・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

ひとりぼっちのアフター・クリスマス


突然に家内が実家に帰ることになりました。
 ひとりぼっちになったw。
 そんなアフター・クリスマス。

 アフター・コロナどこじゃありませんw。
 義父が入院していたのですが容態が悪くなり、コロナでもなんとか帰省ということに。

 もう九十歳ということですから、アタシはなんとも言葉のかけようがなかった。

 家内もそれは分かっている。
 でも、気の強い女といっても、夜中に床でちょっと泣いていたようでした。

 アタシが死んでも泣かないだろうとは思ってる(笑)。




 帰省することになった夕刻、まだ時間があるからと貯メダルをアタシ用に預け替えに行った。
 貯メダルの期限は一ヶ月ぐらい。
 期限が過ぎると預け入れが失効してしまいます。わずかでもメダルを出し入れすれば期限はまた延びる。

 指紋認証なので、家内の口座からアタシは引き出せません。だからアタシの口座を作って貯メダルを移した。

 「おい、一ヶ月も留守にするつもりかよ」なんて、ちょっと不安になる(笑)。

 まあともかく、手際よく仕度をして出かけていきました。
 てきぱきとして勇ましい。
 義父の容態で帰省するのですから言い方は変ですが、家内は元気一杯に見えた。


 ここは家内の家ですw。
 ご用があると出掛けていく。

帰ってくればまた楽しく過ごせるよう、アタシがしっかりしとかないといけませせん。

 おるちゅばん(笑)。




 それにしても昨日は家内の帰省が促されたように思えました。

 昼、トイレで大きなのが出て、水を流したらなかなか流れなかった。
 みるみる水位が上がってくる。またまた悪夢の再来ですw。

 アタシは水のレバーをカチャカチャ動かしてとんでもない大声で怒鳴ってしまった。

「とまれぇようぉぇぉあああっ!(怒)」

 って(笑)。アタシはそんなことを叫んだ。

 家内が何があったかとびっくして飛んできた。

 間一髪、スレスレのところで便器の水は止まり、カッポンで無事に流しましたとさ(笑)。

 あれでウンXが溢れてたらちょっした悪夢です。
 帰省どころじゃなかったかも知れませんwww(笑)。

 無事だったってことは帰れってことだったか、そうアタシは思った。




 さて、二人でクリスマスディナーの残りを食べて無事に送り出してみると、別になんでもない。
 ポツンと置き去りにされた気分、なーんて、そんなのも感じない。
 やはりここは家内の家でもある。
 いつものように風呂に入り、酒を飲んで映画を観て寝た。

 昔から独りには慣れていた振り返りのこと。だから特に何も変わりがありません。
 それに、こんなコロナの状態では羽を伸ばしようもありません。
 むしろ家内の目線を意識してしまうぐらいです。


 いつものようにご飯を炊いていつものように魚を食べました。
 納豆、豆腐、味噌汁も作った。
 掃除をして、洗い物をして、白菜の漬物を仕込んどく。

 明日は鯖カレーにするかw。
 せめて留守中にカレーを連続で食うのもいい。最近はカレーばかりだと文句を言うから、カレーを食いまくるというのもいい。


 留守の間は恥ずかしくないよう暮らそう、なんてつい思ってしまう。
 家内がいないからとダラシなくしていたらそれこそ嫌でしょう。

 独身オトコにウジが湧くようでは困る。情けないオトコなんて家内は嫌い。
 ただでさえゴミ出しとか洗濯なんか、いつも任せっぱなしのことが多いから。





 昔は家内が出掛けるとよくエロビデオをレンタルしたものでした。

 ビデオとテレビではなかなか気軽に見れません。家内が寝たら一人で見るというのもなかなかできなかった。
 だから家内の留守はレンタルのチャンスでした。

 レンタル料の安い旧作AVでもアタシにはどれも珍しかったので十本ぐらい借りたw。

 「庄司みゆき」とか「松坂季実子」とか、「中沢慶子」とかw(笑)。
 アタシも人の名前を覚えない人間だけど、このぐらいは覚えてますw。

 昔のエロビデオというのは今ほど露骨でもなかった気がする。
 ドキドキするものもあった。
 今はネット、むしろ音楽プロモーションの方がエロいぐらい。Ariana Grandeとかw。

 まあ結局は早送りして眺めるんだけどw。
 アタシはエロビデオをまともに通しで見たことがないw。


 ともかく、借りたその帰り道、ビデオ屋にいた若い客がついてきて「僕の部屋でそれ、いっしょに観ませんか」なんて声をかけてきたw。

 ゲイっぽくはなかったけど、清潔な学生風の若者でした。
 しかしアタシもあまり社交的でない。
 戸惑っていたら「そりゃそうですよねwww。サーセン」なんて言って去っていった。


 今でも思うけど、あの時ついていったらどうだったかw。
 ウフフン、なーんてw(笑)。




 そんなことが子供の頃には何度かありました。
 大人のオトコに声をかけられて、部屋についていった。

 確か「面白いものあるから見に来る?」なんて言われたんだったw。
 大きな繁華街のすぐ近く、生活臭のあるマンションでした。
 もしかすると誰かと暮らしていて、留守だったのかも知れません。

 部屋に招き入れると、オトコはビールを開けて薦めてくれた。ガキのアタシは遠慮した。
 そしてオトコは海外の無修正のエロ本を見せてくれた。

 当時は無修正というのはとても珍しいものでした。
 知らないオトコについていくぐらいの値打ちがあったのですw。

 江戸の鎖国時代の禁書、蘭学の本なんて、きっとそんな風に見られていたことでしょうw。

そう。エロ本は学問なのですw!

 それは男女のむつみ合い、それが生々しい光調で撮影され陰部がモロ出しでした。
 うげえ、なんて、陰部のグロい丸出しにアタシは興奮もできなかった。面白いとは思ったけどw。


 そのうちオトコから太股を触られてキスを迫られたw。
 「やめろよ。嫌だよ(怒)」なんてアタシが言ったら向こうは醒めちゃったのか、「もういい。」なんて言ってふて腐れた。

 「それじゃ帰るよ」とアタシが言ったら、彼はアタシに一万円をくれた。
 アタシの援交体験ですwww(笑)。


 そういうムフフというかなんというかw、一人だと色々あるものです。
 ないかw。




 まあ、こんなオヤジになっちまうと、そういうのはむしろこっちがやる方なんでしょう。
 
 ああ、どっかいいオトコのコがいないものか。
 なーんてwww。

 それにしても一人だとストーブはつけにくい。室温は9度。
 これじゃ縮んでしまって、ナニどこじゃない!w

 
おそまつ






※ 奥さんが留守だからとAVどころかデリヘルですと!
 いけません。
 公私混同はいくないのですw(笑)。

 だいたい身バレするじゃありませんかw。

 知らない人間についてくことより、知らない人間を招き入れる方が問題でしょうw。

 だから空き巣に入られたりするんです。
 帰り道はつけられてないか後ろを確認してくださいw。

 ましてやコロナ!

 安心!安全!健康!www


関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌 > ひとりぼっちのアフター・クリスマス

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex