・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

また歩きタバコが増えている

 私は喫煙者だ。それこそ、十数年ぐらい前は歩きタバコも平気でしていた。
 人通りのない天下の往来だ、「何を構うことか」とやっていた。
 たまたま通りすがりに出くわした糖質らしいヤツがこちらを見て、ストレスで真っ赤の顔を見て、「やれやれ」なんて思ったものだ。「お前のキモさが俺には公害だよ」なーんてwww。

 しかしそれで、「どうもそんな時代ではないらしい」と考えた。
 それを最後に歩きながらタバコは吸わなくなった。
 独りよがりなクレームつけに過ぎないのに、錦の御旗を振りかざしてくる弱者、病気のような連中が多い。連中はヒステリーを起こし被害者意識に凝り固まる。その主張すら矛盾して一貫していない。
 しかしこちらはまともでありたい。ならばこちらはせいぜい遠慮してやろうと、場所を見つけて静かに吸うことにしたのだった。強い者はより強く。弱い者はより弱く。

 おかげで前よりも穏やかにタバコを嗜むようにもなった。
 その頃には歩きタバコをする連中をほとんど見なくなっていた。



 それが今、また歩きタバコする連中を見るようになって驚いている。
 自分は引き続き喫煙者だが、いったいどうなってるのかと思う。
 まさかタバコが次々と値上げされて高くなりヤケクソで開き直っているんだろうか。そんなことも考えたりもした。自分は安くタバコを吸っているもんだから。


 しかしどうもそれも違うことに気がついたのはごく最近のこと。
 我ながら間抜けな話しだ。世間知らずもいいところ(笑)。


 あちこちのベンチやら開けた場所、それこそ外の排気ガスがむしろよっぽど気になるぐらいの場所でさえ「喫煙禁止」なる大きなお世話の張り紙がされているのにふと気がついたのだ。
 そりゃ隣に人がいれば昔だっていくら外でも吸わなかったが、人もいないというのに屋外で「吸うな」はないだろう。

 神経質な張り紙や立て札が町のあちこちにあるのを見てやっと気がついた。
 キチガイみたいな連中、騒ぎ立てる連中がいるのだろう。
 そういう「お綺麗なことを振りかざす」連中というのは逆に社会正義なんて毛ほども気にかけちゃいない。ただ自分の惨めさに人を巻き込みたいだけ。
 人のことを言えた義理ではないが、「病んでいる」連中の実に多いことかwww。

 気がついた。
 吸う場所がないのだ。

 こういう「喫煙禁止設定のやり過ぎ」で、居場所がなくなった喫煙者が歩きながら再び歩きながら吸うようになったということだ。


 なるほど「生命は逃げ道を必ず見つける」のだwww。


テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

玉子焼きはおふくろの味


 「玉子焼きはおふくろの味だ」
 そんなことが言える人はきっとよい母親のもとに育ったのだろう。

 魚、汁、漬物、そしてご飯。
 支度が出来たと家族に呼びかける。
 そこにちょっともう一品、出してやりたいと思う。
 卵は上等なタンパク質だ。
 厚焼き玉子なら簡単だ。
クルクルと巻いて、作るほうだって楽しい。
 

 自分で作ってみればわかることだ。
 そうしてあと一品ほしいと玉子焼き、厚焼き玉子を頻繁に作っている。そのうちウチの我が家のスタイルが出来る。自分の味ができる。
 それが思い出となる。舌の記憶となる。
 俺の玉子焼きを嫁がどう思い出すかは知らないが(笑)。
 そういう人はそんな「あと一品」の気遣いをする母親で育ったのだ。
 きっとそれは幸福な家庭だったと思う。



 今、世紀の毒親であった正田美智子の醜聞と呆れた所業を見るにつけ、こういう自分しか考えない醜悪な人間、これほど邪悪な人間が皇室に潜り込んでいたことに驚く。やっと皇室は正しい形を取り戻された。

 しかし、あの毒親だったからこそ陛下は立派になられたとも言える。
 よき教育係もいた。陛下は雅子妃を守られ、今を迎えられた。つくづくよかったと思う。

 そう考えると分からないものだ。
 そんな風に「あと一品」の気遣いを知らない人、そんな玉子焼きの味を知らない人もいる。
 他ならぬ俺もそうだ。
 「ヒトの育ち方は親だけではない」というのもまた真実ではある。


テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

外食と内食、中食

 外食に対して家で調理をして食事をすることを内食、「うちしょく」という。

 これに最近は「中食」、「ちゅうしょく」という言葉を聞く。
 惣菜を買ってそれを家でしのまま食べることを云うそうだ。
 「買って持ち帰って調理をせずに食べる」こと。惣菜を買ってオカズにするのは昔からやられていることだがどう違うのか。


 アジアのことを振り返る。
 他の国ではこんなスタイルをよく見かけた。タイなんかを想像すればいいだろうか。
 マーケットには惣菜が各種売られていて、ビニールに入れてもらって家で皿にあけて食事をする。
 マーケットで売られているものは安くて種類が豊富で旨い。
 ご飯も麺も、全部買える。そのまま皿にあければ食べられる。何も作らなくてもひと揃い。
 リゾートホテルなんかでもちゃんとした皿が用意されている。マーケットでよりどり買って食べてみるのは楽しい。


 日本では外で買ってきて食べるのを「惣菜で済ませちゃった」と昔から言う。そう考えると、なぜ今更ながらタイの「中食」という言葉があるかと訝しく思う。

 そこで中食と惣菜の違いはなんだろうと考えると、「最後の手間のかけ方」に違いがあるような気がする。

 日本では惣菜を買っても、何も付け合わせもなしに出すということはあまりしない。
 必ずなにかひとつ付け加えるという感じだ。
 日本ならコロッケを買えばキャベツくらいは添えるし、レタスがあれば敷いたりする。魚の焼いた惣菜を買えばダイコンおろしぐらいは欲しい。
 それこそソースでもいい。マヨネーズでもいい。必ず何かひと手間はかけるはずだ。
 アジアではそれはない。「中食」ばかりなので家にはソースすらなかったりする。袋から出してそのまま食うだけだ。
 そのまま出してしまうなら「弁当」みたいなものだ。

 日本で言えば、オリジ○弁当なんかの店で惣菜を選り取り買ってきて皿に出して食べる感じか。

 あまりこれをやる家は日本ではないと思う。
 日本人はそういう「ちょっとしたひと手間」を大事にするからだ。
 だからいくら日本の高度に発達した冷凍食品と言っても、「ひと手間」が前提だから日本人以外にはウケない。冷凍食品が意外と輸出しても売れないというのは、こんなところにヒントがあるかもしれない。

 ちょっとした気遣い、思いやりを大事にするココロ。
 だがこれを「日本のおもてなし」などとは言わないで欲しい。トランプ大統領の訪日ではお互いみながお互いを気遣い、温かな気持ちで晴れやかな対面ができたではないか。



・・・
 昔、「テレビディナー」というハヤリものを買ってみたことがある。
 アメリカの輸入の冷凍もので、皿どころかそのままワンプレートの冷凍モノだ。チンしたらテレビを見ながらそのまま食べられるというものだった。
 付け合わせのインゲンとか人参とか、そしてソースのかかったハンバーグ、豆、そんなものが機内食のように小分けされて詰めてある。

 どうしても何かしたくなりクラッカーを付け合わせにしようと横に並べた。
 ピクルスも出してしまった。タバスコかけて、気がついたらチーズも出していた。量に不満だったのではない。何かしたくなったのだ。
 これでは「そのまま」にはならない。「テレビディナー」の簡便さを体験する試みはあえなく挫けた。

 その時に見たビデオは確か「ツインピークス」だった。


テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

巻き寿司、稲荷

 旨そうな刺身が手に入ったら、たいてい酢飯にしてお寿司っぽくいただいている。
 半額品なので昆布で〆るとかしていただく。
トランプ大統領の晩餐会、令和のお祝いムードでこちらも便乗(笑)。
 玉子焼き、キュウリ、庭の三つ葉やセリも添えて、江戸前のチラシ寿司スタイルで。
 残った酢飯を使って稲荷寿司、巻き寿司なんかにもする。
 3ぶつきとか少しだけ精米するが、普段はほとんど玄米で食べているからまるで白米だ。

 汁はこういう時には赤だしだ。特別サービスという感じ(笑)。
 「赤だし」というのは味噌汁というより極めて嗜好性の高い汁だと嫁は言う。色々と具を入れたりしないでシンプルなのがいいと。
 この意見に敬意を表していつもよりは具を少なくする。
 豆腐のサイの目切りだったり、油揚げとネギとか、ワカメ、キャベツ、そんな感じ。
 赤だしは強いコクが旨くてクセになる。少しだけ砂糖を入れるとよい。


・・・
稲荷寿司。
 イナるのは俺がやる。すっかりお得意だ。慣れているのでかなりの速さで作れる。
 汁のよく浸みたジューシーにイナることが多い。時間が経つとこれが米に浸みてまた格別の味となる。稲荷寿司はむしろ出来たてより一日ぐらい経った方が旨い。
 人参の千切りやヒジキをダシで絡めて入れたりもする。具沢山の稲荷寿司だ。ただしヒジキはもう食べなくなったが(笑)。

 外で持ち歩きするのにもちょうど良い。
 いつだったかバザーで稲荷を入れるのにちょうど良いタッパーを見つけて、「これは稲荷入れるのにいいな」とか嫁と話していたら、その旦那さん「お稲荷だってww」と、とても羨ましそうにしていた。「旦那さん、あんたが造ればいいでしょうに」とは思った。


 巻き寿司は嫁がやる。
 前は上手にやれなかったが、母親にこってりと教えられてからできるようになった。
 義母はよく作っていたが、嫁が上手く巻きずれないというので特訓されたのだった。遅れてやってきた花嫁修業みたいなもののおかげで上手になった。

 具はフキ、高野豆腐、キュウリ、玉子焼き、今回は海老も湯がいて割ったのを入れた。
 バナメイとかブラックタイガーとか、海老をレンチンして真ん中から割ればよく売られている寿司のネタ海老になる。
 よく煮したした人参なら入れてもよい。食感が同じもので合わせたい。
 

・・・
 巻きずる時、そこにワサビは入れないと嫁は言う。
 俺は入れてもいいじゃないかと思う。
 あれ、そういや細巻きはワサビ入れてたような気がするな。回転寿司で。
 カッパ巻き、イカ巻き、ワサビは入っていた。


 太巻きと細巻きは実は違う文化圏の寿司だったか?
 細巻きは江戸前寿司のうちの巻きモノのひとつ。 太巻きは関西の。巻き寿司。
 同じ「巻きモノ」だってんで、そこらの持ち帰り寿司なんかからゴッチャになってしまったのではないか・・・。
 ワサビを入れない太巻き、入れる細巻き。

 どうか。



テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記



在宅モニター 美容系の覆面調査(株ワールドキャスト)

ワールドキャスト

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 ここんとこすっかりネットが狭く感じます。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされて、検索すれば商業サイトばかり。
 検索はBingにしてみましたけど。居場所の少なくなったネットをまた広く泳ぐためのブログ。
 頭にきたり笑ったり、毎日クルクル。泣ける話のこともある。よしオチはこれでイク(笑)。

回して抽出 3Dタグ

最近の記事 + コメント(View)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
更新カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト


動画チャンネル・レンタル
総合エンタメサイト
記事からのお勧め
記事のよりちょっと高級?
老舗アンケートモニターサイト
座談会・会場調査に特化
D style web
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全7ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME