・毎週火曜日 100円サプリはココ   ・無料 お得HISクーポンはココ

祝 宣伝消滅

一週間の時間がかかることになっていたので少しヤキもきしたが、やっと宣伝テキストが消えてくれた。
 予定通り本日に消えたようだ。

 こちらのブログと関係がないのにアレが表示されてしまうのは嫌だ。テキストとは言え、ウザい感じがした。というか、TV系の宣伝にイラっとした。「バイ菌グなんとかが・・・」って、あれテレビでしょ。すごくイラっときた。違うカンケーならよかったのにね。
 消すのはどうしたらいいのか気がつかなかったが、「ブログの設定」で「画像の高速表示」をやめればよかったんだ。
 色々あって気がつかなかった。しかしもともとはチェックされていなかったかも知れない。
 つい高速表示にチェックしてしまっていた。こういうのを常につい反射的にやってしまうというのは乞食根性ならではである。反省したい。PCが遅いという自覚だけがあるもんだから。

 アクセスカウンターもページの表示が重くなったのでよした。
 アクセス解析なんかやって遊んでみたいが、やると宣伝リンクになっているようでもっと重くなるかも知れない。
 まあ、ページはシンプルがいいのは当たり前だけど。
 一部の他のFC2の宣伝は残すしかない。スペースを借りていることには違いがないから。



 本格的に九月。
 これほどちゃんと夏休みだったことはなかったかも知れない。休みボケで再始動が遅くなりそうだ。
 すっかり蝉の声は聞かれなくなった。ツクツク法師は夏の終わりだったはずだが・・・。ヒグラシの声がした。あれは秋の初めだったような。 




 「脱原発」を支持している。
 「反原発」ではないし、「原発推進」でもない。
 特に「反原発」などとやるのは、いかがわしい反日勢力、中韓連中の工作としか思っていない。

 それで先日、奇妙な写真を見た。
 どっかでデモだか少数でやったような騒ぎなんだろう。
 国旗と旭日旗がかかげられていて、プラカードがある。そこには「反原発など意味がない」「原発推進バンザイ」「Yes Nuke!」と書いてあった。
 どうしたってこれはテヨンどもの工作でしかない。
 あれでなぜバレないと思えるのか。「テヨン死ね」と自作自演し、ヘイト反対などとやらかした、まさにあの手口、アレだ。


 大人しい日本人一般大衆の前で騒いでみせ、「脱原発のためには自民じゃなければいい」などと、市民に反発させることを狙う白々しいお芝居だ。
 狼少年と同じで、こういうことをやっていればまた必ず大本営になるよ。その時は同情はしないい。大杉栄のようなものだ。扇動したから反発されたのだ。自らの責任を棚に上げた被害者ツラの扇動者などありえないから。

 こんなのに騙されるのも少なからずいるんだろう。それがオレオレ詐欺に引っかかり、毛フィアとやらにケツの毛まで抜かれる。


 昔から右翼の街宣車は朝鮮人がほとんどの構成員で、実態は中身はヤクザ。
 あの半島は暴力団が支配層のケツ持ちをしている社会。同じやり方でそういうのが右翼となり褒め殺しなどをしてタカったりしていた。
 今回のこれもまるで同じ。
 最近は左翼のフリもしてきたから、日本には「左翼も右翼もいない」という事実認識は正しい。
 左翼を名乗り、リベラルに偽バッチをつけて詐欺師が集まり政党を作っている。枝野は革マル、辻元は中核か。いや生コンか。
 どちらも全員が絶望自暴自棄の売国奴と外国人なのだ。


 だからいまこの国は「一億総ネトウヨ化」している。それは正しい表現だ。静かに冷静で穏やかだが強い日本人が目覚め始めている。

 それにしても、どうしてこんな連中は日本にいるのかと思う。日本に滞在を許され、さらなる餓鬼道をはいずっているのか。呆れるばかりだ。
 日本人が嫌いだというのに日本人のフリをする。嫌いな日本にスリ寄ってくる。旭日旗で傷つけられたなどと騒ぐくせに平気でこういう工作に使う。話せない英語をさも話せるかのように並べてカッコだけをつける。
 プライドも何もなく、言動に一貫性がどこにもない。芯がない。
 信じられないぐらい愚劣なのだ。



 そして、それだけ安倍が嫌いだという割には、賭けてもいいがその理由は連中には言えないだろう。言えば自分らの企みと嘘、朝鮮勢力というものを暴露することにもなってしまうから。
 こんな連中に乗せられる日本人で、絶望の生活不満分子はともかく、この朝鮮連中は曖昧な不安のまま、「これまでとは違う日本の正しい歩み」をいちはやく感じて心から怯えている。
 それが安倍というわけだ。

 日本が正しくはっきりした社会となり、連中への視線がキツくなっては困るのだ。
 透明性のある社会になっては困るのだ。
 根拠不明の永住滞在許可と二重国籍、よく見えない連中の既得権益がせいぜい通用するままでいたい。その悲痛でミジメな願望、それが安倍氏ねになる。

 安倍はそんなことは普段から言っている。戦後レジュームからの脱却が必要だと。
 戦後を語ることなど、もはや妄言でしかない。
 今、すぐそこに迫りつつある中国の覇権主義と独裁暴力国家の脅威と暴走の前に日本は備えないといけない。
 そういう独立国としての当然のことを表明しているだけだ。それをマスゴミは報道しない。



 このまま石破茂は憤死するしかないだろうが、そもそもその意図しているものが何なのか意味不明だ。幹事長までやっておいてまるで野党のような言い草とビジョンのなさ。権力欲しか感じない。
 あんな態度を一度でもとってしまえばおしまいなのだが、本人は何を考えているのか。まさか安倍の次を名乗り出たつもりなんだろうか。

 次は河野外務大臣ら、若手がいくらでも控えている。


 

テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

  ・毎週火曜日 100円サプリはココ   ・無料 お得HISクーポンはココ

思い出を辿る旅支度

雑誌の切り抜きがあった。
 ずっと今よりも活字が輝いていた時代。 

 懐かしさに泣かそうか。(笑)


KINGSOFT Internet Security

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 似たようなのばかりGoogleは検索し、ポータルはステマばかり。商業サイトの薄っぺらさにも飽きる。

 居場所の狭くなったネットを広くするため、泳ぐことは止めないブログ。
 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。

  一部広告による読み込み不具合を過去記事まで修正しました。(2021/03/29)

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 未分類

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank
  • rank

【記事内 Google 検索】
入力してEnterで検索!
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
記事タグIndex