・毎週火曜日 100円サプリはココ   ・無料 お得HISクーポンはココ

価格変動と顧客の忠誠心について

 連休中と言えども買出しはする。

 このところ買い物をしていて気になることがある。
 それは、いつもの店が値段をやたらと動かすようになったことだ。

 ここ最近、その店で特に目立つようになった。

 トコロテンを百円で売っていたと思ったら、三日後には128円になっていた。
 そしてまた105円にしたりしている。

 店は特にその理由を説明していない。
 顧客としてはその理由が分からない、見えない。
 ちょっと困ったことに思える。
 私の気に入っている店はいつも潰れてしまうww。それは困る。


 小売というのは値上げはしにくいものだ。
 時には「メーカーの都合により六月から値上げします。」なーんてわざわざ告知するぐらいだ。商品を値上げするというのは大変なことだ。

 こんな、理由が分からない価格の上下をさせていたのでは不審しかないだろう。


 その店では期限が近いとか特売とかではなく、理由がなく価格を変動させるようになった。
 ただいつの間にか値段が変わるようになったのだ。

 ちなみに、実際にはマヨ、サラダ油は全国的に値上げするそうですが・・・。




 ここで挙げたトコロテンの例を見れば、たいした価格変動ではないように思えるかも知れない。
 だが、100円から128円などの価格変動は、株価ならとんでもない変動ということになる。

 もしガソリン価格で同じことがおきたら国民的な騒ぎになるだろうw。


 変動と言えば、よく「鶏卵」、つまり卵の値段を「物価の王様」なんて言うが、「価格変動が少なく安定している」という意味で言っているなら明らかにそれは間違いだ。
 どこが物価の王様だかまるで意味不明だ。

 日本のマスコミはどうしても理解力が劣るのか、そういう単純な認識のミスをして世間に無責任にデマを広げてしまう。

 卵ほど価格が上下するものはないだろう。

 これはケーキなんかをよく作る人なら実感できることだろう。

 いくつもの卵を使ってケーキを作るのに、それでは予定が立たなくなってしまう、別なもっと安い時に作ろう、そんな風に考えることも多いだろう。
 そういう感覚はきっと共感できることだと思う。





 こういう鶏卵価格を例にしてもわかることだと思うが、価格の激しい変動は我々を気疲れさせるものだ。

 実際、卵がないと困るので安い時にはつい買わないといけないような気になるし、在庫もよく考えておかねばいけない。
 その上、卵は荷物が多くなれば割れる危険のあるデリケートな商品だ。

 だから鶏卵価格の変動を気にするようになると、ひどく疲れるのだ。


 それなら、こういうスーパーで何気なくやっている価格変動はどう受け止められるだろうか。
 おのずと分かることだろう。


 かつて、日本マクドナルドがそういうことをやった。
 ハンバーガーの価格を激しく動かしたのだ。
 そしてセットを安くしたり値段を上げ下げした。

 そしてその目まぐるしい価格改定は失敗だとされた。
 マクドナルドはこれが原因で業績が低迷していった。

 その後、マックはドン底を味わい、今は回復している。コロナも追い風で業績は調子がいいようだ。



 マーケティングのセオリーでは、激しい価格変動があると顧客離れが起こるとされている。

 小売店にとって良質な「顧客」というのは、我々のような価格に五月蝿い人々のことではない。
 彼らが相手にしている主要な顧客というのは我々のような値段に厳しい連中ではない。


 彼らの最も重要な顧客というのは、常にその店で買い物をすると決めていて、なんでもそこで済ませるという「忠誠心の高い客」のことだ。

 彼らは割合としてはそれほど高くはないが、店の収益にも安定した売り上げとしても、経営の柱となってくれる大事な層だ。


 店が相手にしている色々な顧客のうち、「そこで買い物すると決めている」という人々は、強くその店と結びついた生活をしている。

 子供をお遣いにやるなら常にその店が念頭にあるし、チラシをチェックするのもその店ぐらいだ。

 彼らの生活はその店とともにあり、弁当を作ったり行楽に出かけたり、特別なご馳走を作ったり、喜怒哀楽の元がその店にある。

 だからスーパーというのは通常、彼らを中心に販売戦略を組み立てるのが常だ。

 だから各種の節句や季節のイベントなどを大事にする。価格だけで売るという店ではそういうことはしない。
 業務スーパーのようなところでは七夕や雛祭り用の品揃えはしないものだ。




 いくら特売のチラシで他の客を引きつけても、それが一過性のものではしょうがない。

 だいたい、価格競争があると言っても、顧客の側から値段をオファーできるわけではない。
 小売には「指値」はないのだw。

 だから店舗は手探りで顧客の出せる金額のアタリをつけるしかない。
 そうしてマッチして商売となる。

 競争があるのは他の店舗との兼ね合いであり、それは忠誠心の高い顧客をいかに引き止めておくかということだ。
 価格だけで競争するというのはあくまでも表面的なこと、「頑張っている」というアピールに過ぎない。


 値段を安い目玉商品を出して「ついで買い」を誘ったりしても、目玉商品についてきた顧客が忠誠心の高い顧客になってくれなければ安定した売り上げには結びつかない。


 一方、取引市場、卸し市場や取引先との交渉では商品の価格は変化し、常に需給で動いている。
 しかし小売はそこから仕入れるというだけでしかない。

 小売の現場で同じことをするわけにはゆかない。
 だから仕入れにちゃんと利益が「乗っている」値段で売る。
 その上で利益が薄くなったり厚くなったりするというだけだ。

 処分価格にしたとしても、店が利益が出ない「赤」の状態で売るのはごく稀なケースだ。



 小売はオークションやメルカリとは違うということ。
 だから店は価格から顧客の「引き」を読み、売れなければ下げる。

 それは一方通行なのだ。
 そこで売れるからと値段を引き上げてしまえば混乱が始まる。

 顧客は裏切られたと思うようになる。


 こういう顧客の期待や見込みを裏切ると、残念な結果になってしまうことが多い。

 いくら市場性の高い商品と言っても、固定客は価格の激しい変動についてゆけなくなり、もっと安定してあまり気疲れしない店へと移動してしまうことになる。

 忠誠心の高い顧客というのはその安心感も同時に買っているのだ。




 だから、メーカーも配慮して、特売用にパッケージを変えて組んで卸したりするものだ。
 これは中味は同じものでも、今回はキャンペーンで特別な価格での提供品だから安く、通常はもっと高いものですよ、というわけ。

 そうして小売店が顧客に価格のサインを送るのに協力するメーカーは多い。

 値段を引き上げたのではなく、それは別な商品なのだ。

 店は顧客になるべく言い訳の立つような値段で、顧客に納得してもらえるような設定をして売ってゆくのが定石だ。


 そうして店は忠誠心の高い顧客の気分を乱さないようする。

 そうでなけば安定した事業環境は確保できないということになる。





 顧客の忠誠心ということで、他の例を挙げてみよう。

 よく、私などはとりわけ乞食なものだから馬鹿にして言うことだが、目の前にスーパーがあって68円ぐらいでジュースが売られているのに、わざわざコンビニの方で買う人たちがいる。

 あれはいったい何故なのか。
 彼らはそれほどコンビニに心理的な依存をしているのか。
 よく言われる「コンビニ中毒」という奴だ。

 しかし真実としては違う。
 彼らは値段以上の付加価値をコンビニに認めているから買っているのだ。


 彼らはスーパーの並びや他の客層、そして陳列状態の居心地、全てを比較してコンビニの方を選んでいるということ。

 会計の時に長々と待たせられるのを嫌う人。
 他の子供連れや老人、他の客が目障りだ。
 いつまでもグルグルと物色し、買い物を続けている客がウザく感じる。

 陳列棚はキレイでなくコストを減らすためダンボールのまま置いてあったりする。そうすると落ち着いてキレイなボトルや見栄えのするボトルを選べない。
 楽しくない。

 などなどw。


 それならコンビニの方が彼らにはよっぽどいい。その方がずっと居心地がいいということになる。

 もちろんスーパーにもスーパーの顧客なりの居心地のよさというのがある。
 その居心地のよさを裏切ってしまうことは経営としては危険なことだ。

 スーパーの場合、そのひとつが価格変動ということになる。





 競争の激しいエリアで、店舗が顧客の忠誠心をつなぎとめておくというのは重要で大変なことだ。

 だから店は特売というのを言い訳にするし、新規顧客を呼び込むにしても忠誠心の高い顧客を邪魔しないようにしなければいけない。

 だから「特売」なのだ。
 だから店は「チラシ」を駆使する。
 店側はそうして、特売やチラシの商品などとして「特別な価格」だということを示す。

 値上げになったのではない。
 特別に安い日だったというだけだ。
 だから「買っておけばよかった」という後悔もほどほどだw。
 そうは家庭で買い置きしておくわけにもゆかない。

 店舗はそういう価格が安定しているというサインを顧客に送る。
 その呼吸が重要だ。


 店舗にとっては忠誠心の高い顧客が重要だということ、そして価格変動もほどほどにしなければ安定して付き合うことが出来ないということ。

 毎日の生活のリズムに店舗での買い物を取り入れてもらうためには、顧客を動揺させることは禁物なのだ。




 実はこういうことは政府レベルでも普通に言われることだったりする。
 安定した物価、原油価格の安定、為替相場の安定、そしてひいては株式市場の安定だ。


 特に株式市場で言えばボラティリティの高さは市場参加者を不安にさせる。

 「安い時に買い高い時に売る」などと矮小化されて簡単に言われることだが、経済成長に比例して安定的に上昇するのが市場全体としては最も望ましい。

 「安くなった買おう」などと思っていれば、下げれば底なしだったり、上げたまま「押し目」がいっこうになかったりする。


 実際のところ、市場にボラが目立ち始めると関係者はすぐに囁き始めるものだ。
 「これは次の暴落の予兆ではないか」、とw。

 企業活動を支える金融市場がそんな不安を抱えていては経済は安定せず成長しない。




 こうしたことは何かの比喩と考えてもいいのかも知れない。
 それほど「変動」というのは重要なことかも知れないからだ。

 変動というと「リズム」や「サイクル」という面がよく言われるが、その幅、つまり振幅というのもある。


 例えば、ハッピーで陽気、常に前向きな気分でいることはいいことだ。
 このブログのようにキャアキャアやって楽しんでもらえているようでも、実はそれは躁状態だとしたら長くは続かない。
 反動に欝がやってくる。
 それは鬱病への近道切符だw。
 あまり気分が上下するというのはよくないことだ。
 むしろ落ち着いていて穏やかなのがいい。


 うどんを食うと、私は低血糖の症状ができることが強い体質だが、そうして低血糖と回復を毎回繰り返していればやがてインシュリンの分泌に障害が起きてしまう。
 昼のうどんは旨いが私には危険なものだ。
 それは糖尿病への道だ。


 ブレーキとアクセルを繰り返し、前のクルマをあおり、恐怖させればドラレコで撮影され、ネットに晒される。そして通報。あるいは事故を起こす。
 逮捕と破滅への早道だww。

 
おそまつ


続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

  ・毎週火曜日 100円サプリはココ   ・無料 お得HISクーポンはココ

捨てるもんじゃないネ

 最近のこと、よく煮魚をやるようになりました。

 以前は照り焼き、グリルで焼くのが多かった。
 グリルで焼かれたパリパリになった皮が美味しい。大好きです。

 そこにちょっぴりの醤油、せいぜいレモンや大根おろし、もみじおろしぐらい。
 そんな感じでお魚をいただいていました。


 ところが、これをやると身が崩れてしまう魚があってどうにも格好が悪い。
 ムニエルや衣をつけてもなんだか崩れやすいお魚があります。
 「カッコが悪い」という、それだけなのですが、「食べる」という行為からすればちょっといただけない。

 私たちは食事をして栄養を補給しているのですが、同時に精神的な満足も得ようとします。
 
 ここ十数年、本当に食事が美味しい。
 それこそ涙が出そうになるほど美味しい。

 いったい、生きているうちに何回、この「美味しい」という喜びを私は味わえるのか。
 それを噛み締め、感謝していただいています。
 感謝って、何に?  いやw、ちょとわかんないけどw。





 美しく食べ、始末をつけ、充足したことを実感する。

 それがカッコの悪い食べる有様になってしまうと、なかなかそれが満足までに至りません。

 腹は足りているのに気分が締まらない。
 私たちが思い描いている「美味しい食事」という形からズレてしまっている、そう感じると、ちょっと物足りなさまで感じてしまう。

 だからそういう時、決まってなぜか次のものを食べたくなる。
 食後にお菓子を食べたくなる。
 いつまでもお代わりしてみたくなってしまいます。

 「まだ足りないナ」なーんて、そんな気分になってしまうというのは、食事の「仕舞い」、「ご馳走様でした」という、終わりがきちんとできていないからでしょう。


 だから、崩れた魚の身をつつくのは、たまに例外的なことならいいけれど、しょっちゅうだとヘコむ(笑)。
 「ああ、またか(欝)」なーんてww(笑)。




 それがキッカケで、アタシは煮魚にしてみたわけです。

 たいていの魚はみな同じ味付けで作ります。
 沸騰した出汁に投入するだけ。
 その魚の味、本来の味を引き出してくれるように願ってww。シンプルに。

 そうして、あまり深く考えもせず煮魚をやるようになったら、どれもことのほか美味しかったというわけ。

 煮崩れしたお魚はタラ、カレイなどでしたが、ホウボウ、キンキ、イシモチ、などなど、大きさが手ごろなものはみな煮魚で食べてみました。


 胸張ることでもないですが・・・w。

 ただ、ウチは少し西洋カブレのところがありますので、一匹の丸ごと大きな魚が手に入るとなぜか「アクアパッツア」になる。
 、、、そこはどうかご内密にww。

 アクアパッツアというのは西洋風の煮魚料理です。
 ニンニクやタマネギ、香辛料をきかせて仕上げに蒸らしたらオリーブオイルをかけて香りを立たせるもの。

 タコやアサリや海老を入れて、海鮮ごった煮にしてもいい、そんな自由度のあるところが便利な料理です。
 白ワインで召し上がれw。


 ともかく、煮魚を味わうと、それはなかなか奥が深い。




 焼き魚にして、焦げた皮や身をいただくというのも魅力ですが、煮魚には魚本来と向き合うようなところがあります。

 刺身よりもアタシはそれを強く感じます。

 刺身というのは切り方、包丁の入れ方、そんなのも大きな要素ですから、板前の腕前というのもあるでしょう。


 そこへゆくと煮魚の簡単な手順というのは、私がお魚に料理させられているようなものですww。

 ただ、さすがに鰤の煮付けというのはまだやってません。
 ブリは別格だと思うから。

 それにブリは鰤大根というものがあります。
 煮魚の世界で燦然と輝いて君臨なさっておられる(笑)。


 もちろん、今が旬のニシンでもいい。
 鯛なら醤油は薄めにする。
 イワシなら濃い目の仕立て。
 アジでもいい。

 たいていの魚は煮付けで美味しくいただけます。


 あらかじめ沸騰させたダシ汁に魚を投入するだけ。
 ダシ汁は少なくて大丈夫です。

 フツフツと泡が出てきて包んでくれますので、それで火が通ります。ひっくり返すなんてしなくてもいい。蓋を閉じているとなかで泡が包んで火を通してくれます。




 この、使ったダシ汁には魚のエキスが多少は出ているものです。

 沸騰したダシに投入するようにしないといけません。
 何回か、水の状態からタラを茹でて煮魚にしてしまったことがあるのですが、家内はクチにするとすぐさま「強い魚臭がする」なんて言う始末w。

 違いは歴然としたものということですが、ちゃんと作れば大丈夫です。


 私は最近、これを味噌汁のダシにするのを覚えましたw。
 それ以前は、煮魚の汁は全部回してかけて煮魚と一緒にいただいて残りは捨ててしまっていた。

 これをダシとして使わない手はないと思ったのも最近よく煮魚づいているからの振り返りのこと。


 家内はあまり「汁モノ」というのを好みませんが、味噌汁が美味しいとさりげなく最後まで完食してくれます。

 今日は「これ、美味しいね」と、珍しくクチに出して言ってくれたww♪。




 それでアタシ、これは昨日の魚の煮付けの残り汁を取っておいて味噌汁のダシに使ってるんだと教えたら、タイトルの言葉が返ってきた。


「なるほど。やっぱり捨てるもんじゃないネ」

 ・・・なんだか生意気で小憎らしいwww(笑)。


 家内が知ったようなクチをきくとアタシはそう感じてしまう。

 アタシが、搾り出すようにして経験から体得したことが、こうもあっさりと分かったような言葉で言われるとはw。憎たらしいw。

 そりゃあ、分かっている方にはそうなのかも知れませんが、アタシにはキッカケだの動機だの原因だの色んなものが必要だ。

 何も生まれてすぐに飛べる鳥ばかりじゃない。


 そういう、達観めいたことを聞くと、自分に歯がゆさを感じるものです。

 アタシはどれだけ回り道をしてそこに辿り着いたんだろう、なーんてww。

 自分を「歯がゆい」と思うのは、辿り着いたのが中途半端なものではないかと疑ってしまうからで、薄皮一枚で真実に触れただけ、そんな違う感じがしてしまうから。


 何百回もやって身につけたり、年月を経て修行して骨身に染み付いたものと、そうでないものの違いというのはこういうところにあるのだろうと思ったりします。

 いや、いくら煮魚を極めても、さすがに骨まで食べれるほどではないでしょうがw。


おそまつ




 食後のウィスキーなんて・・・どんだけ素晴らしいのか!


続きを読む

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記



KINGSOFT Internet Security

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 似たようなのばかりGoogleは検索し、ポータルはステマばかり。商業サイトの薄っぺらさにも飽きる。

 居場所の狭くなったネットを広くするため、泳ぐことは止めないブログ。
 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。

  一部広告による読み込み不具合を過去記事まで修正しました。(2021/03/29)

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 猟人日誌

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank
  • rank

【記事内 Google 検索】
入力してEnterで検索!
だいたいの頁ジャンプ
全120ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
記事タグIndex