・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

旅の宿泊につきものの悩み


 おかえりwww(笑)


 やっと周囲が日常に戻ったと感じられている方もいるでしょう。

 ゴールデンウィークの連休、どっかへお出かけになった方もいらっしゃることでしょう。
 人出の混雑をものともしないその気概は敬服に値すると思いますw。

 アタシなんて祭りの見物客の混雑で早々に撤収したもの。情けなやw。


 しかし移動や旅行が本源的な欲求に基づくものだとしたら抗えない方もいるはずなのです。
 擬似的にでも遠くで子孫を作り、テリトリーを広げられた実感で満足できます。

 いや、擬似的でなくホントに旅先でそんな出逢いなんか作ってたらマズいでしょうけど(笑)。


 その昔はそういうこともあったようです。
 ご夫婦で旅行に行って旦那だけ酒を飲むからとどっかのBarでふらりと飲んで、そこで女性とねんごろになってしまう、なんてこと(笑)。

 アタシは家内も飲みますから、旅先でかつて知ったるBarに連れて行ったら妙にママから不機嫌な対応をされてしまったものです。
 「女房なんかこんなとこに連れてくんじゃないよ」、って感じwww。




 だいたいアタシという人間は本質的に出不精です。

 散歩はしますしよく歩きますが滅多に遠出はしません。
 旅行を積極的にはしない、したくない。
 逆にどっかへ出掛けたとしたら今度はなかなか帰ってこないw。

 こういう人を「鉄砲玉」という言い方をしますが、近年は自爆テロ的な言い方に変貌したかも知れません。
 米国の鉄砲玉が安倍さんを暗殺し、死刑にならないからとしらばっくれている。
 あれ、死刑求刑なんかしてみたらすぐに真相をゲロすることでしょう。
 今、英王室の戴冠式なんかに言ってる連中と米国の共謀だってことはすぐに白状するはずです。


 ともかくアタシには旅行というのはハードルが高い。
 格安広告会社LCCのメールなんかがよく来ますが、いつも予約なんて一杯。格安航空券なんてまるでアタシの方には向いてくれない。

 そうしてやっと悩んだ末に出かけてみれば、疲れる、期待はずれ、ガッカリなんてことも多いのです。


 アタシはそんなマイノリティに寄り添いたいと思うwww(笑)。
 きっと同じような方もいると思うのです。そして大型連休の世間的な高揚感の中、なぜか疎外された気分になっている方。

 アタシは出不精な方々の味方でありますw。
 

 だいたい「家族サービス」なんて、そしたら布団を敷いてネグリジ・・・(略)。



 それにやっぱり自分が食べるものは自分で作りたいものです。
 それが一番味わえるし作っている時からこの手で味わっている。
 素材は厳選、値段も安い。
 なにより達成感があります。


 旅先ではアタシは地元のスーパーについ足を運んでしまいます。
 そこの人が食べているものを食べてみたいと思うから。同じものを食いたいと思う。

 名物や名産、観光客向けのものなんてあまり興味が湧きません。
 もはや情報社会で何でも全国区です。

 だから地元のスーパーに行ってこちらでは売ってないようなものを探す。
 地元の人が好む趣味嗜好のものを買って宿に持っていって食うなんて楽しいものです。

 なんなら道の駅やそこらの農家の直売所、農家の露地売り、そんなところを覗いてみる。
 アタシはそっちの方がずっと楽しい。


 浜辺に打ち上げられてるワカメを拾って食った時はビックリした(笑)。
 ワカメなんてスーパーで売ってるもの、そんな感覚があったもんだから。


 お前はどこのワカメじゃ?!www(笑)




 そうして地元のものが手に入ったりなんかしたら料理だってしたくなる。
 いつものよく砥いだ包丁でちゃんと調理したい。切るところを感じたい。
 旅先ではそんなことはなかなかできません。人の調理場に入っていって料理を作らせて貰うなんて、土井善晴ぐらいw。


 食器にしたって慣れたものが欲しくなります。
 
 だいたい、まず割り箸で食うのに抵抗があるのです。
 旅行ですからその日はそこに宿泊するわけです。そうなるとそこらの料理屋で食うのとは過ごし方が違ってきます。
 割り箸や祝い箸ではなにか足りない気がします。

 箸を使ったら捨ててしまう、折れてしまう、何か持続性のなさを感じてなりません。
 それこそ、まさに今はやりの「持続可能性」ってヤツではないのかw。


 割り箸を汁で濡らしてみたり、ごしごしと割り箸を二本擦り付けてバリを取るとか、色々と工夫はするんだけどやっぱり自分の家の塗り箸が恋しくなってしまいます。

 先の細い、若さ塗りの特別な箸で、この鯉のあらいをちょいと食ったら美味しいだろうなあ、アタシはついそう思ってしまうタチです。

 だからって持って行くってのも、、、どうか(笑)。



 お茶やコーヒーだってそう。いつも飲む気に入った器というものがあります。
 時々、あれなしにはマンデリンは飲めないな、なんて思ったりもする日常。

 お気に入りのコーヒーカップを割られて大の大人がベソをかいたりする(笑)。


 日本旅館だと部屋に通されるとお茶セットが用意されています。お茶が自由に飲めるようになっています。
 荷物を降ろしてお茶で一服しようとする。菓子すらウェルカムスイーツみたいにしてついています。

 ところがなんか勝手が違う。
 いつもの茶筒じゃない。急須がなんか違う。どこかギクシャクとして落ち着ける感じじゃない。
 まあ、そこは日本的なやり方だとして無理にでもお茶を淹れて飲んでみるわけですが。


 そうして、サービスの茶菓子を食ってみて思う。

 「これ美味しいからお土産にしましょう。」なーんて。すでに何か仕事をさせられているw。

 あるいはアタシなら言う。

 「これを試食して帰りに買ってけということだろうが、もっと寄越せばいいのに。」

 なーんて。




 慣れたものを使っていると存在が邪魔になりません。

 「身の丈」ということでもあります。

 いつもの器なら自然にお茶やコーヒーを素直に味わえる。
 何遍も、何百回も眺めてきた器は自然に料理だけが目に入ってくる。
 味わうことが主役になる。

 だから欠け茶碗やヒビ茶碗はちょっといただけない。
 そこがどうしたって気になっちゃうから。
 まあ、それを構わず、その侘びたところを味わえるなら達人の域ですが(笑)。


 そりゃあ趣味を凝らした変わった器、それと料理との取り合わせは楽しいものです。
 しかし丸一日、二食、まるまるそういうのと付き合うとなるとどうか。
 やっぱりなんか落ち着きません。


 だいたい料理にはいつもの調味料だってないのです。
 いくらお料理を美味しいと思って「お、これはひょっとしたらあのドレッシングが合うかも」なんて思っても、ないのです。
 そんなパクチードレッシングをタバスコで薄めた自家製、そんなものが旅館にあるわけもない。


 アタシは最近は最初に冷奴を甘酢味噌をつけて木の芽で食べます。
 一通り食べたら今度はダシ醤油と酢をかけてショウガで食べる。ワサビ醤油でいただいたりもしています。
 そういうのはなかなか旅館では楽しめない。
 





 やっぱり旅館って特別なのです。
 いい意味でも、あるいはちょっと落ち着けない、そんなどちらの意味でも。


 たいしたもてなしをしてくれるところがあります。素晴しい接客を受けて帰ってくる。
 痒いところに届くようなサービス、阿吽の呼吸で気が付いてくれた。

 歴史ある建物、趣味のいい調度品。品のよい人たちの所作。気持ちのよい言葉使い。
 テキパキとしてこちらの言うことにすぐ動いてくれた。

 別に観光地を忙しく回らなくても「お宿」を堪能して満足して帰ってくることがあります。


 しかし、自宅に帰るとなぜかタメ息が出てしまうのです。
 「あーーー、帰ってきた。」なーんてww。

 なぜ?
 すっかりリフレッシュしたはずです。不満などなかったはず。


 いや、しかしなぜか疲れているのです(笑)。慣れたところでないから緊張があった。
 サービスを受ける姿勢もあります。

 それでついクチに出てしまう。「やっぱり家が一番だよ。」なーーんてw。

 旅の宿泊は難しい。




 いや、それならホテルなんてのはどうか。
 旅館なんて人との接触があります。それが日本的なもてなしのカタチです。

 だったら西洋風にホテルだったら気楽ではないか、そして料理も出されないから地元のものを食べ歩きできるじゃないか、と。
 
 そんな考え方もあるでしょう。
 それに大都市の日本旅館なんて逆にバカ高い。
 出張や所要なんかでもコスパで食事つきの日本宿の方を選ぶアタシですが、都会だとそうはいかなかったりします。
 


 しかしホテルはホテルで馴染めないところがあります。
 ドライでスマート、ニュートラル。そういう前提がやっぱりどこか違う。


 まずベッドが違う、枕が違うのです。

 窓の開かない部屋はいくら広くても息苦しいものです。
 よほどでなきゃトイレバスはユニットです。

 東アジアなら都市部でもゴージャスでも手軽なお値段のところが色々とあります。
 何もインペリアルスイートでなくてもゴージャスなバスタブ。ユニットなんかじゃありません。
 ちゃんと窓も開く。飛び出して跳んでくことも可能ですw。

 しかしそういうところだってベッドと枕は問題。




 ホテルの部屋に入ると、デーンとベッドがあって部屋が無言で迎えてくれます。
 ボーイが付いてきたりしますが部屋から先は一人。
 誰もいない。気兼ねもないはずなのですがなんか「待ってました」という感じ。

 すでに空調が効いてたりします。
 そしてベッド。ベッドメイクが主張しているのです。ホテルというのは宿泊がメインです。

 ピーンと張ったシーツ。上掛けもピーンと張ってあります。
 ベッドメイクは完璧なのです(笑)。


 ところがそれが息苦しい。妙に落ち着かない。
 人工的というか機械がやったような完璧に整って皺一つないシーツと上掛け。
 これからアタシという生身の人間が寝転ぶのには違う気がしてしまうのです。
 そのままでは寝れません。寝苦しさったらない。

 あれを乱さないままにして体を滑り込ませる情けなさったらありません。

 まるで自分から死体袋に入ろうとしているような、そんな気になってくるww(汗)。
 そんで解剖されるんだw。




 だから、アタシはいつもホテルの部屋に入ったとたん、シーツをグシャグシャと乱さないと気が済みません(笑)。
 よく糊が効いた枕だってちょっとサンドバックにしてこなれてからでないと気に食わないw。

 そんなことをやってるとまたなんか気疲れしてしまいます。
 なかなか部屋で寛げない。

 部屋をわざわざ乱雑に散らかしもします。
 タオル、着替え、荷物をぶちまけて、すっかりアタシの部屋にしてからでないと落ち着かないのです。


 その昔の若い頃、海外からの賓客をあちこち案内し、二人でさんざん飲み明かしてアタシは酔っ払って彼の部屋に明け方に転がり込んだ。
 狭い部屋ではなかったから迷惑ではなかったでしょうが、図々しい感じはあったでしょう。

 見るとその部屋は雑多に散らかっていた。
 脱ぎっぱなし、散らかり放題。
 キチンとした人でしたからアタシは意外に思ったものです。


 昔はホテルでもきちんと気をつけて宿泊していたクチでしたが、それからはアタシもホテルでの泊まり方を変えました。
 ホテルは散らかり放題で気ままにやって、立つ時はバッグにグチャグチャと詰め込んで立ち去る。

 何もかもルーズにやるようにした。その方がよかった。
 しかし、どうにもそれはアタシの性分じゃないんだw。

 どうしてもバスローブなんかまとめてあげちゃう。何かしら仕事をしちゃうのです。
 ホントはやらなくていい。





 旅先の宿泊での枕と布団。
 日本旅館だとちょっとそこは許せるところです。


 夕飯を部屋で食うと部屋に布団を敷きに来てくれるわけです。
 風呂なんかに入っている間に布団を敷いといてくれる。
 部屋に帰ってくると人がさっき敷いてくれていた、それがいい。すんなりと夜更かしせずに穏やかに寝よう、そんな気分に誘導してくれます。


 布団もシーツもわざとらしい感じがしません。ベッドメイクに「ニュートラル」という主張がない。
 「主張」って、例えば盗みを働く時、渾身のチカラを込めて、しかし音がまるで立たないようにズッとタンスを開けるものです。
 親の金を盗むとか実際にどっかに入るとかwww。
 ホテルのベッドメイクには何かそういう類の不自然さをアタシは感じるのです。肩が凝る。


 日本旅館なら布団を敷いてくれる手順がある。それがいつかも客に分かっています。
 どうぞゆっくり寝てくださいという気持ちだけが伝わります。

 だから日本旅館では何もわざわざ布団を乱す気も起きません。
 まあどうせ寝れば浴衣をはだけて乱れてしまうのですがw。


 あれ、アタシも家内も日本旅館での寝相がいっこうに定まらない。
 どうしても浴衣をちゃんと着たまま寝れません。

 起きれば決まって帯も乱れ裾も捲くれ上がって太腿もあらわな状態です。ダラしなくてみっともない。
 きちっと帯を締めてそのまま起きれたというためしがありません。

 まさかあれでエロい朝を迎えさせ、その気にさせようってわけでもないでしょう。


 結局、やっぱりどっかで枕や敷布団、掛け布団の感じに違和感を感じているのかも知れません。
 やっぱり寝苦しいんだw。





 まあ温泉があったりすればもういくら旅先と言っても満足はあります。
 インチキ臭い連中の真似をすれば「ベネフィットが上回る」というヤツですw。

 何も温泉宿でなくとも温泉が引いてあるところもあります。
 日本は火山国。温泉があちこちに涌く。
 ホテルで温泉の大浴場だ、なんてところもありますが、アタシは日本旅館がいい。

 ホテルで温泉大浴場だからと、浴衣のまま前をはだけてウロついてしまうのはちょっと違う気がします。
 これは洋式と和式のケジメでしょうか。バスタを箸では食いたくない。盛り蕎麦をフォークで食いたくはありません。


 朝食と夕食、その前と後。
 昼はまあ外へ出ているにしても、何かにつけて温泉に入って広い風呂で寛ぐわけです。
 夜遅くに入る風呂もまた格別です。

 ヌルっとしたお湯に包まれて美肌、筋肉痛、あちこちが癒される。

 出てくれば畳みの部屋に座って酒なんか飲んで、暫くしたらまた入る。

 「湯治だってもっと長期間いないと意味ないのよ。」

 なんて言いますが、まあ一日に何度も温泉に入るなんてこともあまりないことです。
 気持ちだけでも何か効能がある気になればいい。
 プラセボ効果というのはありますw。


 ああ、でも結構アレで疲れちゃうんだ、まるで仕事のようにして入るから(笑)。
 湯あたりしちゃったりしてw。



おそまつ



このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

  ・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

旅行や別荘願望の根源は繁殖なのか


 ハオルチアとサボテン、彼らが自分のテリトリーを広げることを考えました。


 ハオルチアはお隣り。


 もし一軒屋にお住まいで、特に家族なんかもおられる場合だったら尚更です。

 隣の家が売りに出されたら、なんとしてでも買っておきなさい。

 そんな話はよく言われることであります。

 それで自分の領地、テリトリーを広げることになります。
 そしたらきっと建て替えや駐車場の拡張、庭、色々と便利でしょう。
 土地がつながって広くなれば自由度が高まります。


 いくらいい物件を手に入れても離れていてはしょうがありません。
 分家と本家にしたって飛び地なんかよりずっと都合がよい。
 大叔母様なんかに作った煮物を鍋に入れてカラコロ下駄で届けるなんてすぐそこです。

 しかし二世帯ほど近くはない。
 色々と干渉するなんてことも起きません。
 「二世帯にして玄関まで別にしたのにいちいち姑がウチに来るのヨ。」なーんて愚痴はよくあること。




 隣の家を買ったら潰して庭を広げてもいい。
 なんならそのまま「離れ」にしたっていいのです。
 隣地境界線はもうありません。分筆してあると思えばそのままでもいい。

 垣根なんか取っ払えば庭も広くなります。伸び伸び暮らせる。
 隣の家が売られたら「買い」なのです(笑)。

 そうやってテリトリーを拡張してゆくのはいい方法です。

 虫食いみたいにあちらの別宅、こっちのマンションなどとあちこちツマみ食いしても実用上のメリットはあまりありません。

 投資? えええ、ホントかなwww(笑)。
 アパート経営? んーーーどうなんてじょう。
 それだったらREITの方がいいのではないか(笑)。


 まあ少なくとも別宅というのは実用上は合理的ではありません。
 モノポリーじゃないのです。
 それに移動というのはコストなのです。離れたところに手をつけても結局は効率的じゃない。

 旅行することを考えれば分かることです。旅行で一番にカネがかかるのは交通費。





 だから、別荘なんて、ありゃ実はダメな代物だったのです(笑)。

 豊かさやステイタス、セカンドライフだと夢を煽られ、みんなが別荘に憧れた時代もありました。
 今やバブル後ですっかりお荷物物件。
 一生付いて回る固定資産税、売れてくれなきゃ逃げ場はありませんw。
 管理費、修繕積立金、田舎のリゾートのマンションなんて目も当てられない。

 だからタダでもいいから買ってくれ、誰か引き取ってくれなんて人も出る始末(笑)。

 法律が変わって、これからは相続したら登記が義務付けられるようになりました。
 固定資産税払わず相続だけして名前は亡くなった人のままにしておくなんて不可能になったww。かと言って相続放棄も難しいのです。


 そこまでの話にならなくとも、別荘なんて管理ばかりが大変なものです。
 軽井沢や那須、優雅に聞こえてもタマに行けば片付けの仕事ばかり、雑草取りや掃除ばかりです。

 そりゃあお手伝いや管理人に丸投げできるってならいいでしょうがw。
 しかしカネ持ちほどそういうコストを払いたがらないものです(笑)。


 だったらいっそそっちに移住しちゃえばいい、暮らしを変えれるならそっちの方がずっといい。

 まあ、そしたら「別荘」ではなくなりますがw(笑)。
 別荘なんてそんなものです。




 だから刑務所のことを「別荘」なんて言ったりするのでしょうか。
 もう戻りたいとは思わない、そんな場所なんだ、と(笑)。
 
 まあ、飽きずに別荘暮らしを何度もおやりになる人もいるでしょうけど(笑)。


 だいたい都会暮らしの息抜きに自分の別荘で過ごそうなんて、何度かやれば飽きてしまうものです。
 どうしたってタマには違うところへ出かけたくなってしまいます。

 
 第二の我が家、第二の故郷なんてこともよく言うフレーズですが、どうか。
 そんなものだってきっとありそうでないものかも知れないのですw。

 都合よく立ち回るための方便や言い訳であることがほとんどではないか。

 「港、港にオンナあり。」なんて言いますが、どっちが本宅だか妾宅だか分からないなんてこともあります。結局はひとつところに居ついてしまうものですw。


 別な土地にお邪魔をして迷惑をかけ、余所者ではありませんと「ここは私には第二の故郷です」なんて言い訳する。

 関取が地方場所でも応援してもらいたいと「私の第二の古里です」なんて言うw。
 そりゃ言われれば地元の人は応援してくれるでしょうけど。

 「北海道場所」なんてありませんから地方場所では宿舎や部屋が地元ということになったというのはあるかも知れません。
 もうすぐ大相撲五月場所です。場所は両国国技館。楽しみです。
 

 しかし「住めば都」と言います。都はひとつ。我が家はひとつなのではないか。
 猫だって「家につく」なんて言うw。



 しかし一方、サボテン、マミラリアなんてのもあります。
 タンポポのようにして遠くへテリトリーを広げようとするタイプもある。
 それは別荘というより旅行ではないか。だって行くアテがないんだからw。


 移動したい、どっかに旅行したい、そんなアタシたちの欲求は自分のテリトリーを広げようとする本能から来ているのかも知れません。
 遠くまで自分の種子を運んで、違う土地で自分の子孫を広げたい、そんな本能に由来しているのではないか。

 いや、「別荘願望」ってのも本質はそういうものかも知れません。
 「願望」なんですから所有する前のことです。
 現実となってしまうと厄介になるというだけです。


 じゃあ「キャンピングカー」ってのはどうか。あれは別荘のようにひとつところに留まらせられるわけではありません。

 マミラリア、鉤針のサボテン的なのではないか。
 キャンピングカー移動手段に住機能がついているわけです。
 サボテンもその肉、内側には水分を蓄えています。

 キッチンがついててトイレもシャワーもあります。
 移動は自由、きままに方角を変えらる。車中泊よりも快適でちょっと豪華。
 そして暮らしの中味は変わらず場所を移動できます。

 旅行なら行く先々で居心地が変わります。枕も変わる。布団も変わる。
 そこにいちいち部屋に着いたら荷物を降ろす。そこに新たに馴染まないといけません。
 食器も変わり箸も変わる。座椅子も寝床も変わる。なんだか面倒臭い。

 キャンピングカーならいつもの寝床、いつもの食器、いつものテーブルです。
 だけど外の風景は変わる。


 「別荘を買う」ってならキャンピングカーの方がいいかも知れませんw。




 このキャンピングカーを住居にして住んでしまうというアイディアがありました。
 バブルの頃、土地がバカ高い時は実際におやりになっている方もいました。
 

 市街化調整区域とか使い物にならない変形地、駐車場ぐらいにしかならないような土地を安く買ってそこにキャンピングカーを停めて暮らすのです。

 いざという時はキャンピングカーは動かせますから構造物ではありません。あくまでもクルマです。
 だから建物の固定資産税がかかりませんw。

 電気やガスなんかはちゃんと引かせてもらえます。
 土地区分とそれは別の問題。住民票だって置けます。
 トイレは汲み取りに来てもらい、自分の城として安く住むことができるというわけ。


 しかし薄い壁一枚、その向こうは外なんです。まあ、そこは我慢w。

 あれをアタシも面白いと思ったことがあります。
 バブルの頃には本気でやろうかと思ったりしたwww。なんとなくロマンを感じた。




 「ボートに住む」って話はその筆頭でしょう。
 ヨットハーバーにヨットやボートを停泊させてそこに住むわけです。

 変わった趣味と思われがちですが、実は多くの人が憧れていると思います。特に男性はw。
 ロマンというか孤高のスタイルを感じないでもない。

 浮き草家業というのも悪くないな、そんなこと思う時期が人生にはあります。
 世間のしがらみを煩わしいと思うようなお歳頃にはよく夢想するものでしょう(笑)。


 海外の小説ではたいていイケメンの主人公なんかがそんなボート暮らしをしてたりします。
 あれを「カッコイイ」と感じる共通の認識はある気がするのです。

 そうして変わった暮らしをしている主人公に興味を持つヒロイン。
 やはりそんな人物に惹かれるぐらいですから個性的。魅力があるヒロイン。そんなストーリーはありがちです(笑)。



 まあ現実としては余計なモノを持たないってことが大前提になるでしょうが。

「オバちゃん、随分と部屋が広くなったわね?」

「断捨離しててね、キャンピングカーで暮らそうと思ってんの。」

「えぇぇw。オジさんは何て言ってるの?」

「断捨離しちゃったわよ!www」



 「太平の世にひとりぼっち」(裕次郎、改)



おそまつ



続きを読む

このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。よろしくお願いいたします。(2022/12/21) 人気ページランキングをリセットしました。一部URLのままはFc2の仕様です。(2023/06/04)

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 推論、考察

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全104ページ中
2ページ目
 
記事タグIndex