・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

泣けなかったこと

 長いゴールデンウィークになりそうだ。
 酒を呑んですっかり嫁が寝てしまい、静まりかえった部屋で振り返ること。


 俺は若い時から背伸びをし、なんでもわかった気になっていた。
 早くから一人前になっていたつもりだった。

 何でもできるのだと、俺はいつも思っていた。
 それは今でも変わらない。


 そしてイタリアで女性と知り合った。


 知り合いから紹介されて、友人の姉夫婦、その妹と出逢った。
 彼女の姉は俺を疑うような目で見た。

 パーティがあって、その場で彼女から、そっと電話番号を書いた紙を渡された。

 そして、何週間かして、彼女のミラノの部屋へ行った。
 彼女は、まるでつい昨日出逢ったように俺を抱擁し、部屋に迎えてくれた。
 
 色んなことが慌しい日だった。
 街のあちこちではデモや不穏な事件が起きていた。
 俺たちは愛し合った。


 僅かの時間で燃え上がる恋をして、そして僅かの時間で致命的な喧嘩になった。


 結局、お互いに神経質な二人がうまくゆくはずもなかった。
 手料理をふるまってくれた女がイライラと悪態をつくようになり、俺に世の中の不正について毒づくようになった。

 俺たちは激しい議論をした。
 くだらない世の中、唾棄すべき連中がいる。許せない腐敗がある。まるでお互いを非難するようにして世の不正を責めた。

 しかし、なんでそんな話になったのだろう。


 俺たちは最悪の別れ方をして別れた。

 一緒にいた期間は僅か一ヶ月、せいぜいそのぐらいだったろうか。
 彼女を置いてジュネーブまで出掛け、また戻って彼女の部屋に行ったから延べでヶ月ぐらいだ。







 なんとか俺は帰国して、それからは色んなことを忘れるように過ごしていた。

 それから二年、もしかすると三年は経っていたかも知れない。
 電話をかける気になったキッカケは何だったかは分からない。


 当時の荷物を整理していてメモを見つけ、バカ高いのを承知で国際電話をかけてみると、独り暮らしの彼女のアパートに出たのは彼女の友人だった。
 一度か二度会っただけの、よく知らない女性だったが、その時、彼女が死んだことを知った。
 その時はもう死んでからだいぶ日が経っていた。

 自殺だった。


 男の子が残され、当時、姉夫婦に引き取られていったという。
 その女は何気なく言った。少しアジアの顔をした子、と。



 電話を切っても、どう反応をすべきか分からなかった。
 ショックのようなものは感じなかった。
 胸の鼓動も、息遣いもいつも通りのままだった。

 ふと、彼女の姉夫婦の、俺を見た時の訝し気な顔が浮かんだものだ。

 思い当たることはあった。
 子供には俺の血が入っていると俺にはなんとなく分かった。
 しかしただ、それだけだ。
 俺とは何の関係もないのだ。

 子供の出来ない姉夫婦が引き取ったのだ。





 泣けなかった。
 思い当たることが多すぎた。泣けはしなかった。
 不思議なぐらい、俺には何の感情も涌かなかった。

 もう終わっていたからか、などと、その時のことを勝手に振り返ったりする。
 現実感のない遠い出来事にしか思えなかった。


 少し懐かしく、よく彼女のことを思い出すようになったのは、それからずっと後になってからのこと、家内と暮らすようになってからのことだ。
 彼女は思い出の中でも俺を責めている。


 家内は素晴らしいパートナーだ。
 一方で俺はダメな人間のままだ。

 俺は人生を楽しめているだろうか。
 精一杯やれているだろうか。俺は自分に問いかけるしかない。
 俺はいつまでもガキのような人間だ。

 だからつい家内に当たり、嫌なことを言ってしまうこともある。


 すまない。
 いつか返す。



続きを読む

このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

  ・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

オンナとのエピソード

これはもう随分と昔、それこそ大昔のことだ。
 昔はそれこそ人的なことはタダ、無料で手取り足取り教えてくれというのが横行していた。
 みなが大いにそれで困っていたものだ。そんな頃のこと。


俺が仕事を急いで片付けていたのはそれから夜行に乗らなければならなかったから。
 翌日は早くから大きな会議、プレゼンの支度があって、ずっとバタバタしていた。
 いよいよ準備ができたということになったら突然に別口で深刻なトラブルがあり、客先に駆けつけることになった。

 例によって他にバックアップもなく誰もいない夜、俺は仕方なく旅支度をしたまま駆けつけた。


 トラブルの原因になったのは前から知っていた女性のいるところで、それこそ彼女は何もわからないという人ではなかった。
 仕事はできるということになっていたから、それなりのポジションではあった。
 夜のオフィスで迎えたのは居残っていた彼女ひとりだった。

 しかし前からちょっとことあるごとに俺を捕まえて色々と聞いてくる人で、これには正直参っていた。
 俺はそれで何か奢ってもらったりしたことはない。見返りなどない。タダ働きのサポセンを人に要求する、まだ古い頭のままの人だった。そしてオンナという厄介なものだった。

 そこへ俺が来て単独で対応をすることになった。
 作業は進んだ。


 こちらの様子を見に来て、作業が落ち着いたと思ったのか、俺の手が動いているのも構わずその女性は俺に全く別の質問をしてくる。
 自分が抱えている仕事で何かできないことがあったらしく、細かいことをその時にも聞いてきた。
 ではこの点でコンサルをしましょう。その契約をしましょう。
 それはない(笑)。
 人に甘え、自分中心にことが運ぶ。それがオンナというものだ。
 仕事ではとにかく俺はオンナとの衝突が多かった。

 俺はそういうことは一度ヘルプデスクのチケットを買ってちゃんと聞いたみたほうがよいと応えた。
 ざっとヒントになるようなことを言ってはみたが、彼女はやはり理解できないようだったからだ。
 彼女はこちらの荷支度を見ているはずなのだが、俺をお喋りの相手にでもする気なのか、イライラと色々と分からないことが多いのよなどと話しかけてきた。
 俺は目下。彼女は客先だ。


 そうこうしている間に修正などをやって時間はどんどん遅くなっていく。

 そしてやれやれ。
 なんとか対応はできた。

 そうしたらここぞとばかりに彼女は俺を捕まえるようにして質問攻めだ。ごく簡単なパソコン教室レベルの質問などに答えてはいられない。
 これはいよいよマズいことになる。俺は電車に間に合わないのではないかと心配になってきた。
 走れば、タクシーなら、帰り支度をしながらアセる。
 彼女はお構いなしに喋り続けている。

 俺はとうとうにこやかに言った。

 「あーー、すみません。俺は嘘をついてました。実はまるで知識などないんです。パソコンなんかも実は触ったことないんです。すみませんでした。」


 ブチッとそうして会話を切って、俺は身支度を終えて。


 その女性は俺が言った意味がわかって泣いたようだ。

 知らん顔をして挨拶をして夜の会社を俺は後にした。
 電車はギリギリの最終だった。

 
 俺はすぐにそこを外れた。
 喜んでそのこと、俺のことを誰彼なく吹聴しまくっていたのはチャラい無能な男だったな。


 まだネットすらほとんどない、むかーしの話。



このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > シロアリ・悪徳の栄え

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全4ページ中
2ページ目
 
記事タグIndex