・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

穏やかにご飯の仕込みをしながら、ゴクリw。

 嫁と買い物に行って鯛のアラを買いました。
 顔面だけかと思ったらパックの下にちゃんと切り身が入っていた。
 これはどういうビックリ・サービスだったのかw。

 これは美味しそうだと、買ったうちから楽しみになります。
 切り身は焼こうと思いました。顔面はシューしてアラ煮の準備をしておきます。
 ダシの取れた汁を使って潮汁に。
 顔面のアラは翌日に食べましょう。ゴクリw、と生唾がw。



 カブ、セロリ、ダイコンも買えました。
 冷凍のインゲンとオクラ、ミックスベジがあるので野菜には困りませんが、新鮮な野菜もいいものです。

 カブはスライスして漬物にします。
 葉っぱは細かく刻んで一部は塩もみして冷凍に。
 カブの葉と炊きたてのご飯を混ぜるだけで至福のお味。青っぽい味がよくお米と合います。

 最近、梅を漬けたものをそのままペースト状にして使っているのでした。
 いつまでも梅が干せないと思って天気を恨んでいたら、こうして干さずに漬物のタレに使うことを思いつきました。
 梅酢とともに強い塩気がありますから、塩も入れません。この梅のペーストをちょっと入れてビニール袋の中で野菜を揉めば漬物ができあがってしまいます。

 赤ピーマンも混ぜましょう。
 こうするとピーマンの甘さがアクセントになります。

 これだけでお茶碗半分はイケてしまいそうです。ゴクリw、とまた生唾がw。

 
 セロリは嫁がピクルス系の味に。
 セロリの漬物は嫁の好みなので自分でやりたがる。
 酢と塩、砂糖を少々、醤油、これもやはりビニール袋に入れて漬けておきます。
 セロリは丸一日はしないと漬からないのだとか。

 ダイコンは塩と酢でこれまた漬物に。味は一応変えるのですw。
 ダイコンは薄切りにしたもの。

 「ご飯の友」がたくさん出来ました。
 
 長期保存のためなら漬物は塩分は多いほうがいいでしょうが、ウチはすぐに食べてしまうので減塩でいい。


 こういう漬物は、ご飯が思ったより進んでしまうのが難点と言えば難点です。
 なんという贅沢な悩みかw。

 ウチのご飯は玄米ですから、通常の白米よりも締まっています。
 だから同じお茶碗一杯でも実はお米の量は玄米の方が多い。
 気をつけないといけません。
 ゆっくり時間をかけて食事をすれば食べ過ぎません。

 バイデンがデク人形のようにしか見えない、なんて話を嫁がするわけです。

 潮汁にはインゲンと人参を入れて、塩味を調整しました。
 けど、人参はちょっと余計だったかも。鯛のダシを少し邪魔しました。
 
 八寸に鮭の白子のトマト煮を並べます。
 これは冷凍しておいた乾燥トマトで白子を煮付けたもの。
 今は秋鮭がシーズンです。とても赤くて新鮮な味わい。
 旬ですから白子も安いです。100グラム80円ぐらい。その処分価格w。

 酢の物はセロリ。
 漬物はカブとダイコンの二種です。
 豪華な食卓になってしまいました。ご、ゴクリ、とまたまたw。


 漬物の仕込みをしても、つい食べるご飯のことを考えてしまう。
 ヨダレが出るほど美味しさの期待が膨らんで困ってしまいます。

 この漬物を深川の小鉢に入れ、ツマみながらご飯を食べると、美味いよなぁ、なーんて。
 まだ食べてないうちから始まってしまう(笑)。

 ご飯はせっかくだからS級のコシヒカリにしました。

 「S級」なんて、最初に聞いた時はちょっととまどった。
 それってAVなんかの呼び方じゃないか(笑)。

 AVでは尾根遺産がイケてるとそんな風に宣伝するのです。
 特に脚がキレイな人をそう言います。
 ジャケットがまた素晴らしい。
 ああいうのは本作品よりもジャケットに騙されてしまいます。ハァハァ・・・(笑)。
 ゴクリw・・・って、ちと違うwww。

 素晴らしいお米です。

 嫁が炊くとふっくらとします。アタシがやると玄米っぽく炊けるのが普通。
 それぞれの好みが炊き上がりに出るものです。

 鯛は優しく焼いて上手にできました。
 地中海の塩を振ったそうで、甘みとコクをいつもより感じます。
 鯛は魚のうちでも特に甘いお味です。ゴクリw。

 もっと粗食がいいとは思っているのですが、タマのことですので、ご勘弁を。



いただきます

めいしくおしあがれ



関連記事
このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 似たようなのばかりGoogleは検索し、ポータルはステマばかり。商業サイトの薄っぺらさにも飽きる。

 居場所の狭くなったネットを広くするため、泳ぐことは止めないブログ。
 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。

  当ブログではコメント欄とは別に拍手欄からもコメントが行えます。 こちらからもご覧いただけます。 サイトはリンクフリーです。よろしくお願いいたします。(2022/12/21)

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌 > 穏やかにご飯の仕込みをしながら、ゴクリw。

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex