・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

おタマと菜箸以外による味見の方法考

 おタマと菜箸の他、その他の道具で「味見をする」ということを考えてみます。
 他にどんなものがあるか。



 スプーンでの味見というのは西洋料理のありがちな光景です。
 もうお馴染みと言ってもよい。
 銀色に輝くホテルの大規模キッチンなんかで、チーフのコックが味見をしています。
 コック帽をかぶって神妙な面持ちwww。
 分厚いアルミの鍋でニンニクを焦がし、玉葱、セロリを炒めています。そして最後にバジルとトマトソース、それからブイヨン。仕上げにオリーブオイル。
 そしておもむろにスプーンで混ぜたら少しすくって頷く。
 「よし!」なーんてwww。
 このスプーン、かき混ぜるのに使って、味見をしたらシンクに投げ捨てる。


 ではフォークは? 味見に使う?
 それも西洋料理なんかでやりますね。
 ソテーしたものの焼き加減なんかを見たりします。
 押したり、突き刺したりします。大きな肉用のフォークというのもあります。

 日本の場合も、「竹串を刺して煮えているかどうかを見ましょう」なんてのがあります。
 昔からよく言われるやり方です。
 「その竹串って他にどんな用途があるの? 台所に常備しているの? 使い捨て? 洗うの?」なーんて、そこは、色々と突っ込まないように(笑)。
 古来の伝統文化、言い回しを大事にしたいものですw。

 フォークや竹串での味見、これは「触感による確認」、「味見」ということだと思います。


 ナイフだったらどうでしょう。
 ローストビーフなんかは切り分けて出します。
 そういうナイフの使い方というのは、一種の「視覚による味見」ということになりますね。

 ビュッフェとかバイキングのサービスでよく見かける光景です。
 シェフが厚いところの端を切って、赤身の具合を確認してそして客に出しています。
 あれ、別にホテルが切り分けのパフォーマンスしてるわけじゃありません。
 私もビュッフェなんかでやってもらったことありますが、ナマ過ぎると退けたりしていますから。ちゃんと焼き加減を見ているんです。


 サラダはなんかはどうでしょう。
 そう考えるとサラダは不思議なものです。
 味見をするというのを聞いたことがありません。

 西洋料理のサラダというのは和え物ではないんですよね。
 各自がかけるようにドレッシングが用意されていたり、その場で好きな用に混ぜます。
 和えてあって「どうぞ」というものではない。

 出す方はドレッシングの味見をすればよいだけです。


 食文化は心を豊かにします。豊かな心が育んだ文化。
 アタシのような人間でも、美味しいものをより美味しく食べることを考えているとなにか晴れ晴れとしてきます。

 ブログはストレス解消になります。


今日もありがとうございました。

 
関連記事

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント



在宅モニター 美容系の覆面調査(株ワールドキャスト)

ワールドキャスト

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 ここんとこすっかりネットが狭く感じます。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされて、検索すれば商業サイトばかり。
 検索はBingにしてみましたけど。居場所の少なくなったネットをまた広く泳ぐためのブログ。
 頭にきたり笑ったり、毎日クルクル。泣ける話のこともある。よしオチはこれでイク(笑)。

回して抽出 3Dタグ

最近の記事 + コメント(View)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
更新カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト


動画チャンネル・レンタル
総合エンタメサイト
記事からのお勧め
記事のよりちょっと高級?
老舗アンケートモニターサイト
座談会・会場調査に特化
D style web
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME