・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

お節料理は何にしますか?

 お正月に食べるお料理。
 それがお節料理というものです。
 だからどうしろというもの、何を作らないといけないとかは実はあまりない。地方にもよりますし、結局は自由なのです。
 先日述べたような、日本人の文化的包容力からすれば、「寂しい正月」とか「外れた正月」など本来があり得ないものなのです。それぞれの正月というものがあります。

 独り身でも、大家族でも、ふたりきりでも、大家族でも、とにかく正月ならではのことをやってみる。暦という形式に合わせてみる。正月だからと、ちょっと普段はしないことをやってみる。
それがお節料理ということの真髄だと思います。

 だから、別に豪華で高価なものでなくてもよい。
 カニだの刺身だのステーキだのなくてもいい。
 ウチだって半額が手に入らなければ、何もなくてもいいと毎年思っています。
 人によったら、正月から焼肉や寿司なんて家もあるだってんです。
 自分にとっての正月気分が味わえればいいのです。


 煮物。
 普段、煮物を作っても、二日、三日と続けて温め直して食べることはあまりしません。
 だから正月ならではということで、まさにこれがメインとなるでしょう。
 手間を省いたお料理。
 伝統的解釈によれば、「嫁さんの手間を省くため」という説があります。
 正月ぐらいは日頃忙しくしている嫁にはゆっくりしてもらおうと、保存のきいて手間のかからないものを作らせる。
 それが煮物というわけです。
 煮物を温めるだけ、嫁さんはほとんど働かない、そんな生活は普段しなかった時代ですから、お正月ならではのことでした。

 酢の物。
 正月なのですから、普段はあまりやらないものを酢の物にしてみましょうということ。
 酢に漬けるだけ。
 それでとたんに保存が良くなります。
 そしてクチがスッキリします。酒にも合う。
 あなたも、「強酸党」に入党できるのが正月ですwww(笑)。
 そして、保存がいいからなんて言って、ナマスとかワカメとか、正月休みをいいことにこれらをツマミなんかにできる。ノンビリ食べて呑む。
 これもまたお節料理のひとつです。
 まあその時、テレビを見るかどうかはまた別の話ですが・・・。

 ハム。
 ハムなんてまさにお正月ならではのもの。
 普段はハムを切って、そのまま食うなんてあまりやりませんでしょう?
 たいていハムを食うには「目的」というものがあります。
 だってハムなんですからwww。
 サンドイッチはもとより、チャーハンに入れるとかパスタの具にするとか、ラーメンのトッピングにするとか。必ずハムの役割を活かしていただきたいというもの。
 ところが、それを「お節料理だから」なんて言って、切ってそのままいただいてしまう。
 まるでキャビアをツマミ食いするような贅沢です。
 だってクラッカーがないんですから(笑)。
 これぞ、豪勢そのものではありませんか。
 普段は絶対にやらないと言っていいのに、正月は和がらしと醤油でハムをそのまま切って食べたりします。
 サラダに混ぜたりせず、そのままいただいてしまう贅沢感。
 目玉焼きもつけない。もちろんご飯だって食べないんですwww(笑)。
 ローストビーフにしたって焼き豚にしたって、ウチは自分で作りますが、それだって正月風に盛り付ければ食べ方がまた違うというものなのです。
 付け合せなどありません。
 そのまま肉として食う。
 その贅沢感(笑)。それが正月気分ということです。


そして、「雑煮」ですね。
 しかし、要は餅があればいいんです。
 いつもの味噌汁でもいい。それに餅が入れば雑煮になります。
 ああ、できればそこにちょっとだけ砂糖を足してみてください。
 ごくわずかの量でいい。
 これは雑煮のヒント。
 雑煮と味噌汁、同じように思えても雑煮は少し甘い。それがハレの日の味。
 そうすると、とたんに雑煮っぽくなりますよ。
 醤油系の雑煮もありますが、これも少しだけ甘い。
 これが難しいと思ったら、味噌汁を少し甘くしたものと考えたらよいのです。別に出身が違っても日本のどこかでは味噌ベースの雑煮が同じ時間に食べられています。
 遠慮することはありません(笑)、我が国の国民としてお互いにどこかで共有するものがあれば幸せです。


 しかし、つくづく、餅なんて不思議と正月だけのものなんですよね。
 製造業者が聞いたらきっと困ったりするんでしょうけど、ウチも正月気分がある間は切らしたらわざわざ買い足したりもしますが、その正月気分がスッと抜けると、もう意地でも食べたくなくなってしまうものです。きっと売り上げの8割は正月に集中しているはず。
 ウチはとうとう、今年の正月の餅が冷蔵庫にまだ残っているという状態で本年令和の年末を迎えることになりました。
 ほぼ一年前の餅が冷蔵庫に残っているのです(笑)。
 カビてるかなんて、確かめる勇気すらずっとありませんでした(笑)。
 これは必ず来年の正月に食べます。



 かように正月は特別な暦です。
 クリスマス・イブが聖(性)なる日なら、正月は呑みと食べのカーニバル(カンニバル)の期間。
 そうして日本人は気持ちを切り替えてゆくのでしょう。


 お節料理はそれらしく作るだけでよいお料理です。
 誰でもできる。
 何もなくてもいい。簡単でもよい。
 みんなが、この時機に食べるものは特別と思って、あまりしない食べ方をするからの贅沢。
 それがお節料理のご馳走ということの真髄なのだと、私は思います。

 ウチは今日、年末31日のまさにこれから、この時間から
         ギリギリからの買出しが恒例です。

 毎年がスリリング(笑)-。
 何にもなければ基本に戻り、何か手に入れられればそれを幸いとして感謝していただきます。
 まるでダメだということは常に想定内。

 いつか、もしうまくいかなかったら、それこそ何もない、漬けものと餅だけのお正月を迎えてもいいと思いつつ、飽食のこの日本では半額やら処分を手に入れられて、色々と買ってしまうというのがこの時期でもあります。


  
どうぞ、よい新年をお迎えください



テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

玉子焼きのバリエーションから伊達巻まで

 お節料理とまでは言いませんが、やっぱり玉子焼き、厚焼き玉子というものは、あとひとつ一品というのにピッタリのものです。
こういう心遣いに囲まれて育ってきた方の心は穏やかなのでしょうね。きっと。

 短時間でできるし、おいしい。
 作るほうとて、褒められるとまたやりがいがある。
 「最近は味が安定してきたじゃん」なーんて、嫁は生意気なことを言ってますがwww。

 ふっくらさせて、黄色がよく出るようにするのは食卓の彩りとして最高です。


IMGP4898.jpg


 これから正月の仕度になるわけで、そうすると伊達巻を自作することになります。
 玉子焼きでもいいんだけど、やはり伊達巻に挑戦したくなる。
 こんな簡単にはできないんだけどね。頑張るつもり(笑)。

 塩をしてないタラか海老をミンチにして、玉子と混ぜて甘くして作ります。
 焦げて模様が出来るのは甘い砂糖が焦げるから。
 後は寿司用の巻きスで巻くだけです。


 それにしても、玉子焼きって目出度いというか、この黄色は素敵な色だわね。
 黄色って。素敵 www(笑)。


 もう今年は作らないかも知れないけど、最近、集中的に玉子焼きでネギを入れたのを何回か作っていた。玉子焼きのバリエーションです。
 随分と好評でした。
 アタシは乾燥桜エビを巻き込んで、それを冷蔵庫に入れといて味が浸みた玉子焼きもいいと思っているんだけど、嫁は作ろうとするのを見かけると「それはやめてくれ」と言ってくる。
 好きじゃないんだって。
 乾燥桜エビなんて、お好み焼きには喜んで使うのに。

 出来立てはなんだかエビの味はよくわからないんだけど、冷蔵庫に置いといて一日も立つとエビっぽい香りがちゃんと出て、美味しいのよ。
 嫁が反対するととたんに作らなくなるから困る。
 そこは合議制の不便さよね(笑)。

 まあ、ネギ焼きは気に入ったらしくて。いつも美味しいと喜んでくれます。
 こっちとしても嬉しいわね。 作りがいがあります。
 もうひとつ、ちょっと一品なんて、すぐ作れるし。


 作り方は簡単。
 最初に細かく切った長ネギを焼いてしまうの。
 感覚的なものかも知れないけど、その時にネギから何か油が出てくるような感じ。
 そこに玉子汁を流し込んで巻いて作ります。
 最初に水分を含んだネギを焼いてしまうから、コビリつきやすくて、なかなかキレイに巻けるように作るのは難しい。
 だけど、焼いているから作りたてからネギの香りがして味はとても美味しいです。
 ネギって香りが強いでしょ。
 そこを玉子で中和する感じ。
 そこがミソね。


 おうぞどためしあれ


テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

マニアックな奴らって、すごい(笑)


どうも嫁は鉄子の傾向があるようだ。
 「鉄子」とは鉄道オタクの女子版。鉄道に惹かれる女子のこと。
 昔からそういう傾向は感じていた(笑)。
 旅行で俺がグズグズして、トロッコ列車に間に合わなかったことは今でも非難されている。


 今日、見つけた動画で嫁が大笑いしていた。
 これは大好き、なんて言っている。俺にはそういうセリフはねーのかwww。

 
 鉄道の汽笛があるでしょう。
 あれをリアルに録音して集め、音源としてバッハのカノンに仕立てたもの。切り取り、切り貼りしたもの。
 実に秀逸です。
 素晴らしいことこのうえない。楽しいなぁ(笑)。




 まるで日本人がやったような緻密さ、実によくできている。感心します。
 やはりオタクというのは才能がある。

 みんなホームに入る時に鳴らすのね。
 俺はそれは飛び込みさせないようイキってると思うんだが、嫁は違うと思うと。

 つくづく、こういう集中力にあやかりたいと思っている次第。
 人にオタクとか言われるのは嬉しい。まあ中身はない半可通なんだけど(欝


 嫁は俺がカプリコンワンなんかを年末に泣いて見てたように、繰り返し再生して笑いながら涙目になって見ていた(笑)。
 ったく、似た者同士だwww。
 

テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

鯛の兜煮をつついていただく

 鯛の兜煮という料理があります。

 アラとして売られている鯛の顔面。それを煮付けにするもの。

 それを洒落て、「兜煮」なんて呼ぶわけです。


 よい刀だと、兜なんて真っ二つに割れると言います。
 兜はたいていは鉄の鋳物です。それを刀が割ってしまう。
 名刀によくある逸話です。
 銘刀ではない、名刀。ブランドではなく伝説の刀にまつわる噂。
 それがいわゆる「兜割り」というもの。
 絶対に割れないはずの兜を割ってしまうのですから、その威力をよく言い表しています。
 「真剣白羽取り」なんかと似たような感じの、中世の伝説のようなものですね(笑)。

 
 さて、この鯛のアラは安いものです。
 ちゃんと身も少し入れてくれているのですが、それはたいていは顔面の下に隠されています。
 パックされたものは顔面が二つ、右と左があって、ギョロりとどこかを見ています(笑)。
 その下に少しサービスみたいにして、他のアラが身として隠れている。
 この身も意外と沢山入っていたりします。
 なんでそんな売り方をするかというと、どうしても顔面の調理や食べるのが面倒というイメージで、あまり食べつけない人が多いからでしょう。
 後で、「騙された」なんて言われないように、わざわざ顔面を上にしてパック詰めされているのです。
 しかし実は身もいっぱいあったりしてお得なのです。


 スーパーの魚の係がさばいた鯛は刺身や切り身になって、早い時間にはもう売れてしまっています。
 残った顔面、兜のアラなら頭一つと身があって半額で100円。
 すごくお買い得です。

 料理をしない客が多いスーパーなんかだと、安く手に入ります。
 みんなあまり調理しないし、面倒な骨やアラは嫌がる客が多いわけです。そうするとこんなお宝が安くいただける。
 もちろん、料理好きの客の多いスーパーなんかはダメ(笑)。こういうのにはありつけません。市場原理という奴です(笑)。


 この顔面は必ず両側、顔面一つが入っています。右と左と。
 まさに兜割の状態にしてくれています。ギョロッと二つのお目々があります。

 この目玉もとてもおいしいコラーゲンです。チュルりとして、鯛の味わいの特徴的なもの、目玉ならではの味わい。
 エラの下のあたりなんかのお肉も白身で弾力があって、白身が口当たりがよい。


 なにより鯛はダシがよく出ますから、煮汁も少しご飯にかけたりして。
 これが最高なのです。

 長ネギの青いところやゴボウなんかを入れて、煮魚と同じ要領で。


 お店から買ってきた鯛の兜割りは、調理する前にウロコ取りを一応した方がいいです。
 やはりアラですので、たいていはそこまで面倒は見てくれません。
 安いし(笑)。
 このウロコをとっておかないと、食べる時にちょっとひっかかる口当たりになってしまいます。

 まあ、顔面の皮を剥がして、食べなければよいのですが、鯛は皮と身の間のコラーゲンもまた美味しいのですから惜しい。
 ウロコ取りがなければ、包丁の裏ででもガリガリっとやって、とっておくようにしましょう。
 昔の本だとこういうのは直火で炙って、冷水に晒すとサット取れるとか言いますね。
 でもアラで顔面だけですからwww(笑)。そこまでしなくてもいい。

 これを水洗いしたら汁で煮て煮魚です。
 さっと沸かせればすぐにできあがり、すぐに食べられます。
 鯛は煮魚にするとすぐにツユが浸みます。
 鯛の香りが立ってきます。

 もし、もっと味をしみこませたいと思うなら、いつもの煮魚と同じに、沸かしてから火を止めて自然に冷ますといいです。冷えるときにツユの味が浸み込んでゆきます。
 鯛の場合はあまりお勧めはしません。さっと煮が一番です。
 食べる時は温め直して。


 鯛の兜煮は「ご馳走」と言ってもいい一品です。時間をかけていただきます。


おうぞどためしあれ


テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記



在宅モニター 美容系の覆面調査(株ワールドキャスト)

ワールドキャスト

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 ここんとこすっかりネットが狭く感じます。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされて、検索すれば商業サイトばかり。
 検索はBingにしてみましたけど。居場所の少なくなったネットをまた広く泳ぐためのブログ。
 頭にきたり笑ったり、毎日クルクル。泣ける話のこともある。よしオチはこれでイク(笑)。

回して抽出 3Dタグ

最近の記事 + コメント(View)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
更新カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト


動画チャンネル・レンタル
総合エンタメサイト
記事からのお勧め
記事のよりちょっと高級?
老舗アンケートモニターサイト
座談会・会場調査に特化
D style web
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全7ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME