・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

国税当局、鳩山氏に1億3000万円還付


 コメントいただきありがとうございました。



 アタシの立場は国税当局の恣意性を糾弾するものです。


 公正さを欠いている。

 それを政治も看過している。共犯関係です。


 すなわち、権力を飼い慣らし、国民には奴隷的にタカらせるのが国税ということです。



 当時、鳩山は追徴がろくにされずキョトンとしていたことでしょう。


 それこそ「鳩が豆鉄砲」というように(笑)。




おそまつ♪






 ともかく、使途不明金を隠蔽すれば4割の追徴です。


 鳩山由紀夫は贈与について追徴分を払ったに過ぎません。重加算もない。




 鳩山由紀夫に対する税務調査と申告漏れはあくまで7年間の話です。


 つまりそれ以上の期間、長年にわたる十年、二十年、あるいはもしかしたらそれ以上の期間の毎月の1500万円の贈与については調べもされなかったということです。



 また、なぜこれまで鳩山家に税務調査が行われることがなかったかも国税は一切説明をしていません。


 鳩山の資金についての告発はこれまで何度もされてきたからです。

 政治家ですから当然のことです。



 では「情報の提供」があったのに国税はなぜやらなかったのか。


 「それを第三者に知らせる義務はない。」、それが国税の主張する「徴税権」です(笑)。



 これは「目こぼしをしていた」と言われても仕方がないことです。



 この資金は、実母の保有していた大量のブリヂストン株の配当が原資です。

 配当は株を保有している限り支払われます。


 かつて株が下がった時、弟の鳩山邦男が無邪気にマスコミに「数十億ってカネがなくなっちゃったw」なんて言いましたが、鳩山由紀夫は「よけいなことを」と、苦笑いしてたものでした。



 つまり彼は自分のカネのことはよく承知しており、税を払ってないことさえ知っていたのです。


 彼は悪人なんでしょうか? 裏金を作って幼女を買っていた?


 いや、みなが税金のことなどバレなきゃいい、そう思っているということです。

 それが普通の考えだということです。


 確定申告をボイコットしようが記載漏れをしようが、岸田をはじめ自民党の裏金と同じ、しらばっくれていればいい。



 ウクへの使い道の定かでない支援金、ワクの使途不明金、こんな馬鹿な税金の使われ方をしておいて税金なんかに意味などない。


 国税による税徴収は独裁状態です。税の使い道が問われるわけがありません。


 国税の徴税独裁に歯止めがない限り、税金などそんなものだということです。




 


 表題にある、払い過ぎた税金を返してくれるのが、「還付」というものですが、鳩山の脱税がこの限定された期間であったことを裏打ちするために国税は還付したのだとアタシは見ています。


 つまり「これだけの期間しか鳩山は脱税していない」、とのお墨付きを国税は与えたわけです。


 たびたび「情報提供」がありながら国税は鳩山を調べなかった。目こぼしをしていた。


 それを隠すための国税当局による偽装であったとアタシは思っています。


 また、納付すればいいってなら「脱税事件」なんてものはありません。

 鳩山を訴追すべきではなかったか。田中角栄の時とはまるで扱いが違うように思えます。



 引用した記事でも、国税は「悪質な隠蔽がなかった」などとしていますが、悪質であったから7年の時効となっていたはずで、国税の話には矛盾があります。



 この事件での国税の支離滅裂な説明と態度で分かるのはいかに税金というものがいいかげんであるかということです。


 そして納税者の権利が保障などされていないということ、それを見るのに格好のモデルケースだとアタシは思うのです。




 なお、付け加えれば、鳩山はたびたび国外へ出国をしています。


 この期間は当然に「時効の停止」があったはずなのですが国税はこれを取り沙汰していません。


 これは国税の不可思議な手ぬるさということで、この当時も言われたことです。







以下引用


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-12-26/2010122614_01_1.html



2010年12月26日(日)「しんぶん赤旗」

鳩山氏に1億3000万円還付

実母からの資金 贈与税、課税時効に


 鳩山由紀夫前首相が、実母から巨額の資金提供を受け、約6億970万円の贈与税を納付した問題で、国税当局が2002年、03年分の計約1億3000万円を鳩山氏側に還付していたことが25日、分かりました。税務調査の結果、悪質な仮装・隠蔽(いんぺい)行為がなかったと判断し、2年分は課税時効として還付したとみられます。

 鳩山氏の事務所は昨年12月、実母からの多額の資金提供について、02年から08年までの7年間にわたり計11億7000万円の贈与があったと申告し、約5億7500万円の贈与税を納付したと発表。その後、申告期限前だった09年分についても、今年3月に申告、3470万円を納付していました。

 実母からの月額1500万円もの資金提供は、鳩山氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」による偽装献金事件の捜査の過程で発覚したもの。

 鳩山氏は記者会見で、「お金のことは全く承知していなかった。贈与税を免れようなどという発想自体もあり得ない」と述べ、意図的な課税逃れを否定していました。しかし、長年にわたって申告を怠った結果、本来なら納付すべき税金を免れたことになります。





このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

  ・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

動画内検索のヒント


 動画内を検索する。

 面白いシーンにジャンプする。前置きを見るのを省いて本題を見る。エトセトラw。
 結構な難題です。


 そこでかなり原始的ですがアタシからのちょっとしたヒントw、

 最近、ユーチューブの動画で画面下に音声の波が出てくるものがあります。
 半透明で音のオシレーターみたいなのが出る。
 これを使うのです。

 波の高いところは音が大きいわけです。場面が多いに盛り上がったところだと考えられます。

 そこにクリックしてジャンプしてみると、主人公がバッタバッタと仇を倒している大団円の場面だったりしますw。
 ワアワアやってたり効果音が爆発してたりするw。
 衝撃の効果音とともに主人公が愕然としてたりする。


 音声で内容を予想するだけですから外れることもありますが、動画じゃなくて音声から探すこの方法はなかなか使えます。





 特に落語なんかを聞く時はなかなか便利に使えます。

 噺が何話も詰め込んでるものがあると、お題をひとつ飛ばすのに苦労します。
 だいたいの時間で見当をつける方法もありますが、落語の場合は時間は厳密なものではなかったりします。
 マクラが長くなっていつまでもおやりになる噺家さんもいます。


 「この映画は一時間半モノだからそろそろ悪党が倒される頃よね。」

 なーんてよく言う話ではあります(笑)。
 あらかじめ上映時間が分かっているからそんな風に予想するわけです。そう思ってたらドンデン返しされちゃったりしてw。


 ともかく、落語なら一番オシレーターの山が高いところ、音が出ているところに飛んでみるわけです。
 そこが盛大な拍手で湧いたところ、オチのところです。

 これで聞いちゃったことのある噺を飛ばして次の噺を「頭出し」するわけです。



 落語の噺の「お題」というのはシンプルなものです。

 「義太夫が襲ってきたら寝てしまえ」なんてタイトルにはしません(笑)。
 ごくシンプルに「寝床」なんてお題になっています。

 落語自体にヒネリがあるもんだからお題はあっさりしたもの、そんなところなんでしょう。


 しかしそうすると前に聞いた噺かどうか気が付かないことがあります。
 マクラが違ったりしますからいい加減に聞いてから前に味わった噺だったと気が付く。

 アタシのような半可通だと特にそんなことがよくありますw。
 何度聞いたって悪くはないですがどうせなら聞いたことない噺を聞きたい。
 それが人情ではないかw。


 ちなみに古今亭志ん朝という人、最近アタシがハマってる三代目古今亭志ん朝ですが、あの人のオヤジさんは五代目古今亭志ん生です。
 最近、志ん朝志ん生で同じお題をアタシは聞き較べたことがある。

 やっぱりオヤジさんの方が巧かった。アタシは感心したものです。

 志ん朝も巧い巧いと思って聞いてましたがオヤジさんは輪をかけて巧い。唸ります。
 もう音源はお歳になってからのものですがそれでも巧さが光る。

 較べればどうも志ん朝は落語に急ぎすぎるところがあるなとアタシは思った。

 まさか、それでオヤジは83まで生きたのにご本人は63で早死にした、なんてこともないでしょうがw。




 ああ、それにしても「頭出し」、なんて懐かしい響きなのでしょうかw。

 ラジカセ小僧たちが頭出しに血道をあげていた昭和の時代を思い出します。

 FMエアチェック野郎たちが神経を使って作ったオリジナルテープ。
 そのテープを貸し借りし、借りてきたテープを飛ばして好みの曲を探したものでした。
 DJのお喋りが入らない音楽だけのテープは便利でした。


 レコード盤なら曲の合間が読み取れます。ミゾの具合で曲が終わっていることは分かります。
 カセットテープはそうはゆきません。
 つながったテープです。その連続から音声が途切れた部分を取り出すにはテープを送らないといけません。

 ジリジリしながらテープを早送りしたものでした。


 そうして各種の「頭出し」機能を謳った製品も登場するようになりました。
 曲と曲のスキ間を狙って頭出し。
 「一発頭出し!」そんなラジカセのキャッチコピーが踊ったものです。

 ビデオデッキの時代になっても同じようなことが起きました。
 やがて早送りするのも面倒になります。いくら早送りすると言ってもそこそこ時間はかかるのです。

 せっかくエッチなビデオを借りてきても最初のダイジェストや予告編しか見なかったりw。

 コマーシャルをカットできるビデオデッキがスポンサーの圧力で発売中止になったこともありました。


 みんな切れ目を探していたのです。
 断絶を探ろうとしていた時代だったかも知れません。隠喩としてもそんな時代があった。


 デジタルなDXの今の世の中、ネット動画の頭出しぐらいできなくてどーするw。



 頭出しってのはピックアップするということです。

 連続したように見えても切れ目があって内容が変わっている。
 連続したものからギャップを見つけるわけです。そこから次の曲、次の列、次の場面に分けられます。
 見たいところだけを見たい、そうした需要はあります。


 映画の時短配信なんて、その違法性が話題になったことがありますが、つまらないかどうか、面白いかどうか、いちいち最後まで見ないといけないというのは確かに不便に感じられるかも知れません。

 しかし反面、最初から「面白い」なんて期待して見れば興ざめということもあり得ます。ネタバラシになっちゃうw。
 そこは痛し痒しなのです。


 だいたい、ジャンルから映画を探して見ればどうしたってどういう類の映画かはあらかじめ分かってしまいます。

 ホラー、アクション、コメディ、どういう種類の映画なのか、予想された上で見るというのも変な話ではあります。

 本当は「何か映画を見よう」と思って見て、驚いたり共感したり笑ったり、そういう出逢い、その驚きが一番だと思いますが、なかなかそういうことにはなりません。


 チケットをもらったとか、事前知識なしに映画を見たらすごく面白かった、心を揺り動かされた、そんな経験は誰にでもあると思います。

 野球の結果が分かっていながら録画を見る、あの虚しさったらありません。
 結果を聞かないよう耳を塞いで帰宅したりするww。




 「出る杭は打たれる」

 「頭出し」という言葉で頭に浮かんだ言葉です。

 そんなことがあるもんだから、みんな黙って頭を出さない世の中になった。
 映画のレビューみたいに人が事前評価されてしまう。AIで資質判断が無責任に判定されてしまう。

 人間の無限の可能性なんて誰も考えてくれない。
 ヒトは機械のように使われて捨てられる消耗品。

 顔や服装を見ればどういうジャンルの人か、どういう性格か決め付けられてしまう。
 閉塞感があります。


 そんな世の中で頭出しをするのが嫌になった。頭出しをしないようになった、そんな時代ということでしょうか。

 非効率だがしゃーない、全部見るのが正当じゃないか、と。
 せいぜい動画の再生速度を上げるぐらい。

 そんな風にみんな諦めているのか、どうか。
 

 ああっ!
 それで無駄な時間にならぬよう歩きスマホかっ!w



 調べてみると、動画内の検索ってのも色々と研究され実装が進んでいるようです。
 アタシも遅れてた(汗)。

 グーグルからもVertexAIプラットフォームで提供されています。以前はVideo Intelligence APIとして利用できていたものです。


 動画内部にタグをつけるのは、PDFファイルに「しおり」をつけるようなものです。
 そのタグを目当てに特定のシーンにジャンプすることができます。このタグをつけてくれる。

 機械がやってくれなければ人力でやることになります。昔はそういうやり方もあったかと思います。


 そんな学習機能を使って動画内部にタグを自動でつける方法がすでに進んでいます。

 この学習はやはり動画のオブジェクトからやらせるようです。
 「学習済みモデル」というのも各種出回っていてそれを使うこともできます。

 サイトにある画像にはAlt記述をしろなんて、グーグルはちゃっかりオブジェクトのタグを収集しているのではあるまいか。


 すると、映画の中から「クルマが衝突するシーン」なんてことで動画内を検索できる。
 あるいはキーワードを入れて動画内の出来事を検索できる。

 「XXXが映っているシーンは動画ファイルのどのフレームか」、動画を再生せずに検索して頭出しができるわけです。
 いくつもの映画のアクションシーンだけを切り取ってまとめてしまう、そんなこともできる。

 「面白い」かどうかまではともかく、「どんな事象なのか」はキーワードで検索できます。
 自分の関心のある動画部分だけを抽出できる。

 そんなことがだんだんとできるようになってきた。

 これもAIと呼ばれるかも知れません。




 結局、辿り着く先は自由検索ということになるとアタシは思います。


 動画を読み込ませてあらかじめタグを作っておいたり、タグを生成してから検索するより、リアルタイムに検索したいわけです。
 早いし固定したものから検索するのではありません。今しも動いてるところを検索する。

 「動画を再生せずに検索ができる」と言っても、機械があらかじめ動画を視聴しているか、人間がひととおり見ているかの違いでしかありません。

 リアルタイム検索。


 実際、今のデジタル世界にしてもそうです。
 ネットにしてもパソコンにしてもリアルタイム検索ではありません。
 あらかじめ検索列を作っておいたりインデックスを作成しています。

 グーグル検索はインデックスされているからサイトが検索に引っかかるわけです。


 するとリアルタイム検索は予測ができないといけないことになります。

 コンピュータがこれから起きる事象を予測して新しい動画やテキストを検索するのです。
 例えばロボットとチャットするなら、こちらが入力した文章を見てコンピュータは何の情報が生成されてゆくか先回りして理解してゆきます。

 こういうことになって始めてAIの真価ということになるのだとアタシは思います。



 しかしちょっと恐ろしい話ではあります。
 どんなに精度が高い予測でも間違うことはあるからです。

 そして人間や現実の事象から学習する以上、人間を越えることはありません。
 ここは流行りのチャットGPTと同じです。


 そうして人間の限界や存在をコンピュータが規定してしまうということになります。
 ちょっと怖い。

 怠け者ならコンピュータが出力した結果に頼り切るようになります。
 一部でやっているようなAI採用面接なんてのがあります。
 他の人のパーソナリティと較べたり類型化して採用判断してしまうのですが責任の所在がありません。

 こういうAIの行き過ぎに警鐘を鳴らす人もいます。


 アメリカの諜報システム、世界規模のネット諜報システムと噂のある「エシュロン」ですが、リアルタイム検索なのか、どうか。


 まあいくら制度の高いAIでも、使う連中がバカではどうしようもないということwww(笑)。
 最後にはアメリカ政府がAIによって排除されてしまうかも知れません。

 そっちの方が確率は高そうですがw。


 
おそまつ



このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > ヒント

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全173ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex