・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

尽きない想い

 こうして日本人が新しい元号を迎える前夜に慨嘆し、振り返っているものがある。
 とてもいいこと。実によい文化ではないかと思う。
 世界でこの時間、この国だけが、日本人だけがこの今を特別な思いで味わっているのだ。それに感謝でいっぱいだ。

 かつて天命を全うして昭和という時代が終わった。それは厳粛なものだった。
 色んな間違ったことがあったとは言え、結果としてこうなったとは言え、今はそれでよかったとも思える。それを受け容れるのもまた堂々とした態度だろうから。



 去っていった人たちがいて、忘れかけた思い出がある。
 変わった景色があり、変わらない風景がある。
 失ったもの、得たもの。残ったもの。残れないもの。
 笑ったこと、怒ったこと、気付いたこと、ないがしろにしたままのこと。
 正しいこと、罪、嘘、正義、言い訳、それでも時間はその歩みを止めることはない。

 ひとつの終わりを、国民みんなでこうして思うというのも、とてもよい機会だと思う。


 いつくしむように時の流れを胸に抱き、これからの歩みを我々は潔くまた進めることになる。
 生きている我々には次への責任がある。
 おかしなことをおかしいと言えるようになった。嘘が隠せなくなった。
 それは明らかな時代なのだ。
 もちろんまだ「時代」なんて言葉は似つかわしくないけれど、まだセピア色にはなるには早すぎるけれど、私たちの時間は未来へと進んでゆく。



 今夜は呑み過ぎないようにしましょう。
 大事にしてきたことを振り返りながら。




今夜はなぜか泣けてくる


テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

譲位などでは断じてござらぬ

 かしましい。実にかしましいことだ。令和前夜。
 しかしも、まだ今回のことを「譲位」などと言っている連中がいる。
 その理解力のなさは絶望的だ。

 退位だ。
 今の天皇はクビになったのだ。
 もし左巻きが好むように、「象徴天皇」ということに重きを置くというなら、「譲る」なんて主体的なことが許されるわけがない。だがなぜか連中はそれを言わない。
 人間天皇なのだろう? ならば無様なクビだとなぜそれをはっきりと言わないのか。
 挙句の果てには「今の天皇陛下のお心やお気持ちを大事に・・・」なーんて、象徴の「気持ちを慮れ」などと他人に棹を差したりする。どこのグンクツの足音の話だww。いったいこれのどこが左翼なのだ?
 しかし保守的な連中より、こういうことを言うのは平和とか振り回す連中に多い。
 
 たわけども。


 未だに「譲位」という言葉にこだわっている馬鹿は誰だ。「譲位」というのは、絶対的な「皇帝」のような者がオノレの意思からその地位を捨てることだ。
 もしや天皇の地位を象徴から皇帝にするつもりか、その連中につくづく問いたいものだ。
 呆れる。
 立憲の前、民主党政権は天皇を政治利用し、中国の独裁者習近平におおいにハクをつけてやった。その愚行を忘れたとは言わせない。
 美辞麗句で飾り立て、本質はただ騒乱を望む者。筋の通った本質などどこにもない。
 それが左翼、左巻きの正体だ。一貫した姿勢など決してない。

 そしてその理屈は、国さえ売る。
 天皇に自由な振る舞いを許せなどと主張する。
 天皇のような公的どころか、象徴という立場にある人間に自由意志を与えよ、すなわち、いくらでも好きなようにコントロールされ、洗脳さえされ、日本の意思に反して何でも言わせる危険をも認めよという主張だ。鳩山の言動を思い出せばいい。そして枝野らはこの責任も取れず、今もルーピーは野放しだ。

 それは愚かな、ひたすら愚かな「履き違えた自由」でしかない。
 それがいかに危険なことか全く分からないのだ。
 あの寄生虫の婚約者の若造が「外交をやりたい」などと言っているその意味がまだわからないとしたら救いがない。

 かつて日本の左巻き、無責任な連中が戦争という災厄を呼んだ。
 今しもまさに「平和」などと声高に叫びながら、この国を戦争に追いやろうとする確信犯的な勢力がいる。
 それが立憲であり、名前をコロコロ変えて国民をごまかし続ける民主党の残党どもだ。暴力の衝動を隠し騒乱を望む日本共産党だ。おめでたい連中にはそれがわからないのだろうかww。
 連中にまだ投票する有権者がいる。狂気が跋扈しているのではないか。


 こと本件に関して言えば、ただの「退位」でしかない。
 「クビ」だ。

 わざと漏らしたにせよ、周辺から漏らされたにせよ、「もう天皇やめてえ」などと甘えたことが一度でも出てしまえば後戻りはできなかった。クビにするしかなかった。
 これに対してご本人、あくまでも「一定の年齢になったら譲位できる法律を作って欲しい」などと見当違いの要求さえしていたものだ。側近やマスメディアさえ使って。
 いったい、いつから象徴天皇の分際で法律改正の提言までできるようになったのか。
 ご本人がこの理解だったということだ。宮内庁はいったいどんな教育をしてきたのか。
 まさに神格された時代の残滓がここにある。その勘違いという錯誤によって。
 しかしどいつもこいつも、特に左巻きどもでも、これにはっきりと疑問と問題視する意思を呈した者はいない。
 そして美智子らは、その法律など作られることなくあくまで「特例扱い」になると見るやその地位に残ろうとさえ漏らした。だが時すでに遅し。安倍内閣は粛々と退位のレールを敷いてしまった。

 天子様、少しはわきまえよ。


 もともと、ああいうことを吹き込んだのは皇后美智子、嫁だと思われる。
 無菌室で育った男を手なづけるのはたやすいことだ。
 そのいかがわしい血は初孫にも及びこの騒ぎだ。実によく似ていると言わざるを得ない。
 庶民を標榜しておきながら、そのくせお付きをアゴで遣い、コンビにもない時代、真夜中にカップラーメンを買ってくるよう要求した美智子だ。あの弟一家の婚約騒動はまさに因果応報そのものでしかない。
 あの話もとうとう、元号が代わっても恥そのものが持ち越しになるわけだ。みっともなさ過ぎる。

 今しもネットにはその皇后の美談めいた話が続々と流されている。なんらかの意図があるとしか読めない。

 日本人という大衆、その「情」と言うものに訴えて、クビになった後に忘れられることを怖れる美智子側は退位後も自分たちの存在を美化したいのだろうが、天皇制などそんなものだ。代が代われば誰も慕うということなどない。振り返るぐらいのことだ。
 呆れた。どだい美智子はこれっぽっちも被災地に寄り添うなんて考えているものか。クビになった挙句にまた箱を作り国民の税金が使われているではないか。
 これが平成という毒をよく象徴している。
 嘘が隠せぬ時代だった。


 思えばアメリカ大統領を呼んだ晩餐会で、その大統領に血反吐まで吐いて、それでも必死に公務を続け覚悟を見せつけ最後まで天命を全うした昭和天皇とは、すでに格段の違いがあったのだ。
 まさに格が違う。
 「音を上げた」から、しかたなく安倍はこれをクビにした。
 それも「極めて特例」という扱いで。
 歴史に残るほどみっともない天皇の最後となった。


 こんな自ら宿命を放り投げるような輩は島にでも流せばよかったはずだ。自らの宿業すら逃れようとするもがく卑しさは見るのも汚らわしい。
 神格化されていないはずの象徴天皇がここまで愚かだったとは、まさに国民の恥辱でもあった。

 「極めて特例」という扱いをされたことに抗議したと、ご学友とやらを使ってそのリークを流したこと、これもいかに美智子が手前勝手でマスコミを巧妙に使ってきたか、国民を愚弄する資質のない者だったかが知れてしまう。
 昭和天皇が不用意に作家や音楽家、きままに付き合いなどしたか。
 不用意な「お気持ち」などいつ表明したか。

 皇后美智子、その汚れた、無様で、あまりにも無責任な勘違いのアイコンの姿がそこにあるというしかない。それがあの育ちの問題だったことはその子供を見れば明らかになる。
 その無責任な子育てがスペア一家で今、そのドス黒い花を咲かせている。
 詐欺師と誰でもわかるチンピラ風情との婚約でモメに揉め、娘は国民の声を無視し続けている。タレントかアイドルになったつもりの娘たちの勘違い。沈黙すらできぬ我慢のない品格のなさ。


 せめて次の令和の代が昭和天皇からそっと寵愛を受け、美智子とは一線を画し、間違った戦後教育と勘違いの自由主義に感染していなかったことだけが不幸中のさいわいとしか言えない。


 天皇の地位は、それを利用しようとする政治勢力によって振り回されてきた。
 「尊皇攘夷」という歴史の言葉を忘れたか。
 将軍徳川を降ろしても選挙はない。次に徳川を降ろした連中が都合よく統治の正統性を標榜するため、これを任命させるために天皇は使われたというだけ。
 予想以上に明治天皇に格別のリーダーシップがあったというだけでしかない。

 その前の歴史をみれば、宮廷などはある種の戯言、権力者らが文化を通じた権威付けのために放置し、遊ばせておいた無能力者でしかなかった。
 その無能力者どもは今の世になって同じ恥を晒す。
 詐欺師とのいかがわしい結婚に反対され、むくれて国民にそっぽを向く娘二人には品格もない。その母親、嫁は皇室に入り込むためにあらゆるペテンをやってひっかけた。白日の元にさらされ、もはや隠れ場所などどこにもない。そしてその夫は国民に対してまるで政治家のような口を聞く身の程知らず、この有様だ。


 左翼がよく言うこと、「天皇制はいらない」、そんな言い草さえひとつの政治利用でしかない。
 なぜなら、その天皇制を廃止させたなら必ずヤツラは使うから。必ず自分たちの都合がいいように使おうとするから。
 呆れ果てておめでたいレベルだ。
 なにが大戦の反省だ。何が自由で公平な社会だ。聞いて呆れる。
 日本が滅べばいいと老醜が若いものを呪っている惨めさだけではないか。

 
 こんなこともわからないのは、今すぐにでも原発を廃止しろなどとできもしないことを要求している政治勢力を救済だと信じるような愚かな連中と同じだ。
 日本から原発はなくなる。
 しかし時間が必要だ。


 過激主義に走る言説には常に破壊の衝動があると心すべし。
 その破壊衝動はよこしまな動機に基づくものだと警戒すべし。

 そうでないと言うなら、まずその首をはねよ。


テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

カレーライスの最近

 お昼はカレーにした。
 最近、カレーは市販のルーを使うならごくシンプルなものにするようにしている。
 野菜と肉を炒めてルーを投入する。
 せいぜいコショウを追加するぐらい。
 具はささがきゴボウ入れたりインゲン入れたり、種類は多いんだけれども。

 前はヨーグルトを入れたりナッツを入れたり、ジャムをチャツネのように使ったりした。ルー自体に手をかけた。
 市販のルーをベースにしても色んな工夫やスパイスを必ず追加したものだ。
 もちろんそれをやれば大層深みのある味、とても美味しくできあがる。市販のものはあくまで「最大公約数」的な美味しさでしかない。自分の味というものが最高だ。
 辛さも好みの激辛にした。触れば手がヒリヒリするような唐辛子を使った。
 味のコピーをして松屋風のトマトカレーもやってみた。
 そうして、ついには、ガラムマサラとターメリックを買ってきて案外と安いなと、どんどん市販のルーから遠ざかる。
 今はあちこちで輸入のものが買えるから、いくらでもバリエーションが楽しめるのだ。
 クルミとトマトを使ったグルジアシチューもカレー仕立てにしたりした。


 こんなことをひととおりやってきたものだから、逆に市販のルーを使うならごく普通に作って味わうことにしよう、そう思うようになった。
 最近のこと。
 メーカが考えて開発したその味を楽しもうと思っている。
 辛いのはせいぜい各自がタバスコか何かでするぐらい。

 わざわざ少し残しておいて、それをカレー蕎麦にするのは今も変わらないけれども。


 そうしたら嫁がやたらと辛いと言った。
 「俺は何もいれてねえぞ」
 「市販なのにこの辛さはすごいよ」
 「機械のカラダになって、辛いのが苦手になったんじゃねえか?」
 「辛い、辛い」

 そうかね?
 あ、そりゃこれだ。
 俺の漬けたそのラッキョウが辛いんだった(笑)。


テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

うどって気品があって美味しい

うどはとても品がある食べ物だと思う。
 また今年も口にする季節になった。
 うどは香りも控え目なのがよいし、味も表現のしようがないほどほのかに感じる。

 だから懐石などでは何かしらの形で出される。
 それも春先、ポカポカといい季節のこんな頃。
 おしるしのように控え目に出されると吉兆のように感じる。

 菜の花もいい、サワラもいい、筍もみんな春の味わいではある。

 でも、うどの味わいというのはまた格別だ。それほど主張がないところが「春の匂い」と言い表すのに相応しいのだ。
 いわば高貴なものさえ感じる。

 主張がそれほどないから、調理方法も多彩。
 白和えでもいいし酢味噌、味噌、焼いてもいいし、少し湯がいてゴマと合えても。

 それこそ何でも考えつく。
 とても調理のやりがいがある食材なのだ。


・・・
 そう考えると「高貴さ」とか「気品」というのはそういうものだ。
 「ノーブレスオブリージュ」というのは、ひっそりとはしていても厳しく律せられた彼らの立場と誓いを表す言葉なのだろう。


 どんどんわがままを晒し、顔を売るだけの道化になってゆき、醜態を晒している最後を見ると、やはり嫁の育ちが悪かったということを考えてしまう。どんなにメディアを操作して言い訳や飾りごとをしても、やはりその性根は透けて見えてしまう。昔からそういうことをやっていた。国民はこれを平成にわたって無理やり支えていたのだ。姑にイジメられたなどと漏らしたり、隠せない我慢のなさは実は最初からあったのだった。
 そしてこの体たらく。
 ああなってしまうと、もう扱いは難しい。高貴さの義務をかなぐり捨てて開き直り、自己主張などし始めれば間違えるからだ。「法律を変えてくれ」などあってはならぬ要求だった。勝手な振る舞いは許されない。アイコンが喋り始めれば誰に利用されるかわかったものではないのだ。

 だからその昔は島に流した。女はクビをはねた。
 しかし今はそういうわけにもゆかない(笑)。


 ミジメな平成が終わろうとしている。
 嘘をどうしても取り繕えないまま終わったという時代の感がある。その平成が終わる。


 これを奇貨、いや「奇禍」として次の代に託すのは良いかも知れない。
 国を守る意識があられ、「滅私」というものをご承知の方に代わられるのは結果としては良かったことなのだと思うしかない。
 別に卑しい国民風情だから「思うしかない」と言うのではない。主権者である我々が担いでしまったものが間違ってしまうにしてもやはりその責任は主権者にあるからだ。

 こうしてギロチン沙汰になることもなく、どうにも不思議とケジメがつけられないままやり過ごすというのも、この国に実によく合っていることなのだろう。



 「うど」の味は春の希望を思わせる。
 次の方にはそういう微かな香りを感じざるを得ない。
 特にどんな主張があるというのでもない、それがそのお立場と言うもの。
 それをしかとご存知か。



テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記



在宅モニター 美容系の覆面調査(株ワールドキャスト)

ワールドキャスト

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 ここんとこすっかりネットが狭く感じます。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされて、検索すれば商業サイトばかり。
 検索はBingにしてみましたけど。居場所の少なくなったネットをまた広く泳ぐためのブログ。
 頭にきたり笑ったり、毎日クルクル。泣ける話のこともある。よしオチはこれでイク(笑)。

回して抽出 3Dタグ

最近の記事 + コメント(View)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
更新カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト


動画チャンネル・レンタル
総合エンタメサイト
記事からのお勧め
記事のよりちょっと高級?
老舗アンケートモニターサイト
座談会・会場調査に特化
D style web
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全6ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME