総理として資質など微塵もないことが明らかになった、結果として正義となったのです。


 黙ってりゃわからない、そんな考えを流布しようし始めているのが今のマスコミに早くも湧いている。

 ウクの真相を誤魔化しながら支援を勝手に決めている岸田の態度と同じです。


 真の裏切り者を言うならそれはマスコミです。
 既成メディアということでょう。

 でもそれは言わないんだ、連中のほとんどが真実をいつも裏切っているから(笑)。


 裏切り者はお前ら御用マスコミだ!



おそまつ




関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

信頼のおける野党

残念なことに、嘗ての民主党のデタラメで多くの国民は野党自体に不信感を持ってしまいました。
信頼できる野党がいないというのがこの国の不幸ではないかと思います。
 自民党の中にも、小野田、青山というまっとうな議員さんが下りますので、
参政党とか日本改革党と組んで、自民党を本当にぶっ壊して欲しいと思います。


プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > オピニオン > 岸田のNo!もう一度、民主党(リツミン)でもいい!

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex