・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

「餓えてんねん」(ウェディングベル空耳)


 うなぎ巻きの寿司などと言って惣菜が売られとりました。
 鰻の蒲焼でご飯を包んで切ってあります。寿司みたいなものですな。
 いや、寿司そのものですやんけw。

 それにしても、いったい、いつの冷凍モノの解凍した惣菜化なんやねん(汗)。
 夏場、大量に仕入れてやたらと売れ残っとったけんどw。


 半額で600円。
 あらかじめ切ってあって6個ありましたわ。一尾からはちょっと短い長さ。
 
 半額だからお得ですやろ?

 そらあそうかも知れまへんな、鰻の蒲焼で500円はしまっしゃろ。




 いや、あきまへんわ。

 ほしたら一個の鰻の寿司が百円ということですがなw。

 「回転」なら二個で百円ぐらいでっせw。一皿に二個。


 高こうないですか。
 ああ、ホンマや高いわ。 普通の大きさでこれはないわ。


 回転寿司だとどうなんやろう、そんな基準があると便利なもんですな。
 アテは買わずに済みましたわ。



 ・・・メチャクチャな関西弁になっちゃいましたが、その秘密はこのすぐ後www(笑)。






 アタシが鰻を手に取って考えてたら家内がハイローラーを持ってきた。
 ハイローラー、射幸心が煽られる名前ですw(笑)。

 しかしこれだって高いぞ。割高ではないか。
 こういうハッタリものは割高なんだ。

 「うーん、そこにチキンカツがあるじゃんか。」そっちの方がお得でずっと食べ応えがあるでしょう。アタシは我に返った。


 好みなんか特にありません。なんとなく油もの、揚げ物、惣菜が食べたいというだけです。特に何がと言うこともない。
 お得なものを半額で買いたいというだけ、みながそこに群がっています。


 結局、鰻巻きを投げて、ハイローラーを取ったら「エース」が横から鰻巻きを取った。
 「エース」というのは常連の中国嫁のこと。
 いつも我々より先に我々をロックオンしてくる。強敵ですwww(汗)。


 「鰻巻きはさっきエースが投げたのを取ったんだよwww。」

 「今度は我々のハイローラーをエースが取ったってのか。」


 ・・・なんちゅうババ抜きなのか。

 結局、アタシたちはチキンカツにした(笑)。





 家内は「手に持ってるだけ」なんて言って持ってきたのでしたが、そういうのを許さない厳しいスーパーもあるんです。

 一度でも客が手に取っちゃったものは貼ってるところに持っていっても意地でも貼ってくれないの。
 「一度取ったものは貼りませえん。」
 「手に取ったら買ってくださぁい。」なんて、怒気を含んだ声でオバちゃんが言うw。


 そうすると、まあ、貼られた同じのと交換してそっちの方は投げられちゃうものなんだけどw。


 だからそんなスーパーは半額シールが貼られていたはずなのに3割のモノとかがあったりする。
 絨毯爆撃されたのになぜか半壊の状態の建物が残ってる。ヒロシマドームw。

 あの現象はこういうタネ仕掛けがあるのですw。


 そこいくと回転寿司の場合はそういうところには「規範」というのがありますw。

 めったにそういう掟破りの客はいません。
 自然にそういう規範ができてうまくいっているようです。なかなか教育的ではないか。





 レーンから取った寿司の皿を見て「アカン、こりゃインどるわ。」なーんて元に戻してしまう人、投げる人、、、いないでしょう(笑)。
 まあ、いたらきっと君は関西人www。


 だいたいレーンを回っているものなんてどのくらい周回遅れなのかも分かりません。
 常識があれば普通は手なんか出さないものです。

 だから、回転しているのはあくまで「ディスプレイ」に過ぎません。
 食欲を刺激するための彩り。
 いっそ蝋細工のフィギュアにしたらいいのではないか。


 しかし、時間差で別々に同じものが回っていて、どうやらどちかが新しくさっき職人が流したものらしい、流すところを見逃した、そんな疑いが生じる時があります。

 流れてくる場所が違います。
 まさか手にとってから両方を比べて見て、どっちが古いのか、なんて比べたりできません。

 ひと皿ずつよく見つめて判断するか諦めるしかない。
 見ているうちにまた流れてしまう、何周も見送ればまたそれも古くなってしまいます(汗)。


 回転寿司の厳しい掟は神経衰弱のようでもあります(笑)。






はいっ! そこでっ!

 い、、、いえーーーーーいぃぃぃ!www


  よし! 酒はある!チキンカツも!

   声に出すぜっ!  一緒に歌おうZeeeee!!!www






 再生しながら合わせて歌うと楽しいよっw

【餓えてんねん (「ウェディングベル」空耳)

 餓えてんねんでえ~
 (カラカラなんねんで♪)
 飢えてんねんねんでえ~
 (本気だったのよぉ
 餓えてんねんで~
 飢えてん、でんねんでえ~

   (前奏♪)

 お皿が新規に静かに流れて
 (始まる 始まる
 おヨネさんが私の横を過ぎる
 (ムラサキがキレえ
 このネタねあなたが食べるネタは
 (何度も、見たわ
 私の方がずっと新しいみたい
 (ずっとずっと新鮮みたい
 そうよ、シャリに乗せられ金の皿に 上がる夢見ていた私を
 なぜなの、ショーケースの一番 後ろの隅に、
 ひとりぼっちで腐らせておいて
 オーダーあるまで布巾かけてたなんて、
 ひと言、言ってもいいかな
 (くたばっちまえ。 雨ん♪

 おアイソの時は耳をふさいでるの
 ガリの交換は目をとじてるの
 職人さんのやわらかな通る声が、
 何度も聞こえてふらつきそうだわ
 そうよ、サビ抜き注文 受ける日を、レールに流され夢見ていた私は
 握った職人に言ったの。 『幸せよって
 回らぬお寿司は嫌いだなんて
 あの優しい目はなんだったの、
 もいちど、言ってもいいかな
 (くたばっちまえ。 雨ん♪

  (乾燥♪)

 子供の拍手の中プリンがつかまれ
 (大人はせんのよ
 どんどんあなたが近づいてくるわ
 (私はここよ
 おヨネさんの目に喜びの涙
 (ワサビの 涙
 悔しい涙にならなきゃいいけど
 (そうね ならなきゃいいけど
 そうよ、もうすぐあなたは私を見つけ
 無邪気に微笑んでみせるでしょう
 そしたら こんなふうに言うのよ
 お久しぶりね
 おめでとう、とても美味しいネタよ
 どうもありがとう周回遅れを
 私のお祝いの言葉よ
 (くたばっちまえ♪ 雨ん♪

 (あーあーあー。 雨ん♪




 梅雨です。色々とモノが痛みやすい季節。
 湿気で菌やカビが繁殖する。
 こういうのはアルカリ性にしておけばいいんだとかw。

 寿司屋には梅雨時なんかに行くものじゃない、昔そんなことを言っていた人がいました。

 まあ、雨で傘なんかをビショビショさせて店に入り、「レインコート」なんて言ったら洒落が古過ぎるw。
 あっ、いえw、そこは、「カッパ巻き」という・・・(略)。


 だいたい店内は蒸すようなジメっとしているような微妙なものです。かといってクーラーってのもちょっと肌寒い。そんな季節です。
 どうしたってスカッと寿司を食うなんて気分にはなりません。


 アタシが若い頃に通った、とある回らない寿司屋は梅雨時でも寒いぐらいクーラーをブン回してたものです。

 分かります。
 だいたい梅雨時はモノも痛みやすいのです。

 どだい、回転寿司も痛んだからって半額処分にしないもんだから。


 今、ウチにはシメ鯖が冷凍してあります。切り身のシメ鯖が四つもあるw。
 最近はノルウェー産のシメ鯖がすごく安いの。
 こんなに安かったことはなかったかも知れない。お勧めですw。



めいしくおしあがれ




続きを読む

このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

  ・アメリカ製サプリメントなら「サプリンクス」    ・無料 お得HISクーポンはココ

【文学的小品・改訂】心のサンドピクチャー


それはちょっと昔の振り返りのこと。

 特殊(※1)な技法を習いに家内が絵画教室に行っていたことがある。
 美大では教わらない技法だというので通うことにしたのだ。
 教室といっても、それは市民サークルみたいなものではあったが。


 家内は楽しく通っていたが辞めてしまった。
 私が邪魔をしたようなものだ。
 同好会のようだ、なんて私は嫌味を言った。

 思い出しても腹の辺りがゾワッとする。
 嫌な風のようなものが体を吹き抜けるのを感じる。悔恨に胸が締め付けられる。
 申し訳なさで一杯になる。


 私には家内といることがすべてだ。
 家内と話し、暮らして、生きていることを確かめる。
 それなのに私は家内の楽しみを台無しにしてしまう。


 ある日、「もう覚えることはない」なんて言って家内は通うのを辞めてしまった。
 ノンビリと教室に行って楽しく絵を描いていたはずなのに。




 私はその教室のクリスマス・パーティに図々しく顔を出したことがあった。
 何か売りつけてくるんじゃないか、そんな顔をして教室の講師は訝りながらも飛び入りした私をみんなに紹介してくれたものだ。

 私が訪れたのを少し不審がる教室の生徒たち。
 しかし私は社交には自信があった。
 難なく私はパーティーに溶け込んだ。

 熟年や壮年、主婦らの生徒たちの中で家内はとりわけ美しく、ひとり輝いていた。 私はそれを誇らしく眺めた。


 私は自分の厚顔を知りながら輪の中に入っていった。
 場違いな自分を自虐的に追い詰めて、私は惨めさを味わいたくなったのだった。

 みんな最初はおかしなのが出しゃばって来たと思っていたことだろう。
 しかし、私はまるでタイコ持ちのようにパーティーを盛り上げた。
 会話のとば口を開いてやり、右に左にと話題を振って話を聞いてやった。


 帰り道、今夜は面白かったと喜んだ家内を思い出す。
 冬の夜空はキラキラとして星がまたたいていた。
 それを見て、私はさっきまでの自虐感と、家内と一緒にいる幸福の両方を楽しんだ。


 家内は私がパーティの盛り上げ役を買ったと思っていたろうが、私が人々とずっと溝を感じていたのは黙っていた。
 心から楽しんでいたわけではない。
 いつものことだ。
 人とはどこか違う。




 講師の画家は絵で食っているというのだから、たいしたものだ。
 私は嫉妬のようなものさえ感じた。
 家内にもできるはずなのにと密かに悔しく思った。

 こういうのは人脈商売のようなもので、絵自体が評価されたというのでもない。
 扱ってくれる画商を見つけて売ってもらい、継続して絵を制作できる環境にいられればそれでいい。


 現役の画家が成功して蔵を建てるなんてことはありようもない。だから教室なども主宰する。
 ただ製作を続ける絵の具代、暮らしが出来るだけでいい。
 そして、いつか自分の絵が特別な場所に飾られることを絵描きたちは願う。

 好きなことをして生きていけるのは羨ましい、私は率直に思ったものだ。


 講師の画家はボンヤリとした、ギラギラしたところのない人で、まるで「昼行灯(ひるあんどん)」というような人物だった。
 迫力とか覇気があまり感じられない。
 彼からは熱情に駆られたり鬼気迫る姿が想像できなかった。

 家内はよく教室での講師とのやり取りを面白おかしく話してくれたものだ。
 何事もピンとこない人で、自分の絵について製作意図を話してもボヤっとしている。その反応が面白い、そう言って家内は笑った。


 しかしそんな人物に限って技術は身につけやすいのかも知れない。
 なんとなく私はそう思った。

 描く絵はどれも小品のようだったけれど。




 私は物事に打ち込むことにひどく暗いイメージを持っている。
 それが何であろうと、情熱に駆られた魂は狂気へ向かうと思うからだ。

 絵描きだったら腕が千切れそうになるまでキャンバスと向き合うものではないか。
 毎日毎日、血眼になって、絵の具まみれになって作品を追い求めるものではないか。


 生きるのは苦しいものでしかないと私は思う。
 何かを犠牲にしなければ魂が求めるものは得られない、そう思う。
 自分を削って人は何かに打ち込む。
 だから死ぬことは救済だ。苦しみからの解放なのだ、と。


 しかし、そんな感覚は間違っているのかも知れない。
 
 家内はいつも幸福そうでハッピーな人だ。
 なんでもメチャクチャになってしまう私とはまるで違う。
 彼女は追い込まれたりしないし、何事につけ辛く思ったりはしない。


 一方、自分がどんな人生を生きているのか私には分からない。
 苦しい心がいつまで続くのかと思う。
 そんなことを思うと惨めで泣きたくなる。心が痛くてしょうがない。


 気が狂ったような世の中で私は自分を平静に保つため狂気を宿す。
 真実は守られるべきだ。流されるなんて真っ平だ。

 でも穏やかさには努めないといけない、家内にはそう教わった。




 それは夏も終わりのことだった。
 ある日、私は都市部の街を訪れた。

 仕事の打ち合わせが終わって散歩がてらに商店街を歩いていると、偶然にもその画家が個展をやってるところに出くわした。

 画廊があればちょっとは私も関心を持つ。 見つけたのは偶然だ。
 貼り出されたポスターの名前ですぐ分かった。

 こんなところで個展をやってるなんて知らなかった。
 きっと家内には案内ぐらいはあったかも知れないが、には全くの奇遇だった。


 そこは小さなビルの画廊で、半地下へ降りてみると講師の画家が真ん中の椅子に座っていた。
 画家は驚いたような顔をしてを見上げたが、はにこやかに挨拶を返した。

 画家の向かいにはえらく大柄のヒゲをたくわえた男が座っていて、何やら議論をふっかけている最中だった。
 無頼漢のような風体をしていて、私はかつて所属していた劇団の座長を思い出した。


 画家は男を美大時代の先輩で同じ絵描きなのだと私に紹介した。
 そうです、と答えたものの、男は私に愛想もなくそのまま画家に小声でまくし立て続けた。
 私は男に激しいものを感じ、教室講師よりよっぽど絵描きらしいと思ったものだ。


 挨拶をして私は絵を見て回り始める。
 小さな、まな板ぐらいのサイズの絵が多く架かっていた。
 60号ぐらいの作品はひとつしかなかった。
 



 背の低いテーブルと背の低い椅子がホールの真ん中にポツンと配置されている。
 テーブルには菓子なんかが置いてある。
 そこは顔見知りなどが挨拶をして談笑するためのスペースだ。

 まるで発表会の楽屋裏のようなものだ。
 真ん中のテーブルと椅子には顔見知りか絵の購入を決めた人しか座らない。
 個展を見に来た通りすがりの人たちはたいてい、そんなテーブルが見えないかのようにしている。

 画廊の中はとても静かだ。
 日本の、いかにも画廊っぽい感じだった。

 日本ではこういう絵の売り方をする。
 まるで法事のヒソヒソ話のような(※2)まるでマンションの成約か何かのような、そんな風に静かにひっそりと絵を売りつける。

 作者はまるで保証人のようにその場の真ん中に座っている。
 それでも絵描きが自分から絵について説明することはない。彼はあくまで世間話しかしない。

 そうして、介添人である画商が客に付き添って、絵の説明を代わりにしたり客と絵描きと作品を取り持つ。


 まあ、壷を売る(※3)のとそんなには変わらない。




 客は他に誰もいなかった。
 真ん中のテーブルで話し込む大男と画家。あとは私だけだ。

 が絵を見て回っていると、そこに画商らしい初老の男が奥から出てきて色々と説明してきた。

 少し太った背の低い男で、燕尾服のようなデザインの背広を着ている。
 押し出しは強そうだ。ギラギラした目が私を鋭く捉えた。

 どうです、いい絵でしょう。おひとついかが。


 揉み手で話かけてくる画商はどうもが画家と顔見知りとは思ってないらしい。
 家内がこの人のところで技術習得をしていると教えてやればいいと思ったが、画商はしきりに作品を勧めてくる。

 言われればこちらもじっくり見てみる。
 なんだか箱庭的な作品だ。
 一番大きな絵でも腕を大きく広げたぐらい。
 高台から見下ろした風景には広がりがない。とても小さな世界だ。
 作者がそんなものを描きたかったわけではないのは分かった。

 カネを出して所有したい、そんな気持ちが沸かない絵だと私は思った。

 画商は一号当たりだいたいいくらだ、なんて言った。
 日本では絵はグラム売りだ(笑)(※4)


 講師の画家は黙ってテーブルに視線を落とし、お茶を飲んで大男の話を聞いていた。
 彼は耳をそば立てていて、が講評でも画商に始めやしないか注意しているように思えた。
 ちょっとした緊張感が四人だけの画廊には漂っていたのだ。

 私が煩さ型だというのは知っていたはずだ。




 帰って個展の話を家内にすると呆れている。
 行くなら言ってくれればいいのに、私はもう行ったんだよ。
 案内のハガキを貰ってたのは話したでしょ、なんて言った。

 ああ、聞いたのか、とんと覚えがなかった。
 ホントに偶然見つけたと思ったんだ。


 私は家内に見た絵の感想を話し、個展の様子を報告した。
 先輩とやらの大男がいて話し込んでいたよ。
 画商もいてね、長い付き合いだとか。 その画商はアタシが行った時もいたね。
 教室の生徒だということで家内が行った時は相手をしなかったようだ。


 その暫く後のこと、家内が教室から帰ってくると、声を落として聞いてきた話をした。
 どうやら展示会の最終日に画商が自殺したとか。
 画廊の中で首を吊っていて講師が発見したらしい。

 画商は何人かの画家を抱えていた。しかしトラブルが続いてほとんどの画家たちが彼の元を離れるという状況だったとか。
 それがどんなトラブルかは言わなかったらしいが講師はショックを受け、それで暫く教室が臨時に休みになったとか。そんな話だった。


 会ったんでしょ。 ああ。話もした。

 あのギラギラした目を私は思い出した。




 その絵仕事も、家内はすっかりやらなくなってしまった。

 家内はいい絵を書くのだが今はキャンバスに向かうことはない。
 少し寂しいとは思うが、私に悪いところがあったと思うからあまり言えない。
 急いた私がいけなかったのだ。
 家内は目を血走らせて絵筆を取ることもなかったのに。


 ずっと家内には楽しくひとり絵を描いててもらいたかった。
 消耗してしまったのか私の協力が悪かったのか、家内はもうキャンバスには向かわない。

 それでも、またいつかは、と、私は願っている。

 家内をいとしく思う気持ちにはキリがない。
 いつまでもその気持ちは枯れることはないのだから、ずっと見守って待っていればいい、そう思う。



はやくかえってきてね



続きを読む

このブログをはてなブックマークに追加

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記



プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll
 
 狭くなったネットに抵抗し、真実を追求するブログ。

 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり癒したり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。そんな日常。

  拍手欄からもコメントが行えます。 ここから一覧いただけます。 リンクフリーです。 個別記事を開いた場合、記事下にはFc2が選ぶ当ブログのお勧め関連記事が表示されます。ご活用ください。(2023/10/29)

 子サイト
「 振り返ることもしばしば」
  https://rollitup.tokyo 

 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
ページナビ

トップ > 未分類

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

 
治験ボランティア
条件合えば健康診断ついでに報酬。治験は自分で選べる。
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全2ページ中
1ページ目
 
記事タグIndex