・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

栗の季節です

 秋で栗が手に入ると待っているのですが、まるで見かけません。
 今年は半額どころか、普通に栗が売ってない。
 筋子もなんだか少ない。

 そう言えば今年はラッキョウも手に入りませんでした。毎年半額になってからキロ400円ぐらいで買って、3キロぐらい漬けていたのに。
 今年は去年のものを使うだけ。


 どうにも「売れないものは売らない」、なんて、そんなことになってる気がします。
 半額にしても儲かるってのにww、それさえ嫌がるようになったんでしょうか。

 困ったもんです(笑)。

 「九里より旨い」なんて言ってサツマイモ、焼き芋が売られていたことを思い出します。
 九里ってのは栗だというのは分かります。

 もうそんなら、いっそ栗なんて探さないでサツマイモがいいかなw。


 サツマイモの焼き芋売りというのは昔からの商売です。

 リヤカーに石を敷き詰めた釜を入れて、下で火をくべて薪で燃やして作りながら引いています。
 小さな申し訳程度の煙突がなぜか無意味にくっついて上を向いていて、オヤジが声を上げて石焼き芋を売って回っていました。

 「いぃーーーーーしぃいいいい、
       やぁきいいいもぉぉぉぉぉっ。 お芋!」
 なーんて。
 名調子でした。
 通りのよい、相撲の呼び出しのような声を出して売っていたものです。


 石が焼ける臭いとかすかに芋の皮が焦げる臭いがして、のんびりした雰囲気の中、風情を散りばめてリヤカーを引いていた。
 
 そして何より秋口から冬へと暖かさが恋しくなる季節です。
 薪の面倒を見るのに時々リヤカーを止めて、なにやらゴソゴソとオヤジがやっている。

 それを見つけると子供たちがさっと集まってきて暖を取ろうとします。

 そこはオヤジもよく知ったもの。
 「商売の邪魔だよ、シッシッ」
 「買わないなら行った、行った、子供は風の子!」
 なーんて(笑)。


 今ならあれはたいていは軽自動車で走り回っています。

 ある寒い冬の晩、私は終電を逃してとある駅の前に降り立ちました。
 タクシー待ちは長ーーい行列。自宅までは遠い。

 そこに焼き芋売りがいるのを見つけました。終電となってどうやら帰り支度のようです。私は近寄っていった。
 「どこまでお帰りになるんですww?」
 私は何気なく声をかけました。

 結局、帰る途中まで同乗させてもらうことに。
 そこまで行けば歩くのも近くなります。
 「焼き芋買ってくれればいいですよ」なんて、アンちゃんは言ったけど、降りるときはオマケまでもらって、感謝の帰宅をしたことがあります。

 車中話してみると、なんでもあれは組織ぐるみの営業らしいのです。
 今は親方がいてクルマから芋から何まで出して、全て仕切っているらしい。
 「焼き芋一家」ですなw。
 ある種のテキヤの組みたいなものがあるらしい。

 へぇーーーwww。


 そのリヤカーの屋台や軽自動車には提灯があって、時々、そこに文句が書いてあるのを見たことがあります。
 「九里よりうまい」そんな文句が書いてありました。

 私は、これが昔からどうにも分かりませんでした。

 最初は学校の先生あたり、あるいは子供の頃に近所の古老から聞いたのかも知れません。
 まあ古老なんて言っても、そこは現代。
 無断で入り込んだ庭先にいた老人だったりします。

 彼らは「うふふ」なんて私に笑って、「焼き芋は旨いもんだ。『九里より旨い』なんて言うからねぇ」なんて、実に得意げだったものです。

 「九里よりうまい」、私はその心がずっと分かりませんでした。



 だいたい どうにも腑に落ちない話ではあります。
 栗だから九里、洒落なのは分かりますが、「九里」だからなんだというのか。

 九里は栗。まるで誤変換みたいに思った(笑)。

 これ、正しくは「九里四里うまい」ということなんですね。

 「栗より」だから、「九里四里」。
 一歩前進です。

 しかし、その後が続かないんじゃ訳が分かりません。やはり当て字だ。
 「栗より」だから何だ、そうなります。
 また半歩後退w。

 栗より不味いのかも知れませんし、栗より安いだけかもしれない。

 あーーー「四里」で、「四里分安い」はちょっとカスったかも知れませんw。
 けど「里」なんて通貨の単位はなかったw。
 距離です。残念。


 どんな洒落のコピーなのかなんだか釈然としません。

 平賀源内のウナギの売り文句、江戸の名コピーと言われるもの。
 「今日は土曜丑の日」というものがあります。
 あれは見ている人の「気付き」を狙ったものです。

 同じ文化と習俗を共有していから、人々は土曜丑の日は何か知っています。
 そこで、最後まで言わない。

 「今日は土曜丑の日だから、ウのつくものを食べるといい、精がつくと言われます。ウナギもウがつくじゃございませんか、どうでしょう。」
 なーんてことはわざわざ言わなかったわけですw。

 それは分かった。
 なるほど、見てる人の「気付き」を利用したマーケティングです。


 私は平賀源内と似たようなコピー、売ろうとする意図が「九里より旨い」にあるんじゃないか、そんなことをずっと考えていたのでした。

 でも違うのです。
 九里より旨い、の、「旨い」はどっか隠れちゃった。

 「九里四里」というのは「焼きイモ」のこと、どちらかというとコピーというよりニックネームなのです。


でいへんよくたきましたw


テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

令和二年、今年の夏の食生活の振り返り

 イイネを過去記事にいただいたことがあって、ハッとさせられたことがありました。
 2018年の夏の終わりにその夏を振り返った記事がありました。
  【・・・今年は暑かったから食べたメニューが少ない

 気がつかされました。感謝しております。
 夏のことは振り返りがあるといい。

 それならと、2020年、令和二年の振り返りのこと。
 やはり見返してみると、去年、今年と、暑さはほどほどだったのではないか、そう思ったりします。



 そんなことを言っていたらもはや秋です。
 今夏の反省を書いて、共有できること、あるいは「それはなかったな」とか、違和感なども含めて共感いただけたらと思っています。

 もちろん、コロナとかオリンピック中止とか、織り交ぜれば色々とあって世の中はすっかり変わったかも知れませんが、季節は何もなかったかのように巡ります。

 あくまで夏を乗り切ったという歳時記、私自身の振り返り。
 それが「暦」というものかなと思ったりします。

 そうだったw。すっかり忘れてた。
 今年からウチはクーラーが死んで使えなくなったのでした。
 慌てない、騒がないなんて、やってたら忘れてしまっていましたw。

 暑いと感じたのもそのせいだろうし、なくても過ごせたのは猛暑ではなかったからかも知れません。



 思えば今年は夏の初めから、なぜかコバエを多く感じました。
 いつになく小さなハエを室内でよくみかけたものです。
 ずっと何匹かは常に飛び交っている状態でた。小さいから不潔な感じはありませんが。

 生ゴミなどはちゃんと庭のコンポストに出し、臭いもないというのに、室内に小さなハエがやたら飛んでいたものでした。床下に死体もありませんw。

 何かのサインかなと思ったりもした。我々はそういうちょっとした自然の変化には敏感になるべきだと思うからです。
 吉兆か凶兆かは分からないけどw。

 しかしもしかすると、野菜によく卵がついていたのかも知れません。
 キャベツなどにはよくハエが卵を産み付けます。春先の陽射し不足、天候不順の時期遅れで、遅れてウチで孵化してしまったのが多かったのかも知れません。



 今夏はゴボウが安く手に入り、よくいただきました。
 ゴボウはささがきにしてキンピラ、酢ゴボウ、ゴマ和え、味噌和え、味噌汁。
 色んな料理ができます。なにしろゴボウはよいダシが出ます。

 夏に入って、だんだんとやらなくなりました。
 そうしてゴボウが使わずにキッチンの隅に残っているのですが、何週間も前のものでもゴボウはちゃんと食べられますw。
 これを見て、昔の人は「精がつく」なんて連想したのです。

 今年はあまり精をつける必要を感じなかったかもしれません。

 こういうのはニンニクの芽とかも同じ連想でしょう。放置しておくとバシバシになっていつまでも元気。
 ニンニクからもすくすくと芽が伸びてゆく生命力。


 長芋、トロロ芋も精がつくと言われます。同じように長持ちします。今夏は長芋も安かった気がします。
 買って二ヶ月は大事にキープしておいて、まるで問題はありませんw。

 もともと長芋、ヤマイモ、トロロ系は「高い」という感覚が私ににはあって、ついキープしてしまいます。
 眺めて満足w。お茶碗一杯w。
 次のが入ったらやっと使い始めます。味はまるで変わりません。
 生のスライスを梅と和えて漬物にすると格別の味わいです。



 こういう、精がつくとか元気が出る食材だと昔の人が考えたのは、要は連想です。
 あまり科学的なこと、経験によるものですらありませんw。
 単なる思い込みですw。
 それを「先人の知恵」と言うわけです。

 たまに後世になって、偶然にも科学的根拠があることが分かったりすると、ますます霊験あらたかになるわけです。

 たいした根拠でなくても、感じた印象が定説のようになって伝わってきた。
 むしろ、我々はそういう旬や季節に何かを感じようとすること、ちょっとした連想や啓示を自然の流れから読み取ろうとします。
 日本人はとても情緒がある民族です。
 迷信などと言わず、季節を感じていつくしむ心。
 素直に信じて有難く思えばいいかも知れません。

 だから、秋茄子は嫁に食わせてはいけませんw(笑)。
 ミョウガも食うと馬鹿になるw。



 それから冷汁。今夏はよく作りました。
 魚を煮て冷やして、実によく冷汁をいただきました。
 これはこれまでなかったことかも知れません。
 アラが安かったのが今夏の傾向でした。
 鯛や鰤、スズキでもやりました。

 圧力鍋でシューをして、ダシが出たら冷やして冷蔵庫に入れてしまう。結構ぬるいまま入れてしまうけどそこは冷蔵庫に頑張ってもらうw。
 ちゃんと翌日には冷えています。

 そうして炊きたてのご飯と冷えた魚の潮汁・冷汁をいただく。
 食事が終わる頃に茶碗の少し残ったご飯に汁をかけていただきます。

 脂も意外と乗っていてなかなか濃厚な味わいです。
 意外とどれも臭みはありません。臭み消しというとショウガが思い浮かびますが、ショウガの出番はありませんでした。
 味付けは塩だけ。せいぜい昆布。

 これでだいぶ今夏の暑さはしのげました。



 今年はそうめんは二回ぐらいしかいただいていません。
 「それほど暑くなかった」というのはやはり本当かも知れません。
 って、ウチのそうめんの消費量を基準で考えるとですがw。

 他の地方はともかく、ウチには台風がきませんでした。
 水害がもともとなく、風の被害が心配なぐらいの地区ですが、風台風が来なかったのには安堵しています。

 風邪w。コロナはなんとかやり過ごしましたが、またこれから冬がきます。



 今夏の人参不足には驚きました。
 タマネギ、ジャガイモ、みんな高くなりました。あれでこの三種の神器というかメインの野菜の値段はいくらであるべきか、みんな実感したのだと思います。
 三個で100円。これは譲れないw。

 今、値段が戻ってきて、安くて大きなタマネギを見て、ラッキョウと同じようにしてピクルスにして備えておけばいいんじゃないか、そんな話を嫁としていますす。

 まるでカレーが狙い打ちされたようなものでしたw。
 それでウチでは冷凍のインゲンが大活躍、ミックスベジタブルとで快適でした。

 今年はシイタケも安くなりました。
 私は佃煮に。嫁は和風パスタにw。



 性交渉がほとんどなかったこと。
 やはり暑い夏だったからなのか、「精」をつける食事をしなかったからかw、とうとう今夏はロクにしませんでした。
 とても残念w。

 汗だくになってするというのも悪くはないのです。
 そういう気がなんだか今年は湧きませんでした。

 え?
 いや、一応、性的なこともご馳走ですからwww。



 映画もよく見ました。

 夏の夜、明け方まで映画を観て、涼しく過ごすのはオツなものです。
 それで今夏はピーナツを随分と食べましたw。

 こんなに映画を観た夏はなかったかも知れません。
 結局、それはコロナの影響なんでしょうけれども。


 いよいよ秋です。
 美食の秋、食欲の秋。秋の実りがいただけるお約束ですw。
 これからの美味しい盛りの季節を楽しみに、今夏の振り返りとしましょうw。


あせいちょうごりがとうございました


テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記



KINGSOFT Internet Security

ad.2

  

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 すっかりネットが狭く感じていたこの頃。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされるようになり、ヘッドラインはステマばかり。商業サイトの薄っぺらい論調に飽きてきたところ。
 検索はBingにしたけど、居場所の少なくなったネットを広く泳ぐことは止めないブログ。
 頭にきたり笑ったり、ほっこりしたり、毎日クルクルと気分は変転。泣ける話のこともある。

 今回、特にスマホ版のメニューを大幅に改善しました。(04/08)

回して抽出 3Dタグ
 
最近の記事 + コメント(View)
カテゴリ
月別アーカイブ
ページナビ

トップ

リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト

  • 振り返りの多いこと - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
【記事内 Google 検索】
入力してEnterで検索!
だいたいの頁ジャンプ
全464ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
ad