・毎週火曜日 100円サプリはココ   ・無料 お得HISクーポンはココ

ターツァイに喝入れ


突然ですがw、「喝入れ」と言う、そんな言葉があります。
 「かついれ」と読みますw。
 座禅なんかで、肩を打たれる時とか(笑)。
 「気合を入れる」なんて言ったりもします。

 コロナで今はどうか分かりませんが、座禅をさせてくれるお寺さんは各地にあります。


 ここで私が言う「喝入れ」も似たようなものですが、我々がカツを入れる側ですw。


 かつてPCオタクの間ではよく言われたことでした。ご自分でPCを組んだ人ならご存知かも知れません。

 ヘタれてきたマザーボードや挙動不審になってきたグラフィックボード、そこに新しい電池を入れるとか軽くショートみたいなことをして、軽くカツを入れる。
 気合を入れてやる(笑)。

 そうするとアラ不思議w、また正常に動くようになる、そんなやり方です。

 最近のPCはもっと高度化しているからそんな心配はないのかも知れませんがw。


 テレビが室内アンテナだった昭和の昔、映りの悪いテレビを叩いたなんて振り返りのこと。
 考えてみればあれも「喝入れ」には違いなかった。


 そのテレビも今はデジタルになり、結局、人間というものが一番「喝入れ」が必要というのは、昔と変わりないことかも知れません。


おそまつw





 先日、「ターツァイ」を買いました。
 処分品でヘナヘナでしたが、茎が折れてはいなかったので買いました。


 ターツァイは中国野菜ではありますが、輸入野菜ではありません。日本で栽培されている安心できるものです(笑)。

 日本には昔から色んな野菜が入ってきて栽培されてきました。
 昔から渡来種を受け入れてきたのです。

 我が国は豊かな国、心が豊かな国なのです。

 今なら「外来種」ということで、ちょっと思料は必要かも知れませんが、こういう食材というのは栽培して食べてしまうものです。

 だから「外来種」なんてことで問題にはならないのかも知れません。


 「生態系」という考え方をすれば、それぞれの土地に適合したものが根付いていたはずが、渡来種によって淘汰されてしまうとバランスを崩すという問題に気付きます。
 それによって、ひいては我が国の文化的なことが危機に瀕する、ということ。

 そんな考え方ができるというなら、外国人労働者の受け入れについてももっと慎重にならないといけないとアタシは思う。

 それで日本人の雇用を脅かしているなら何もならないのです。






 チンゲン菜というのも有名な中国由来の野菜です。

 昭和50年代ぐらい、チンゲン菜が入ってきてスーパーで売られるようになった頃をアタシはよく覚えています。
 「中国野菜」なんて言って売っていたものだから、みんな中国からの輸入品だと勘違いして訝しげにしていたww。

 今ではチンゲン菜は家庭でごく普通に食べられている食材です。

 野菜炒めなんかに重宝しますが、しかしあれをおしたしで食べている人は少ないと思うw。
 チンゲン菜というと、なぜかたいていの人が野菜炒めや八宝菜、つまり中華風に調理していると思いますw。

 賭けてもいいですがw、チンゲン菜を天麩羅にするご家庭はないはずですw。

 中国野菜という、抜きがたいイメージに影響されているということでしょうwww(笑)。





 同じ渡来種の野菜で、ターツァイのかなり大きな株がひとつ30円の処分でした。

 ターツァイって「野菜」の「菜」のところを「ツァイ」と読むわけです。
 チンゲン菜は、つまり「チンゲンツァイ」というわけですw。

「チンゲン」って呼ぶんじゃ締まらないわよねwww


 ターツァイの処分品、これは嬉しいものでした。
 見た目は悪い。
 クタッとくたびれています(笑)。

 しかし買えるのです。お買い得。


 「子供の頃の駄菓子程度の値段」、それがアタシの買い物のキーワードです。

 子供の頃に駄菓子屋で買っていたような値段でオカズや酒のツマミが一品作れてしまう。
 「モロキュウ」だって居酒屋なら安くても250円はする。

 ちょっとしたツマミが駄菓子屋の「キナコ飴」程度で買えるのです。
 それなら「買い!」w

 まあ・・・、とは言っても歴史的なデフレ状態ですから、それもどうだかw。





 ともかく、こういう青菜、緑の野菜は茎や葉が切れてたり折れてなければ処分品はお買い得です。

 しなびてクタッとしていても買うべきです。

 買ったら、水に濡らして暫く放置しておく。


 するとあら不思議w、葉もピンピンになります。
 花瓶に生けてもいいですが濡らして置いとくだけでもピンとしてくる。

 すなわち、「野菜のカツ入れ」なのですww(笑)。

 野菜に「喝」を入れると、それこそ定価で買ってもいいぐらいの新鮮野菜に戻ってくれます。それが楽しいw。

 陽に当てたり、日陰に置いておいたり、それぞれ様子を見ながらやります。


 


 しかし、これは別にお店がこういうやり方を知らなくて処分になってるわけではありません。

 意外と気が付かないことですが、野菜には賞味期限が書いてありません。
 野菜はその状態で判断されています。

 それは店がわざわざ水に濡らして喝入れするなんて手間だというだけ。
 その手間賃の分、我々に安く売ってくれるということでしょう。


 わざわざそんな水耕栽培みたいなことをやるぐらいなら、さっさと処分した方がいい、そんな理屈。
 商売は回転が命なのですw。


 この「野菜の喝入れ」ですが、もちろんチンゲン菜にも有効です。
 家内の経験によれば白菜とかキャベツ、長ネギなんかは逆効果だそうで、ホウレンソウとか小松菜、そんなのが喝入れに向いているといいます。

 手間はかかりますが、根っこつきの小松菜なんてプランターに根っこの部分だけを切って植えておくと、ちゃんと成長してまた葉がついてくれます。

 おためしあれw。





 キャベツと白菜に関しては、付け根の部分を紡錘形にくり貫いたり、包丁で尻の部分にバッテンの切り込みを入れておけば長持ちします。

 成長を止めるとダメになりにくいというわけ。
 「逆カツ入れ」wです。


 なかなか面白い。

 気の利いた八百屋さんだと、そうして白菜に切り込みを入れて売っていたりします。

・・・ま、まあw、痛みにくくなるってことは「古い白菜を売ってる」とも言えますが(汗)。


 アタシは独身時代、ニンニクを水栽培したらいつまでも「ニンニクの芽」が取れて食べられるというので試してみたことがあります。

 でも上手くいきませんでした。
 本体のニンニクの方がカビしまってすぐにダメになった。
 ちゃんと水代えはしていたのですが、本体のカビの方には気が回らなかったというオチ。

 それにニンニク本体がみるみる痩せていったのがショックでしたw。

 ありゃニンニクの芽にとっては電池みたいなもんです。
 でもその電池の方が高いのですw。




 ターツァイがピンピンになったので、味噌煮込みうどんの薬味に入れました。
 青菜は茹で過ぎるとビタミンが壊れてもったいない。


 かすかな青味が珍しいお味です。
 茎も葉もビシッとして歯ごたえがあります。


 あまりにピンとしているもんだから、歯に茎の繊維が挟まって困ったぐらいです。
 とてもクタクタの状態だったとは思えないほど。
 嬉しいw。


 あれ? でもこれwww・・・。すると家内が指摘した。

「加齢で歯にモノが挟まりやすいだけでは?www」


いやんw。

おそまつ



続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

  ・毎週火曜日 100円サプリはココ   ・無料 お得HISクーポンはココ

つぼ漬けへの華麗なる転身

 このところタクアンを自分たちで作っておりました。

 もう干すような季節じゃないから新しいのは作りません。
 すぐにカビが生える。

 これまで漬けたものを食べるだけです。

 その中で、あんまり長く大根を干したもんだからすごく固くなってしまったのがあった。

 少し水につけて戻してから塩と砂糖で糠漬け、つまりタクアン漬けにしました。



★ 漬かったものを出してみると、でもまだ固い。
 今度は醤油と砂糖、酒と酢に浸してみます。

 少し戻ったところでそのまま茹でたら、立派な「つぼ漬け」になったw。

 一度糠漬けにして発酵させてから作ったので本格的なつぼ漬けです。
 これが美味しい。
 コリコリはいつものタクアンの触感だけど、甘くて醤油系でしかも強い発酵した味がします。
 とてもクセになる味でご飯がすすみます。


 家内の記憶では、初めて京都のつぼ漬けを食べた時、やはり強い匂いを感じたそうです。

 そーいや、アタシも、やはり初めては京都の土産にもらったつぼ漬けだった。
 その印象が強い。

 確か子供の頃、修学旅行に行くのをアタシが「具合が悪い」なんて理由をつけて拒否していたら、同級生の女の子が心配してくれてアタシの説得に家に来てくれた。

 「一生の思い出になるんだから行かない?」なんてw、彼女は言いに来た。
 なんだかその赤面しそうな青臭いセリフが照れ臭くて、アタシはつっけんどんに「その頃は体調が悪いと思うんだ」なんて、w変な答えで逃げてしまった。

 結局、集団に同調するのが嫌だったアタシは拒否。

 彼女には一生の思い出になったのか、アタシに土産につぼ漬けを持ってきてくれた。
 珍しい味だと思って美味しくいただいた。
 ケチケチ食べてたせいでカビてしまったけどww。

 眼鏡っ子で、なかなか可愛い子だった。
 今はどうしてるのかw。





★ 実はこの「つぼ漬け」の発祥は九州らしいです。
 ネットで見た家内から聞いた話。

 昔、昭和40年代のこと、全国的にタクアンがブームになったことがあって、生産が追いつかなくなった。
 いちいち干した大根を発酵させていたら間に合わない。

 それで簡易なモノとして、干した大根を小さく切って醤油と砂糖、酒と酢に漬けて「つぼ漬け」としてみたそうな。

 だから元祖つぼ漬けというのは発酵はしてないらしい。

 そのうち、各地でもタクアンを作るようになって、九州のつぼ漬けはタクアンの代替品としてそれほど人気になることもなく今に至るとかwww(笑)。

 つまりいちいち発酵させたタクアンを醤油漬けにするのとはまた別ってこと。
 京都のは独自に始めたものなんだと思います。


 家内が最初に食べた京都のつぼ漬けは竹の入れ物に入っていたそうで、それが面白くておもちゃとか色んなものをとっておく小箱に使っていたそう。

 だけど、いつも開ける時、ものすごい匂いがして、それがまるで取れなかったんだってwww。
 直接入っていた訳はないから、匂いが移っただけのはずだけど、それにしても匂いが強かったんだってw。

 そんなつぼ漬けの振り返りのこと。





★ こういう失敗しかけたものとか、残り物を他に作り直すって、「転身」っていうのとはやっぱり違うかも知れません。

 「リメイク」って言い方が一番合っていると思います。


 それじゃあ他のお料理でリメイクって何があるかというと、どうか。


 例えばお弁当の残りをリメイクして八宝菜にするとか、チャーハンにするとか。
 チャーハンやピラフを残ったのを雑炊にするとか。

 残ったサラダは野菜炒めにしてリメイク。
 餃子の具の残りはハンバーグになる。
 カレーのルーが残ったら延ばしてカレー蕎麦なんて、アタシの一番の定番w。


 アタシは最近、ナポリタンへのリメイクに凝っています。

 わざわざパスタを大目に作って、ミートソースやタラの塩パスタを作る。
 食べない分を麺だけタッパーに保存しとく。

 翌日、その麺を使ってケチャップをたっぷり、ミックスベジとベーコンなんかでナポリタンを作る。

 基本アルデンテが命のアタシでも、唯一の例外はこのナポリタン。

 よーくケチャップを焦がして、麺がふやけて膨張したのがナポリタンです。
 ナポリタンはそんな日本発祥のお料理です。


よく知られたことだけど、ナポリタンなんて料理はイタリアにはありませんwww(笑)。

 転身丼(天津丼)も中国のものではないとか。
 連中に言わせれば「武漢ウィルス」もないらしいけどw。


おそまつ

めいしくおしあがれ


続きを読む

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記



KINGSOFT Internet Security

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 似たようなのばかりGoogleは検索し、ポータルはステマばかり。商業サイトの薄っぺらさにも飽きる。

 居場所の狭くなったネットを広くするため、泳ぐことは止めないブログ。
 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。

  一部広告による読み込み不具合を過去記事まで修正しました。(2021/03/29)

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > ヒント(短文)

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank
  • rank

【記事内 Google 検索】
入力してEnterで検索!
だいたいの頁ジャンプ
全121ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
記事タグIndex