・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

山菜、コゴミ噺

 「コゴミ」という山菜については、アタシはいい歳になるまで知らなかった山菜です。

 昔は今のように商品パッケージの内容物をみるという習慣もありませんでしたから、昔の「山菜水煮」にコゴミが入っていたかどうかも分かりません。

 まるで知らないものでした。






 ある時のこと、登山に家内と遠くの山に出掛け、遭難寸前で下山した。

 まだ雪の残るGWで、シーズンの終わったスキー場に出るとフキノトウがある、なーんて喜んでとってたらすっかり遅くなってしまった。

 山のバスはもう来ない。

 地図を見て「縦走すれば国道に出れる」と考えて、歩くことにした。
 悪ければ火を焚いて野宿だw。

 途中、我々は鹿に何頭か見られたw。そんなんでも喜んでいた。危ない危ないw。

 陽はどんどん傾く。どんどん暗くなる。

 ほうほうの体で疲労困憊し始めた。
 最後はヒッチハイクなんかして、日が暮れた頃にやっと下山したものです。





 ふもとに降りて、駅に行ったらまだ電車がありました。

 行くところまで行こうということで、たまたま来た電車に乗り込みます。

 電車は暗闇を走る。
 生活に使っている利用客がほとんど。
 だいたいもう観光客の時間じゃありませんww。

 列車は山を抜けトンネルをくぐり、外はずっと真っ暗でした。

 アタシはなんだかジレったくなってきた。
 このまま真っ暗闇をただ走ってはもったいないというもの。
 日中だったらきっと美しい景色が見れることでしょう。

 気持ちはどうにも収まらない。

 線路の下、谷の方に河が流れているのにふと気がついて、観光地でもないようなところで降りてしまった。

 もう九時をとっくに回っていて、あたりは暗い。




 駅から見えた旅館を訪ねてみたら「食事はもう出せない」と言われてしまいます。

 いやその分、安ければいいのです、なんて言ってw、ともかく世話になることにしますw。
 川沿いの、釣り師ぐらいしか来ないような旅館でした。


 風呂をいただくと、「お腹が減ったでしょう」なんて言って、オバちゃん、焼きうどんとオニギリを出してくれました。味噌汁はなし。
 ありあわせのものをなんとか出してくれた感じです。

 何も出せないなんて言われたけどなんだか得をした気分だった。

 翌朝、朝ご飯は普通に出してもらえた。
 よくある旅館の朝食でした。山の旅館だというのに干した鯵が出た。

 朝食の時、「『コゴミ』が採れたので持ってくかね」、なんて言ってオバちゃんからごっそりコゴミをいただいた。


 そこは乞食、コゴミがなんだかはよく分からなかったけど、もらうものは何でも喜んでいただきました(笑)。

 きっと、アタシたちが山ほどフキノトウを持ってたもんだからそれを見て、気を利かせてくれたのか、そんな風に思って礼を言う。






 会計しようとすると普通に通常料金を請求されていた。

・・・あ、あれ?(汗)www

 確かに普通の旅館の夕食は食べれなかったけど、色々と出してもらって、コゴミまで貰ったもの。
 ここはお互い様というわけでしょうか。

 コゴミは通常料金になっちゃった代わりだったかも知れません。


 素直に支払って、それならとコゴミの調理法なんかを詳しく聞きました。もう遠慮はないww。

 オバちゃん、スジの取り方なんか教えてくれた。
 「料理しやすいからね」なんて言ってくれた。

 それがアタシたちにとって初めてのコゴミです。

 帰って調理して美味しく食べると、山の味を感じた。そして鯵も思い出した。
 

おそまつ


関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌 > 山菜、コゴミ噺

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex