・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

料理する味見の方法を考える

 「味見」という言葉を、料理を完成させる前の最終検査、最終確認として考えていきます。

 鍋の味見のマイ箸を入れてしまうのも、立ったまま味見して着席するビュッフェにありがちな奇妙な行動も、この際は措いておいてww(笑)。


・・・
 味見はたいていはキッチンでのこと。キッチンに立って調理中に行ないます。
 バースツールに腰掛けて、カウンターでゆったりとラッキョウを剥くなんてことはまあ、いといてw。

 例えば煮物だったら、菜箸を使います。
 菜箸でひとつをつまんで、煮物のインゲンなんかを取り出して食べてみます。
 インゲンによく味が浸みていれば他の具材にだって味はよく浸みているはずです。
 味見ができる。
 それで出来上がり。

 この時、菜箸にクチが触れないようにしています。
 まだ調理を続けて和えるとかグリルから魚を取り出したりするとか、まだ菜箸を使うならちょっと注意してインゲンだけをクチに取って食べます。
 そこは家庭ですからあまり菜箸は分けません。

 キッチンで調理中のことですから、ここでマイ箸はあまり出番はないと思います。


 汁の味を見るのはどうでしょう。私はさすがに汁は味見をします。
 具に火を通してダシを取り、おタマで味噌を溶かして最後の仕上げです。
 菜箸を突っ込んで舐めても味はよく分かりません(笑)。

 ではおタマから直接、じかに口を付けてしまう?
 あり得る気もしないではないですが、私はほとんどやりません(笑)。

 汚いとは思いませんが、なにしろおタマが金属で熱くなっている。
 クチが火傷します。
 カレーみたいなトロ味のあるものなら尚更です。

 できたての熱々でもテーブルまで運んで食べる時には少し温度は下がっています。適度に冷ました温度で味見をしたいわけで、小皿にとってちょっと口をつけます。

 味見は「飲む」というほどでもありませんが、この小皿を通して口をつけることで実際に汁を飲むときの口への「当たり」が確認できる気がします。
 ざらっとしていたり、サラリとしていたり、スッっとしていたり。トロっとしていたり。
 汁は具によって違いがいろいろあるものです。

 おタマから直接クチに運ぶと、熱いし、実際にいただく時とはその食感が違います。
 大きなおタマを使って味噌汁はいただきませんし。
 だから私は小さな小皿に取って味見しています。
 ごく小さい醤油皿です。洗うのも面倒ではありません。


 ソース系のものでしたら、ちょっと長いスプーンを使って、すくって味見をするのもアリでしょうが、汁の鍋は深いので不便ですがフライパンなら逆にスプーンが取りやすい。

 例えば西洋料理ならパスタソースなんか、そんなのはスプーンですくって味見をするでしょう。平たいフライパンですね。
 味をみたら、シンクに放り投げる。そして「ヨシ」なんっってwww。
 それはやりますよね(笑)。


 あれあれ、なんだかタマだのクチだのと、エロい文字が並んでしまいました(笑)。

 おタマと菜箸の他、味見のお題はまた次回に(笑)。


おうぞどたのしみに


テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記



在宅モニター 美容系の覆面調査(株ワールドキャスト)

ワールドキャスト

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 ここんとこすっかりネットが狭く感じます。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされて、検索すれば商業サイトばかり。
 検索はBingにしてみましたけど。居場所の少なくなったネットをまた広く泳ぐためのブログ。
 頭にきたり笑ったり、毎日クルクル。泣ける話のこともある。よしオチはこれでイク(笑)。

回して抽出 3Dタグ

最近の記事 + コメント(View)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
更新カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト


動画チャンネル・レンタル
総合エンタメサイト
記事からのお勧め
記事のよりちょっと高級?
老舗アンケートモニターサイト
座談会・会場調査に特化
D style web
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全1ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME