・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

惣菜で売られなくなったもの


コメントいただきました。昨日は書きそびれてしまった(汗)。
 色々な健康法、「歩く」というのもいいことだと私も思います。

 「人間は二足歩行になって様々な障害を抱えるようになってしまった」

 なーんて、まことしやかに言われることがあります。
 動物が二足歩行するようになったための弊害と付き合うのが人類の宿命なんだ、と。

 だから垂れたり、曲がったり、ハゲたりするのだ、とw・・・(汗)。


 じゃあ四ツ足歩行に戻ったらハゲないのか!www

 確かに野獣はハゲてない。アニマルは髪は薄くない。

 やはり、バックでするのが・・・(略)www。



 いやいや、そんなわけはありませんw。
 考え方が逆です。

 二足歩行になったのですから歩くのが自然になったのです。
 歩くのは楽しくなり健康によくなった。そう考えるべきなのです。

 歩けば足がポンプのように血流を補助してくれます。
 ふくらはぎのふくらみなんかがポンプになる。

 心臓の動きを助ける。カラダに血液がよく巡ってくれます。
 血液サラサラw。

 歩くことは大事な健康法だという説はあるのです。
 特に循環系にいい。


 食生活だってそうです。
 まず日常の中に注意を向けるべきかもしれません。



 豚のハツの味付け肉が手に入ったのでどうしようかと思った。
 ハツは心臓のことw。
 800グラム強あるので三等分、300グラムずつぐらいにして、二人分。
 残りは冷凍にします。

 400円とちょっとでした。

 これを使って久しぶりに焼き飯にしたのでした。
 「チャーハン」です。


 こういう味付け肉というのは意外と使いまわしがききません。
 たいてい味が濃いものですから、どう料理するかいつもちょっと考えちゃう。

 たっぷりの野菜と一緒に炒めるとか、ラーメンのトッピングにするとか。
 一般向け、不特定多数向けの味付けなので濃くてちょっと困る。


 それなら、と、素直に「焼肉」にするというのもありますが、こいつだけというのは、、、ちょっと(笑)。
 焼肉は色んな種類がないとつまらないものです。
 
 最近、高くなった玉葱ですが、ぜんぜん元の値段に戻りません。
 玉葱がないと一般的な焼肉だと物足りないかも知れません。




 実はそれで、というわけでもないですが、我が家には「石焼なんちゃら」なんて面白いモノがありますww。
 昔、外で一度食べてみて、楽しそうだと思ってひとつ買ったものです。

 石でできてる鍋。石焼にするというものです。

 石をくり貫いたか整形して固めたようなもので、それがドンブリ鍋になってて直火にかけられます。
 熱くなるとなかなか冷めない。

 火から下ろしても生肉を入れればそのまま調理ができてしまいます。

 そこに肉やご飯、卵や野菜、ごま油を入れてテーブルの上でグチャグチャ混ぜながら焼きながら食う。火はないから火加減は必要ない。
 なかなか悪くないw。

 味付け肉なんてこれにうってつけなのです。
 何も足さないでそのままズボラにやってもさまになるw。
 まあ名前はアレなんだけどw、まあ、エスニックということで。許すw。


 ただ、これが暑い時にはちょっと無理。

 器は熱々で肉やご飯に火が通り続けます。それをスプーンで二人でつつくのですが、どうにも暑い。汗が出ます。
 だから夏場はちょっとできません。

 今回もアタシは根性が出なかった。断念したw。




 それで味付け肉の味を利用して久しぶりに焼き飯にすることにしたのでした。

 薄味にうまく仕上がりました。
 コショウはしたけど他の味付けはなし。
 卵を入れて仕上げました。卵も味をマイルドにしてくれます。

 今回もやっぱりフライパンにご飯がこびりついたのがちょっと残念。
 まあ、いつものことです。
 たっぷりの油とドデカイ中華鍋ならこびりつくこともなくパラパラ焼き飯ができるでしょうが、そこは資源は限られています。

 ウチは中華料理屋じゃないんだ!ww(泣)

 諦めも肝心ですw。

 そしたら、

 「カオ・パッド・ラードナーだねw♪」

 いつ覚えたのかタイ料理みたいなことを家内が言った。
 そんなのを二人で食べた記憶はあります。

 最近は見慣れない名前変わった名前で惣菜が売られることが多くなりました。
 ちょっと名前を変えれば人目を惹いて売れるのです。

 ぱ、パンガシウスのアクアパッツア!w(笑)

 同じ焼き飯、チャーハンやピラフにしても、エスニックな名前をつければ売れるというものです(笑)。




 二人で「味変」も楽しみました。

 麻辣油を入れて本格中華にしてみた。サンショが効いた「食べるラー油」という感じのものです。
 少し甘くしたゴマペーストをつけてインドネシア風に。
 焼き鳥なんかもこれでいただくとインドネシア風になります。
 ブンガ・ワァアアン、ソーロー♪www

 パクチーオイルとレモン、ナンプラーでタイ風にしてみた。
 ナンプラーとハバネロソースでフィリピン風。

 大きな洋皿のあちこちを使ってシンプルな焼き飯をいろんな味で試した。

 「おうちエスニックw」。

 ペロリと平らげてしまいましたw。

 ごちそうさまでした。








 そういうわけで今日は焼き飯にしたのですが、考えてみると最近のスーパーでは焼き飯なんて惣菜は売ってない。
 焼き飯どころか、ピラフなんてのも見かけなくなりました。

 そーいや人気のオムライスさえあまり見かけない。

 あの卵を使うってところがマズいのでしょうか?。どれにも卵が入ってる。
 食中毒的なコンプラ的なところとかw・・・。

 それとも冷凍食品が色々あるから?

 だいたい、寿司にしたって、昔はチラシ寿司とか、混ぜ寿司だって店頭でよく見かけたものです。それがない。
 今は握り寿司や助六セットばかり、せいぜい押し寿司ぐらいです。


 「ご飯もの」と言えるものが惣菜でほとんどないのではないか。
 白いご飯というなら、弁当になっちゃうのです。


 そういえば、昔は「白米」なんてパックがあった。

 昔はただの炊いたお米が惣菜として売られていたのに!

 なんてこと。




 最近のこの傾向はどういう理由でしょう。

 独身で、家に帰っても何も支度してないって人もいるでしょうに。
 昔はそうやって惣菜コーナーとご飯を買って済ませる人もいた。

 一人暮らしで簡単にする人はいる。
 今だってインスタントラーメンやカップ麺は売れているのです。


 「サXXウ」のご飯が普及して惣菜は値段で負けてしまうとか?

 「オリXXン弁当」が人気で惣菜が売れないとか?

 それとも、今はみんな炊飯器ぐらい誰でも持ってて、タイマーでセットして炊い
てるとか?

 アタシは自動炊飯器は一度も使ったことがない!www
 

 独身男のくせに、ヤツの家に遊びに行ったら炊飯器で自炊してた奴を振り返ります。
 驚いた。
 部屋には醤油ぐらいで酢さえないのに。
 インスタントの味噌汁で惣菜買って、ふりかけでちゃんと食事をしていた。

 ちゃっかり全自動炊飯器をお持ちだったw。


 彼の家は借家だったから独り者で殺風景ではいけないと、アタシはウチからブルビネを持っていってやって小さな庭で繁殖させ、「ブルビネ館」にしてやったことがあります(笑)。

 後で聞いたらすごく繁殖したらしい。
 これは珍しいものだと近所で話題になり、みんなが株を分けてもらいに来たそうな。

 今は嫁さんをもらって婿に入っています。



 炊飯器をみんなお持ちだから白米なんて売れないのでしょうか?
 時間がなくてもタイマーでセットして炊きたてを召し上がっている、と。
 だから白米なんて足りてる、と。

 あれ?
 でもあれ、お米を洗うのはどうするのでしょう。
 炊飯器の予約タイマーってw。
 どういう使い方をしてるのか

 夏場なんて、コメを洗って水に漬けといたら一晩ぐらいですぐ水が臭くなります。
 よく洗って水替えしてからじゃないと美味しくは炊けません。

 鍋炊きならついててやらないといけませんが、自動炊飯器だって多少はそんな気にするところはあるでしょう。

 もしかして、最近の炊飯器って水道とつながってて炊く直前に水が入って洗ってくれる、とか?

 ないないw。聞いたことないw。
 全自動洗濯機じゃないんだからw。

 む、無洗米?

 無洗米だって水で炊くんです!www


 ・・・まあ、食洗器だって水道とつなげますから、できなくもないと思いますw。
 どこかメーカーがおやりになったらどうか。

 そういうのはできるはずで、ホームベーカリーだって複雑なことをしている。

 意外と全自動ってまだ家庭のすべてに入り込んでいるわけじゃないのです。
 大阪万博で全自動でカラダを洗ってくれるカプセルなんて出品があったのは有名です(笑)。
 夢の全自動風呂。
 あれだってまだない。

 鍋の中心にセットして、ぐるぐると自動でゆっくりかき回してくれるなんて、そんな家庭用のクッキングマシンはありますw。
 



 ふーむ。
 色々と味付け、エスニックなんかの風味、付加価値をつければ売れるというのはあります。

 しかし、それなら何もないという「差別化」もあるのではないか。
 ただの白米、ご飯だって売ったっていいのにw。

 この真相にはまだ観察が必要かも知れません(笑)。

 
 「あ、でもあっちでは酢メシが売ってたよ。」

 家内が言った。寿司のコーナーで酢メシが売られてたらしい。

 「寿司飯だけ?」「うん」

 隣に手巻き用の刺身セットが売られているわけでもなく、切り身の刺身があるわけでもなかったそうな。
 ただ「寿司飯」としてパックで売られてたそうです。


 「そりゃあコメが余ったんだw。寿司の刺身をバイトが落としちまったんだな。」
 「サビ抜きって言うだろ。そりゃネタ抜きの寿司だww。」
 
 「し、しょうなの!!www」


おそまつ


このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

  ・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

いい肉w、旨い肉(笑)、高い肉♪


やっとのこと、以前にやった焼肉をやりました。
 焼肉ランチです。
 残りの半分、冷凍しといた焼肉セットを食べた。

 ごちそうさまでしたw。
 とても美味しくて、再び楽しいお食事ができました。

 炊き立てのご飯で自然解凍しといた焼肉セットをいただきました。
 三種のお肉。 牛バラ、豚バラ、牛ロース。

 野菜は漬物だけにしました。
 あとは汁。
 こういうのは野菜なんてはいらないんだ、そう思った。きっと食べ慣れてる人はそうでしょうwww。
 肉を味わうのに野菜は時には余計かも知れません。

 弱火で、ハネないようにしてパエリァ鍋で一枚一枚焼く。
 アタシと家内で各自が鉄板でゆっくりいただきます。

 お肉はワサビ醤油でいただいた。

 シメにはご飯でガーリックライス。肉から出た脂を吸わせてカリッと。

 どうか。
 ウチもいよいよ「おウチ焼肉」が板についてきたようですwww。




 この肉は「いい肉」なのです。
 よく選別され、「焼肉セット」のためにいい肉を選んでパックされたものだと思います。
 自然解凍したら前回と同じ味わい。
 やはり美味しい肉だと思った。

 牛ロースは甘く感じますし、厚切り豚バラの脂身がとても弾力があって油っぽくない。まるで硬いゼリーのような求肥のような、コラーゲンそのものの食感です。
 ちなみに、あの「求肥」って隠れた人気があるとアタシは思うw。


 牛バラも臭みのない穏やかな味わいで申し分ありません。

 なかなかない美味しいお肉だと思った。

 お腹一杯食べました。
 ムキムキとカラダにチカラがみなぎる感じです(笑)。
 ほとんど肉ばかり食べたような感じです。その実感がまた素晴らしい。

 「美味しいね」なんて、ニコニコしながら家内と笑い合い、味わって食べました。


 まあ、シメのガーリックライスがやはり一番美味しいナ、なんて思ってしまいそうなのはアタシの貧乏性です。

 今回は卵も落とさなかった。
 こういう、鉄板で焼きながらピラフを食べるというのは意外といいかも知れません。




 こういう感じのお肉との出遭い、たまたま手に入ったものが「よさそう」に見えるという時があります。
 まず間違いない直感ですw。
 そういう時はその肉を自分で発見したような嬉しさがある

 「これはイイお肉なのよ!」、って(笑)。

 これに対し「旨い肉」というのもあります。
 松坂肉とか、飛騨牛とか、ランプ肉とかミスジとかササバラとか。
 巷で「旨いよ」とされている有名なお肉。

 「有名であることを知られていることをもって有名な肉」

 あるいはそんな肉の部位です(笑)。

 そういう肉は食べる時、世間の評判を試すようなところがあります。
 あるいはブランドのイメージや前に食べた記憶と一致しているかどうかとか、振り返って確認するようなところがある。

 だから、ちょっと食べる気持ちに遠慮するころがあるとアタシは思う。

 まずありがたく名前から来てしまう、そんなところがあります。


 どちらかと言うと自然に「美味しいね」と言えるような「いい肉」の方が「旨い肉」よりアタシはいい。
 「どうやらいい肉らしいねこれは」なんて方がアタシには嬉しい。

 安い肉でも、そういうのが感じられるものです。
 そちらの方が嬉しい♪



 また、「高い肉」というのもあります。
 ウチでは「関係ない肉」なんて言ってあまり関心を払うことはありませんw。

 最近の若い半額軍団や落ち武者がお買いになっている肉です。

 チラっと見ると、だいたい100グラムが800円以上はするような肉です。半額でも400円はするというわけですw。
 アタシたちにとっては「高い」という印象がまず先にきてしまうようなお肉。

 ブランドはよく分からない。
 あまり目立ちません。目に入らないw。

 黒毛和牛とかの霜降り肉、サシと呼ばれる脂身がキレイに模様を描いていたりする。
 とても見た目もキレイです。
 まるでモデルや有名女優のよう


 もうこうなると、これは特定のニーズに合わせられている肉だとアタシは思ってしまう。
 ある種のニーズがあって、相応の値段がつけられてる肉という感じ。

 高いのには理由があるんだ、それがなんとなく見ただけで分かるお肉なのです。

 焼肉をあまり食べつけないアタシにはこういうのは手が出ない。
 高いしw。

 よく知らないからつまらない、つまらないからあまり関心が起きない、そんな感じ。




 最近の若い男性も自炊をしているようですが、カゴに目を引くのは「高い肉」です。

 ほお、と、最近になって「おうちご飯」を始めたような人が躊躇なくお買い上げになっているのをよく眺めています。
 サシがキレイに入っていて高そうな肉だなと、分かるヒトには分かる、納得できるようなお肉をお買いになっているw。
 おそらくはそんな人は肉に知見があり経験もあるのでしょう。

 アタシは期待が大き過ぎて裏切られるのも怖く、手が出ません。高いしw。


 それにしても、そんなに高い肉を食べる国というのもあまりないものです。

 ステーキ屋さんでコックが生肉を見せに来て「今日はこのお肉になります」なんて、西欧ではほとんどないサービスです。

 彼らは「クラス」という階級で生きています。そんな差別社会です。
 だから高級レストランなんて言っても、クラスに相応の場所やレストランというだけでしかありません。
 「美食の探求」ということからすれば日本には遠く及ぶべくもない。

 我が国は恵まれているとつくづく思う。
 農家を大事にしてゆきたいものです。




 まあ、アタシはまだ未熟者というだけかも知れません。
 まだ肉の味もろくに知らない。

 だからまだ初心者的な喜び、発見や実感できることに満足しているのかも知れません。


 それを言えば、コメなんてどうか。

 とっくにアタシは白米、美食の追求は諦めた。
 だから玄米になっちゃった(笑)。

 白米の味は分からないと思うので、昔はコメをほとんど食べなかったものです。
 たいていはパスタ、うどんや蕎麦、そんなものでした。

 白米ではコメの味が分からない、追求できない。
 だから今は玄米でブランドの味を食べ較べをしています。
 玄米なら美味しいとか特徴がよく感じられるのでアタシは満足。

 ウチのご飯、コメの味の追及は玄米でやっています。


 玄米にするようになったらコメの美味しいところやクセが分かるようになって楽しい。感謝しかありません。
 あと生涯どのくらい、何回玄米が食べられるのか、じっくり味わいたいwww。




 「いいコメ、旨いコメ、高いコメ」

 コメにもそういうことはきっとあるんだろうと思います。
 玄米は「高いコメ」なんですが、それは米屋さんの都合というだけです。

 米屋さんの陰謀w。陰謀論w。
 玄米にして日持ちしてしまうと米屋さんは儲かりません。
 精米したという付加価値もつけられない。
 だから米屋さんは玄米はわざと高くしています。


 なら「旨いコメ」はどうか。
 ブランドのコメは受け止め方が色々だと思います。日本のコメは何でも、世界でも例のないほどの最上級のものですが。

 ともかく、旨く感じるのは個人の好みもありますから世間的な評価はあまりアテにはなりません。
 そういう自分の好みを探るというのは楽しいものです。

 農家は毎年色んなブランドを試して作る人も多い。
 それこそ色んな種類を試したいと、アタシもいつも思っています。


 ちなみに、アタシはアミロース含有の多いコメが好きです。
 ツブツブしていてしっかりした感じが好き。「もっちり」よりも「しっかり」が好きw。
 GI値も高いので腹持ちもいい。




 では「いいコメ」となるとどうか。
 「上手く炊けたナ」、そう感じるときにアタシは「いいコメ」だと思う。

 よく蒸らして、天地返しをして、水分がちょうどよい時。
 あるいは硬めに炊こうと思って、ちゃんと思い通りの硬さで炊けた時。
 発見がある。

 「なかなかいいだろう」なーんて家内に自慢したりするw。

 「よしよし、今日のコメは美味しく炊けたかも」

 そんな予感に顔が思わずほころんでしまうのがアタシにとっての「いいコメ」です。

 「いい肉、旨い肉、高い肉」。そして、「いいコメ、旨いコメ、高いコメ」
 そうきたら、「いいヒト、上手いヒト、高いヒト」もありそうな・・・。


いいヒトへ恋文、上手いヒトから体よく袖にされ、高くついたと嘆き・・・(略)

 おっ!お゛ーーーっっ!、ごっほっん、ごほっんん、

 ご、ごほごほん(笑)。 ごほーーん!・・・ゴホン

ち、ちょっとムセったwww。




 これから前から続いていたインフレ傾向は加速するでしょう。
 供給不足なのに緩和しないで締め付けてたら投資は控えられ供給不足は変わりません。インフレは止められない。
 どっか間違ってやしないか(笑)。

 そしてそこに欧州の対ロシア、自殺的禁輸措置の影響が加わります。

 ロシア憎しと経済制裁をやって、そのまま彼らにハネ返ってくるという馬鹿なことをEU官僚は各国に押し付けようと。
 自分たちで仕掛けたんだから自業自得ではあります。
 ゼレンスキーも食料が欧州に回るのを妨害、機雷で港を使えなくして協力してるwww。

 西側は都合の悪いことに目をつぶり、正義のゲーム。いったい何がしたいのか。

 食料とエネルギー不足で、まずこれから政治がひっくり返りそうです。
 マクロンはどうしたw。


 特にこれから、食糧の問題はあちこちで聞かれるようになってゆくと思います。
 その予兆はすでにある。
 我が国でも輸入品が高くなり始めています。

 やがて欧州で食料が足りないことが問題になり、傲慢な欧州先進国はアフリカへ牙を向ける。
 まるで飢餓を押し付けるようにして旧植民地の国から奪うでしょう。
 大変なことになるでしょう。
 特に欧州はひどいことになる。


 でも、和食なら大丈夫www。

 あまりパスタだアクアパッツアだピザだなどと、もうよそ見なんかしないで、しっかりと我が国の古来からのやり方、暮らし方、我が国の文化を味わって暮らせばいいのではないか。

 そんなことを考えると暗澹たる予感からちょっと救われる想いがします。


めいしくおしあがれ


続きを読む

このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 似たようなのばかりGoogleは検索し、ポータルはステマばかり。商業サイトの薄っぺらさにも飽きる。

 居場所の狭くなったネットを広くするため、泳ぐことは止めないブログ。
 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。

  右サイドバーに人気記事が表示されるようになりました。過去記事も順位は上がります。※ 当サイトはリンクフリーです。よろしくお願いいたします。(2021/10/16)

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > よもや話

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全153ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex