・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

昭和の食パン事情

 明日はエイプリールフール。
 世界はコロナを笑い飛ばせるか、それとも無理か。
 よく見ておきたい。
 志村けんはその前に逝った。昭和がまた遠ざかった。


 「パンを8枚切りで買ってこい」

 私は子どもの頃によく、そんなお遣いをさせられた。
 タバコを買ってこいというのもあったが、パンもよく買いに行かせられた。

 別に苦痛ということはなかった。
 外の空気は素晴らしいものに感じたから。


が、そのパン屋、商売の仕組みには不思議なものがあった。


 考えてみれば、当時はあんな風にパンが売られていたのが定番だったように思う。

 今の若い世代からしたらまるで異次元のことだろう。昭和の振り返りのこと。


 「パン屋」、と言っても、自分でオーブンを持ち焼いているような、今のようなパン屋はむしろ珍しくて、「パン屋」ときたら、ヤマザキとかフジパンとかの下にぶら下がったいわば「販売代理店」だった。

 「日立のお店」とか、「ナショナルの店」とか、そんな感じの契約がパン屋にもあったのだと思う。


 そういう、似たようなもので今でも残っている商売があるとしたら、ヤクルトや新聞屋、そしてコンビニなんかがある。そのどれも、あまり本部から丁寧に面倒を見られている気はしない。



 ともかく、パン屋の彼らは、袋入りの菓子パンとかオカズパンを売っていて、スナックとかジュース、ゼリーとか牛乳なんかを売っていた。
 品揃えは洋食ブレックファースト系のものだが、いわゆる駄菓子屋に近い。
 店構えは、駄菓子屋を洋風にして少しきれいにしたような店で、ジュースや洋菓子、菓子パン、スナック、などを陳列するショーケースをきれいに並べたところもどこか新しい感じがした。

 都市近郊で団地なんかが作られ、モダンなニューファミリーともてはやされた頃だった。


 アルミサッシのガラスの引き戸を開けて中に入ると、レースの暖簾を開けて店主が出てくる。さっきまで何かを食っていたのか、口をモグモグとさせてオッサンが出てきて注文を聞いてくる。

 彼らは、長い1メートルはああるようなヤマザキから仕入れてきた「食パンの元」を後ろの棚に何本か並べていて、客の注文に応じて一斤を何枚切りと切ってくれる。
 枚数を指定されると、棚においてある電気仕掛けのスライサーを調節してパンをスライスした。
 スパッスパッと切れるパンは、確かに美味しそうに見え、まるで焼きたてのように見えた。
 ただ目の前で切っているだけだったのだが。


 今の我が家にはホームベーカリーがあって作っているので、「一斤」という大きさは今ならわかるが、当時は一斤というのはどういう単位なのか、実に不思議だったものだ。もちろんその基準など学校では教えてくれない。

 せっかくだからと、今、ぐぐって調べてみたら明治の昔は600グラム、今は食パンに関してだけの規格となっていいて340グラムとの定めがあるそうだ。
 一斤が長さや太さのことではないのは意外だった。
 パンだって重いドイツパンや軽く作るパン、色々とある。

 たぶん金(ゴールド)に関しての扱う単位から始まったのだろう。だから長さや太さはそれほど関係なかったのだ。



 その店には菓子パンも食パンも並んでいたが、みんなその店で作ったものではないことは子供の俺でもわかった。

 だから、他の子供が「将来何になりたいか?」なんて聞かれて、特に女の子たちなんかが「パン屋さん」なんて言うと不思議に感じたものだ。
 彼女たちは俺とは育ちが違って、ちゃんと自分で焼くパン屋のことを想定していたのだろう。


 何も給食で同じパンが配られるのだから、わざわざ食パンを買わなくてもいいと、私は遣いの度に思ったが、そのいそいそと格好をつけて食パンをスライスするあたり、そこが好まれたのかも知れない。
 トーストすることすらあまり想定されていなかったように思う。
 そこは給食がそうだったから、トーストなんかに慣れたら面倒なことになると毒親に思われていたのかも知れない。



 ある朝、早朝に学校へと歩いていたら、パン屋のカゴが店の前に積んであった。
 誰もいない、人通りのない、先日のような、寒くて雪が降ったような朝だった。

 カゴは平たい何段にも積み重なったもので、トラックから降ろされて店の前に無造作に積まれていた。
 俺はトラックが朝に店に横付けし、カゴを積んでいるのを見たことが何度かあった。あの日は、雪が降ったもんだから誰も出てこない時間から、とりわけ早く配達されたのだろう。

 俺はその中に菓子パンがあるのを見つけると、カゴを横にちょっとずらすと、クリームパンとカレーパンをひとつずつ失敬して学校に行った。
 わずかの早業www。
 ひどく嬉しくてそのパンはなかなか食べず、いよいよ腹が泣きそうになってやっと食べた覚えがある。
 俺はそれから暫くそのパン屋を避けた。


 その当時、パンの耳はタダどこもでくれたものだ。
 暫くはその「タダ」という名残りがあって、自前でパンを焼いているベーカリーなんとかなんていう店でもタダでくれた。
 独り身の俺が白々しく、「犬のエサにする」なんて言っても喜んでくれたものだ。

 今はもうパンの耳なんかタダではくれない。
 どこもいい値段をつけている。
 不思議とあの頃でも、トンカツ用のパン粉というのは肉屋で売られていた覚えがある。
 タダのパンの耳を貰って、ジューサーにかけたりして細かくしてはいけなかったんだろうか。確かに少し水分が残ってはいるが。
 揚げ物はしないので分からないが。


 面倒見のよいチェーン本部と加盟店がうまく回って商売が動いた。客も当たり前のようにいつもの店で買ったものだ。
 儲かりまっか?ボチボチでんなぁ。
 豊かさ、いや豊かな気持ちがあるだけで互いを気遣う余裕が生まれ、人々は今とは他の世界で生きていた。

 コロナに閉じ込められた世界で、ひっそりとした当時の昔を思い出す。
 馴れ合った共同体では俺は孤立していたが、今の世界では俺はそれを感じない。

 俺が人を思いやれるのは、人々が苦しんでいる時だからかも知れない。

 悲惨なことは隠されていた。騒ぎ立てるヤツはいなかった。


 昭和の振り返りのことではある。



・・・ そうそう、違うパンヤというのもあった。

「おい!留め公! なんでえ、なんでえ。ったく、みみっちいなあ、このクソ寒いのに火鉢に火も入れんと、安いパンヤの半纏でこごえてらあ(笑)。
 おい! ちょっと景気づけに出かけっから、仕度しな!」


 なーんてのも、あれも「パンヤ」なのでした。

 わっか、るっかなぁぁぁwwww(笑)。


 おそまつ

 

テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

自分にとっての「七つの大罪」を考えるのもいい

 「今は「見栄」のためか人の目を気にし過ぎている」というご意見がありました。
 「便利」に流され、「贅沢」を希求する。そしてそれが他人をかえりみない退廃、「堕落」につながっている、と。


 こういうことから何かを考えるということは有意義なことだと思います。私は七つの大罪を考えました。

 つまり、人間というものにはどんな禁則があるのか、
 ということ。

 「これとこれは善と悪で反対のもの」それはそれで間違いではありませんが、相対論でしかありません。
 ものごとを総合的に捉えようとするなら、いくつかあったほうが役に立つものです。
 多面的な捉え方をしなければ、り人間存在やその本質は理解できようもない。

 人間は確かに男と女しかいません。神と創造物しかない。
 でも、ゲイやレズビアン、トランスもいたりなんかします。
 まあだから、「髪と人間」という軸を中心にしているキリスト教からすれば、ゲイなんて許されることではなかったことなんでしょうけれども。昔は迫害を受けた。

 あーー失礼、神でしたww。


 七つの大罪というのは、調べると色々とあることが伺えます。
 Wikiなんか見ると短い記事ですが、諸説あることが感じられます。
 なかなか興味深い記事です。シンプルな記事ですのでお勧めです。

 発端は4世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコスという人の提案したアイディアだそうで、<1>大食、<2>淫蕩、<3>強欲、<4>怒り、<5>悲嘆、<6>怠惰、<7>虚栄、<8>高慢
 なんてものを挙げていたとか。
 つまり、初期型は七つじゃなかったらしいのです。
 
 しかし、そこは先生! 七つじゃないと(笑)。

 でないとヒットしませんね。
 そんなことを言われたかどうかは知りませんけど、ともかく、この人は修行の人だったそうですから、やはりマーケティングは苦手、「規範」という商品開発というのにはあまり関心がなかったかも知れませんw。

 秘数という言い方もありますが、やはりこういうのは素数ですww。

 長嶋茂雄は3番でなければあれほどの人気にはなりませんでしたし、侍は七人ですし、荒野にいるのも七人、サッカーはイレブン、野球は9人。憲法のアレにしたって、ただ「憲法12条」ぐらいにナンバーを変更するだけで売国に煩いのはとたんに黙ってしまうでしょうw。
 ・・・ まあ、この話はまた今度(笑)。


 ともかく、人類の最初のアイディアの発表から、七つということに絞ろうと、色んな商品開発が行われたようです。


 私の理解では、「原罪」、「人間は生まれながらにして罪を背負っているもの」という考え方がキリスト教の根底にはあって、それが宗教的な支配のベクトルを形成していると思います。神の御心へということ。
 それから出てきたのが原罪ということでしょうから、私の理解するような「禁則」というのは実は誤りなのかもしれません。


 そうすると、「禁則」ではないとすると、上の罪の中には原罪ではないものがあるように思えます。
 「悲嘆」はいらないんじゃないかと思ったりします。
 それに宗教はそういうものを救うのじゃなかったでしょうか。

 Wikiを見ると、
 カソリックでは、高慢、物欲、嫉妬、憤怒、色欲、大食、怠惰
 なんだとか。

 ははあw。なるほど、やはり「悲嘆」は外してきましたね(笑)。
 当然です。


 そしてWikiの後半には面白いことが書いてありました。

 もう最近のコロナ騒動ではありませんが、キリスト教がヒットしましたから、その成功体験に乗じて、いろんな人たちがこんな感じの原則を作ろうと知恵を絞ったのでしょうか。そんなことも伺えます。

「>2008年3月、ローマ教皇庁は新たな七つの大罪を発表した。それは、遺伝子改造・人体実験・環境汚染・社会的不公正・貧困・過度な裕福さ・麻薬中毒である。」

 あらぁ・・・(汗)。
 もうこの時は自分たちローマ教会の小児性愛問題、レイプ事件とかありましたのに。
 あんたらの足元はどうなってんだというぐらいの傲慢さですね(笑)。かくも傲慢、高慢は大罪なのですね(笑)。


 それからあのインド独立の父、ガンジー先生もやらかしたそうです。さすがあの方、目の付け所が違いますw。

理念なき政治(Politics without Principle)
労働なき富(Wealth without Work)
良心なき快楽(Pleasure without Conscience)
人格なき学識(Knowledge without Character)
道徳なき商業(Commerce without Morality)
人間性なき科学(Science without Humanity)
献身なき信仰(Worship without Sacrifice)

 ・・・なるほど、イメージ通りに理屈っぽい人だw。

 
 私はあまり宗教的なバックボーンがありませんので、やはり自分なりに考えたいと思ってしまいます。ものごとに疑いを持つタイプでもあります。


 しかしそうして、みんなが禁則なり原罪というものを考えれば素晴らしいのではないか!
 私はそう思えてきました。
 なんとか七つに収めようと、考えをめぐらせる。それは何をしてはいけないか、何をしでかしがちかと戒めることになる。
 もし、これをわが国の国民的運動とするのであれば、すなわち世直しとなる。大衆の質が向上し国民的意識が改善され、いっそう前向きな社会に全身してゆく、コロナの災厄から秩序が回復し再び豊かな社会が実現でき、責任ある・・・

コホン、失礼。 
 プロパガンダも罪だと私は思います。


では、やはり私なら!
1.唇、2.うなじ、3.乳房、4.尻、5.ウエスト、6.太もも、7.陰部。
 これが七つの大罪ですw。

 私にとって原罪とはこれなのです。
 いや失礼www。          ・・・ あーーー饅頭怖いww。



では、次なることならどうか。
 七つではなく三つですが、やはり素数です。

第一条
自分の尊厳を脅かしてはならない。また、その危険を看過することによって、尊厳に危険を及ぼしてはならない。
第二条
自らの使命に忠実でなければならない。ただし、その使命が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条
前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己を護らねばならない。


 ちょっと改造しましたが、これはアイザック・アシモフのロボット三原則の改良です。
 私はどっちかと言うと、こういう方が好き。
 私はなんだか神に従うより、仕える方なのかも知れません。

 アイザック・アシもふもふ


おそまつ


テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

「学校の七不思議」なんて話があった

 ちょっと昭和のことを振り返ったものだから、小学校であった話、「学校の七不思議」なんて話が色々と浮かんでしまった。

 最近の学童、子供の生活はまるで違うことだろう。
 タブレットなんか配ってるらしいし、ICTも活用されていると聞く。
 在宅で学習するツールもいろいろとある。

 私は子供がいないから彼らの中のことはとんと分からないが、我々の時代とはまるで違うはずだ。


 強制されることや罰を受けること、態度や所作を押し付けられることなど今はないようだ。
 礼儀さえどうか怪しい。


 とにかく生温くて、そのくせ大人ががんじがらめに四方八方から見ていて、とても窮屈。
 窮屈と感じれば、それまたその窮屈さのストレスにすら口が出される始末。
 大変なものだ。


 我々の時代、学校は遊び場だった。

 勉強をしなければならない奴は学習塾にやらされた。
 学校は子供にとっては愛着のある場所だった。
 友人がいなくとも、阻害されていても、それはそれでいい場所ではあった。


 長い朝礼の校長の演説にブッ倒れるコが必ずいた。
 廊下に立たされて、どっかへウロウロと行こうとすると、先公にひたすら追っかけられた。
 俺は卒業式には出られなかったし、たいした友人と呼べるのはいなかったが、毒親のいないそのオアシスを俺は楽しんだ。

 ノンビリやっていた他の生徒にとって、あの頃の学校はどんなところだったんだろう。


 そんな学校に、七不思議なんて話を持ち込んだのがいた。
 自然に話はすぐに広がったし、根強く信じられた。

  1.  戦時中には空襲の防空壕代わりに学校がなったから今でもその亡霊が出る。
  2.  講堂の舞台の下にある下手と上手をつなぐトンネルは、実は枝分かれした穴があって、今は塞がれているが秘密の抜け道があった。塞がれた中には白骨が眠っている。
  3.  講堂に飾られている歴代校長の肖像は誰もいないとき、時々ニヤリと笑う。
  4.  理科室の人体解剖の人形は実は生身の人間を固めた人間の剥製だ。
  5.  音楽室のピアノは夜に勝手に音楽を奏でる。それは葬送行進曲だ。
  6.  必ず一年に一人は生徒が消えている。けれどもその名前をみなが忘れてしまう。
  7.  昔、三階の端のトイレで首を吊って死んだ生徒が今も霊となって居ついている。


 ・・・じっくり思い出してみると、そんな話だった気がするww。


 七つの海、七つの大罪、七つの光る目w、七つの大陸。ラッキーセブン、なんだかいい加減な数字合わせから噂というか伝説が作られ、「ウチのガッコウの七不思議」なんてことになった。

 創作的だったし、想像力があって俺も尾ひれをつけるのに参加した。
 俺はそこそこ面白かった。

 
 今の子供だったらどうなんだろう。

さしずめ・・・いや、やめとこうwww(笑)。


おそまつ


テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

お茶のティーバックっていつ捨てるのだろうか

 ティーパックは簡単なものだ。
 茶葉が混じらないし、ストレーナー、つまり網で濾したりしなくてよい便利なものだ。

 茶のティーバックがウチには何種類かある。
 紅茶はもちろん、ジャスミンティー、緑茶、プーアル茶。
 特にウチはプーアル茶をよく飲む。

 プーアル茶で焼酎を割って飲む。
 そのため、あらかじめティーパックで出しておく。
 ジャグにプーアルを作って、そうして飲む。
 冷えても美味いし、二日酔いにならない。朝に一杯飲んでもスッキリする。

 なくなれば次のプーアル茶をまた熱湯で出す。
 その時、次のティーバックを入れる時、古いのも入れといていいのだろうか、ふと考えた。
 鍋で茶を煮出すとまた色は出てくれるし、まだ味も出る。

 「茶を煎じる」というのは煮出すということだ。
 昔は漢方でもなく、普通に「煎じ薬」というのがあって、医者に処方されると煮出して飲まなければいけないものがあった。
 時代劇でのことばかりでもなかった。

 他の茶にしてもそうだ。
 熱湯で出した、そのティーパックはどうするんだろうか。
 ティーパックだからまとまっている。
 入れといても痛んだりしなければいいのではないか。

 考えてみれば番茶やほうじ茶を飲むようになって、何度も煮出すことができて、いつまでも色がついている。最後は病院や学校のあの味になる。

 それだから、このプーアルはどうしたものかと考え始めている。

 前は1.5リットルぐらい出したら普通に捨てていたんだけれども。

 もしかしてまたケチなことが出来るかもしれない(笑)。
 結構そういう工夫ができるのは嬉しかったりする。


 お茶の葉の有効活用というのは昔から色々考えつくされてきたはずだ。
 こういうコロナ騒動の影響で、生活が昭和のシンプルなライフスタイルに戻り、もう一度見直されることもあるかも知れない。イギリスなどもう前からそんな生活に戻っている。
 昭和のその昔は、人々はレストランなんかにそうは行かなかったのだ。



 昔、地下鉄の駅では駅員が飲んだお茶のカスをホームに撒いて掃除していた。
 少し湿った茶ガラでホコリ汚れを集めていると言っていた。

 学校でも用務員がそんな風に板張りの階段を掃除していた。横を通り過ぎる時に会釈をするとホウキの動きを止めてくれた。
 廊下と教室は生徒が拭き掃除をしたが、茶ガラなどはもちろん使わなかった。
 階段は用務員がやった。階段は用務員の縄張りのようなものだった。
 1年に一度ぐらい、床をワックスかけするなんてもことも生徒はやらされたものだ。


 駅には、他に「おがくず入れ」と書いてある箱があって、普段はそれを湿らせて撒いてホウキで掃除していた。
 茶ガラがたまると茶ガラでそれをやった。

 今では信じられない光景だ。
 キラキラした、振り返りのこと。




在宅モニター 美容系の覆面調査(株ワールドキャスト)

ワールドキャスト

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 ここんとこすっかりネットが狭く感じます。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされて、検索すれば商業サイトばかり。
 検索はBingにしてみましたけど。居場所の少なくなったネットをまた広く泳ぐためのブログ。
 頭にきたり笑ったり、毎日クルクル。泣ける話のこともある。よしオチはこれでイク(笑)。

回して抽出 3Dタグ

最近の記事 + コメント(View)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
更新カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト


動画チャンネル・レンタル
総合エンタメサイト
記事からのお勧め
記事のよりちょっと高級?
老舗アンケートモニターサイト
座談会・会場調査に特化
D style web
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全7ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME