・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

コミュニケーションに取り組む


 以前、コメントで文章が冗長との指摘をいただいたことがありますが、それで考えることがありました。
 それが相手が誰であってもできる限り誠実にコミュニケーションに取り組むという自戒です。
 そのためにアタシは議論を想定して文章を構成することが多く、捕捉したり言葉を省略しないよう普段は注意しています。誰もが含意した論点が理解できると思い込むことは危険だからです。
 過剰に過ぎれば冗漫になりますがそこは節度の問題です。
 誤解が生じることを想定し、書いた後で読み返して表現を置き換えることは多い。その場合は重複表現や指示語を使わない。
 諧謔を散りばめ強いニュアンスを緩めるのも冗長に映るかも知れませんが、休みのない文体は疲れるものであり、直裁な表現で分かる方には申し訳ないと思いながらも。
 反芻して楽しめる構成と内容を心がけています。



 とは言え、ツイッターだと文字数制限があるので逆に省略は多くなり、するととたんに「日本語不自由」との認定を受けてしまうジレンマがあります。
 そういう相手は国語がわからないザイの場合がほとんどで、単語は分かっても文章の読解力や論理力がない。
 そこで意地悪のつもりはなくても、こちらも表現を変えて試してしまう。
 同じ日本人として共有しているはずの価値観をつい試してしまうのは仕方ない衝動です。
 結果、ザイと素性を確認しても不毛なもので、カタルシスにさえなりません。
 闇雲に噛み付くような日本人はあまりいませんし、定住を考えているならご自身の不安からくる攻撃性は抑制すべきです。この国はそれほど差別的な社会ではない。
 メディア特性により言葉や文章は使い分けるしかありませんが、相手によって態度を使い分けることは不誠実の極みとアタシは思っていますが。
 SNSというシステムはそれほど親切ではないので省略は許容してもらうしかない。一度で答えようとすると難解になるのは仕方ないものの、方向の一貫性は保てているはずです。
 文字数に制限のないブログなら、分かりやすいよう段階を追って構成することができます。


 要件定義という言葉にある如く、人によって認識や前提が違うことは当然に想定しておかなければならないことです。誰しも同じ前提や同じ知見の上で議論するわけではありませんが、その際には権威主義だけは禁物です。
 物事への懐疑や疑問に対しては権威主義があると議論が生まれない。
 権威に盲従することは物事は動かしがたいという諦観につながり議論にならないのです。
 現状を追認するだけでは極めて隷属的です。決まったものは動かせないという感覚は絶望だけで何も変えることがありません。
 そして、議論というのは一定の結論の共有が仮想され進められるものであって、他者へのマウントや優越性のためではない。議論ではそれは避けなければなりません。
 加えてザイの方には主張というものと異論や反論との違いについてよく混同があり、過剰な自己肯定のあまり自ら非論理性を暴露してしまうことが多い。
 しかしそこまで同情はできません。ザイの存在の弁明までこちらは関知できない。彼らの問題です。
 こうして考えると、一番難しい相手を想定していないという非はありますが、そこが限界になるのは仕方がない。コミュニケーションは双方向です。

 以上、今回はわかりにくくて申し訳ないw。


これにて


関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。よろしくお願いいたします。(2022/12/21) 人気ページランキングをリセットしました。一部URLのままはFc2の仕様です。(2023/06/04)

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > オピニオン(長文) > コミュニケーションに取り組む

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex