・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

穏やかな暮らし、水菓子、林檎のコンポート。


 静かに落ち着いて過ごすようにする。そんな春の静かさもいい。
 咲いている桜の邪魔をしない。


 林檎がキャビネットに二つ、ポツンとだいぶ長いこと置きっ放しだった。
 家内が出かける直前に買ったものだから一ヶ月近い。

 三個で百円の処分品。ひとつは家内が実家へ出かける前に食べて行った。


 林檎はあまりウチは食べつけない。
 食感があまり好きじゃない、なんて家内は言うからアタシはそんなにありつけない。

 林檎は嫌いじゃないのだがそう言われると縁遠くなってしまう。これは家内が悪いw。


 それに、林檎というのは美味しいモノというより栄養的なものをつい考えてしまう果物だ。

 風邪を引いて熱を出し、摩り下ろしの林檎なんて滋養たっぷりに感じたことを振り返る。



 子供の時分、この林檎を皮のままかじって血が出たら歯の注意信号だなんてコマーシャルがあった。

 林檎は皮が赤いのに「林檎をかじると血が出ませんか」なんて言われても、と、ひどく違和感を覚えた記憶がある。


 私は歯磨きをすると昔から血が出た。
 昔からそうだった。シソーノーロー気味なのか無駄にチカラを入れて磨いてしまうからかは知らない。

 挙句に今は「加齢につきものの歯周病です」なんて言われてしまう。
 もういつからシソーノーローだったか分からなくなってしまった。


 そんなキャッチフレーズのイメージから林檎にはどうしても理屈っぽいイメージが離れない。
 漢方というか自然由来の薬効あらたかなモノという感じがしてならない。


 考えてみればアダムとイブが食べたのも林檎で、今で言えば精神安定剤のようなものだった。
 それまで二人して裸で自由奔放にしていたのに正気に返り、とたんにお互い裸でいることが恥ずかしくなってしまった、そんな話を子供の頃、歯磨きのコマーシャルと同じ頃に聞いた。

 林檎が落ちるのを見て万有引力を発見した、そんなのも林檎のイメージにはある。


 今から振り返れば林檎の会社の株のことを思い出して欝になる・・・。
 東証外国部で持っていたことがあったのだが。


 林檎は、なぜか色んな逸話が脳裏に焼きついていて、味わうことを忘れてしまいそうになる果物だ。





 ひとつ林檎を剥いて相撲を見ながら食べてみた。
 皮は全部は剥かない。
 ゴミにもなるし溜まって庭に埋めに行くのが面倒くさい。
 種の辺りは取るしかないけどw。

 林檎の皮は歯で噛み切りやすいぐらいに三分の一だけ剥いたら食べ始める。
 三日月形に切った林檎を縞模様に真ん中だけ皮を剥く。


 ん?
 ちょうど碧山がだらしなく押し出されたところだったw。

 ぜんぜん林檎が甘くない。酢っぱさもないしまるで味がしないのだ。
 だらしがないw。


 こんなの食べられたもんじゃない。まるでウレタンフォームを食っているような感じだ。
 ああ、これはなかなかピッタリの表現だと思ったw。


 もちろん、捨てるなんてことはしない。
 それで「林檎のコンポート」を作ることにしたのだった。





 残った林檎を二つとも剥いてしまう。
 やはりもうひとつの林檎もウレタンフォームのようなものだった。歯ざわりだけで味がほとんどない。

 処分品の上に長く置きっぱなしにしてしまったからだ。すっかり味が抜けてしまっている。


 皮を剥いたらチップスのように薄くスライスしてゆく。
 胡坐をかき、鍋の上でまな板など使わず手で持ったままスパスパと切って落としてゆく。

 わずかの時間で鍋に結構な量の林檎チップが出来た。


 これを厚めのビニールに入れて砂糖をふりかける。たっぷりと振ってやる。

 そうして暫く冷蔵庫に置いておくと林檎から自然に水分を吸い出してくれる。
 「塩漬け」と同じ要領だ。




 翌日、いい加減に水が出てこれをそのまま鍋に出して煮詰める。
 水は足さない、酒もなしだ。
 レモン果汁を少しだけ申し訳程度に振り掛けた。

 ごく弱火で焦げ付かないように煮詰めれば完成。
 トロリと蜜が林檎に絡んで美味しそうだ。


 仕上げにと、先日買っててしまったGABANのペパーミントの葉を振り掛けてみた。
 こんな組み合わせは聞いたことはないが合わないこともないだろう。
 それに無駄なものを買ってしまったことにはこれでならないわけだ。
 満足w。


 香りが立ってきて、ペパーミントの匂いが立ち昇った。
 ガムではない。言うならむしろ「浅田アメ」だろうと思った(笑)。

 冷めたらタッパーに入れて冷蔵庫へ。
 なおも味が馴染むまで辛抱。

 味見などしない。そういうのはちょっとした自分へのサプライズw。



 それから三日ぐらい食べるのを忘れていた。
 そろそろ熟した頃だろう。

 焼いたパンに例のピスタチオ・スプレッドを塗って林檎のコンポートを載せて食ってみた。
 なかなか美味しい。上出来だ。

 やっぱりピスタチオ・スプレッド単独なんかよりフルーツと合わせるのがいい。飽きがこない。
 先日はヨーグルトを乗せてもよかった。


 ちゃんと林檎の味が戻ってきているしコンポートとしての別な味わいもある。

 なによりペパーミントがいい。
 なかなかのアクセントになっている。

 紅茶の渋みがよく合う。

 とても気に入った。




 それからまた二日ぐらい後のこと。
 和食を一人でいただいた。
 鰤のサクが手に入った。

 これと味噌汁、蕪の梅酢漬け、柴漬け、キャベツの漬物、冷凍しておいたタラコの煮付けもいただく。

 この鰤のサクが安くてありがたいものだった。
 八百円のが二百円。そこそこ大きいサク。切り身になると手間賃で高くなるw。


 こんなの家内ならきっと「インでる」なんて言って買ってくれないだろう。
 「目が死んでる」とか「鮮度が激しく落ちている」なんて意味で家内はよくそんなことを言う。

 処分品を買うのに鮮度も何もないと思うが実はそうでもない。
 その直前が美味しいのは肉も魚も一緒だと私は思っているw。


 けど、案の定だ、両側を切ったら残った中の身からはちゃんとした刺身の色が出てきた。
 しめしめw。切った方は煮付けでも塩焼きにでもすればいい。冷凍。


 どうもこの鰤のサクは「トロ」ということで売っていたらしい。
 脂がよく乗っている。だから余計に表面がすぐ酸化してインでしまったんだろう。

 トロトロで美味しい鰤の刺身。ダシ醤油とワサビでいただいた。




 大満足の孤独メシw。
 庭を見ながらお茶を飲み始めたら、ちょっと何か食べたいと思った。
 何かクチに入れたくなった。

 羊羹は食べてしまったし何もウチに甘いものがない。
 羊羹ぐらい買っとけばよかった。


 それで思い出したのは林檎のコンポート。
 そのままタッパーからフォークで刺していただいてしまう。
 お茶請けになるか、どうか。


 これが実に美味しい(笑)。自分でも驚いたほどだったw。

 パンにジャムのように載せてもそこそこだったが、そのまま食った方がずっといい。
 甘くて食後のお茶によく合う。




 ああっ、これが「水菓子」と言うヤツなのだ。
 私は今更それを思い出した。


 懐石料理で最後に果物が出たりするがそれを水菓子なんて呼ぶ。

 甘いものが食後に欲しくなるのは体が欲するから。
 しかし大福なんかじゃ食後には合わない、腹もちのよいものは重たい

 果物の甘さで癒される軽い水菓子。


 やはり自分が作ったのはコンポートなのだと思った。
 パンに載せたらジャムになってしまっていた。


 まだまだ三寒四温、寒く感じる時もある。どうぞおだいじに。



めいしくおしあがれ







※ まだ冷たい雨が降っています。

 寒いです。
 足が寒くなってきたからラビットのブーツをまた出しました。
 暖かくなったと思うとこういう冷えた日はことのほか寒い(笑)。


 穏やかに静かに過ごそうと思った。
 そんな振り返りのことでした。
 騒がしいばかりでは桜の花も迷惑というものですw。

 今回は格調高くお話したものですが、アタシには似合わなかったかw(汗)。
 お許しいただこう。


 家内から連絡が来ました。

 来月には帰ってくるそうです。嬉しい。


 やることがまだまだ山積みなんですが、なかなか進みません。

 せめて桜が散る前にと思っている(笑)。


関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌 > 穏やかな暮らし、水菓子、林檎のコンポート。

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
 
 
eBay日本版

 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex