・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

卵料理には愛情がいっぱい

コメントいただきありがとうございました。
 埋もれてしまうのも残念ですので、勝手ながらここに引用させていただきます。

> ほほぉ~
> 完成品の出来上がりですね♬
> どんな味なんだろう、ケチャップ隠し味。
> わたしは、名付けて「卵丼」を作ります。
> 餡はありません。
> だし巻き卵の半熟版かなぁ。
> 子供が「卵かけご飯」に飽きていたのと、生は消化に負担がかかるかなぁ?ってとこからの発想でした(*^-^*)
> これが大好評でした。
> 次はステップあげて「天津飯」いってみようかな?
> あ…でもそれが好評だったら、もう「卵丼」で手抜きできなくなるかも…。


 私の持論ですが、だし巻き卵とは、「あと一品」のココロの思いやり。

 こんな風に「生は消化に負担がかかる」とまで考えられる方もいらっしゃる。

 お子さんへの愛情がたっぷり。


 このコメントを見て思い出しました。
 昭和の時代、卵そぼろと肉そぼろで、そぼろ弁当なんてありました。
 誰かしら弁当に持ってきていた。

 彩りもよいシンプルで素敵なお弁当。
 スクランブルエッグをもっと細かくして、鶏肉も同じように細かくそぼろ状にして、ご飯の上に散らしたもの。三色弁当なんて言い方がされました。

 あれ?三色って、もう一つは何だっけww。
 鮭だったか、「おかか」だったか。



 考えてみると、卵料理には特に愛情がいっぱい入っているような気がします。
 茶碗蒸しだってそう、プリンだってそう。
 どこか作り手の温かい気持ちが感じられる料理です。
 料理となって卵が色んな形に変わるところに、作り手の工夫、気持ちが感じられます。


 卵を割っていろんな形に姿を変える。
 素敵なお料理ができあがります。
 今日はどんなお料理を作ってあげようか、そんな気持ちがいっぱい詰まっています。



 どうして卵ってそんな気持ちが伝わるんでしょう?

 シチューだっていいではないか。
 でも、卵料理の方がより強い。

 私には、その理由、卵というものが「命の素」だからという気がします。


 みんな卵から生まれてくるのです。


 鰊の腹から卵、数の子が出てきた時の嬉しさったらありません。
 カレイだってピンクの卵はお宝。
 カラスミ、トビッコ、タラコ、数の子、明太子。魚卵はみんな大好きw。

 ウズラ、ダチョウ、ピータンだってヨダレもの。


 卵というのは偉大なもの。「命の素」。

 ハードボイルドな気丈さの喩え、イースターエッグのサプライズ。
 ハンプティダンプティの尊大さと危うさ。
 「ひとつの籠にすべてを盛るな」という箴言。

 「卵が先かニワトリが先か」という禅問答。


 色んな価値が卵から産まれます。

 発想さえ産まれたりした(笑)、「コロンブスの卵」。


 卵は「完全食品」とも言われ、その栄養価はお墨付き。


 そして昔はテンペラ、絵画の定着剤にも使われました。
 使わなくなった食洗器を収納代わりにしていたら、卵が割れて漏れ、少しこびりついていました。
 これがなかなか落ちてくれない。
 苦労した。

 「そりゃそうよ。昔は接着剤に使ったんだから。」なんて嫁が言った。



 そうやって考えてみると、一方の白子の方はどうでしょう。
 男の側の精子のことです。

 アレはどうやら世間はあまり評価してくれてない気がする。

 嫁はあまり食べたがらないし、作っても私が主に食べている。
 煮付けにすると美味いのに、いつも世間は生臭いもの扱い。
 ショウガを入れて臭みを取れ、とか邪魔にする。

 白子も「珍味」とまで言われてはたまらない。



 子供の男子生徒、精が溜まったからと休ませてくれるわけでもない。男に「精理」休暇はない。
 初潮は赤飯、精通はエロガキ扱い。

 コンドームに出せば汚物扱い、いともたやすくゴミ箱へ。

 パンツの染みが汚いと、娘が親父と一緒の洗濯を拒絶する。


 子供がいなければ種無し扱いさえするくせに、誰の白子か分からないことも、(笑)。
 青春の悶々とした日々、男は白子をひたすら持て余す。



 鮭が河に昇ってきて・・・、キラキラ光るイクラを川面に産み落とすと、そこにオスが白子をまきかける。
 バアッとまいて、無駄も多い。

 細胞単位じゃ億万の白子がひとつずつ泳いで卵子へ。
 到達する先着順。年男のランニングマン・レース。


 遅れた精子、ロックダウンされた卵子にはもう入れない・・・。

 一生懸命に泳いでいった先は、締め切りとともに扉が下りてジ・エンド。



 ・・・ なんてこと。


   あんまりじゃないか(欝



おそまつ



テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

天津丼をモノにする

 天津丼をとうとう我が物にしました(笑)。

 正直、そんな達成感があります。いい感じです。

 嫁から、美味しい、これは格別だとのお墨付きを得られたのでとても満足です。



 嫁が好きだというので、天津丼は前からたまには作ってはいたのですが、どこか私は軽く見ているところがありました。
 昔、中華料理を食べに行っても私は八宝菜なんかで嫁は天津丼。
 もっといいのを食べろよ、なんて思ってたりしました。

 しかし、このところ何度か続けて作るうち、次第に納得のゆくものに。
 集中した総力戦で鍛えられた(笑)。


 天津丼は親子丼ともオムライスとも違うのです。
 
 まさに天津丼でなければなりません。その怪しいところがなくなって我がメニューとなりました。

 祝 www。



 卵はダシ巻き卵を作る要領で、片栗粉を入れダシを入れボウルで混ぜます。

 ご飯は白いご飯だけでも、ピラフっぽく具があっても、オーシャンキングなんか散らしてもいい。そこはお好みで。


 タレは甘酢です。
 メンツユ系で甘酢に仕立てます。

 これも片栗粉でトロミをつけますから、なんならこの餡をそのまま溶いて、ボウルの卵に少し入れてもいいです。


 この餡はケチャップを少し隠し味に入れます。これがちょっとポイントかも。


 餡は強いトロ味があるのが私は好みです。



 そうしてひとわたり準備ができたら並べて作ります。
 卵のフワフワを味わうため、電撃的な調理が求められます。
 汁をつけるからそれもあらかじめ火をいれておいて。

 すべての用意を終えての食べる直前です。フライパンに一人前ずつ作ります。卵のフワりとしたカキ卵を作ります。

 手順が大事。

 餡とか卵とかご飯とか、色々とフライパンを使います。


 油を敷いて流し込んで、少しかき回しながらスクランブルエッグになるのは怖がらずに。

 フワッと簡単に作ります。


 頃合いを見て好みになったら、フライパンをひっくり返してご飯に乗せます。

 温めておいた餡をかけ、すぐに食べてもらいます。
 次に私のができるまで待たなくていい。


 ペロリ平らげ。


 本当の天津丼、まあ「本当の」ってどれがホントかは分かりませんが、割と甘酢にしないところが多いようです。
 そして具はない。



 うちは「甘酢マニアだから・・・」なんて嫁は言います(笑)。

 具もウチはあったほうがいい。
 ちょっとだけでも何か散らして、かき卵とご飯の間に挟みます。



 とにかく、名前は天津丼なのですから、親子丼やオムライスとは違うものにしたいものです。

 名前が違うだけで中身がほとんど同じではつまらない。

 そんな風に天津丼を意識して、何回か集中的に作ったら、やっと慣れてきました。

 我が手のものとなりにけりww。


めいしくおしあがれ

 
   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

鰊の三五八

 人間は矛盾が多いものです。

 秘めた想いを口に出すことを躊躇いながら、自分に正直に書こうとしているブログを私は裏切れません。
 そうして吐露してしまった想いはどこに行くのか。
 かくも人間は複雑なのです。


 とは言え、ただ少し酒で口が滑ってしまったのかどうなのか、後悔は少しあります。

 自分の素直な言葉はそのまま自身に返ってくることを願っています。
 消えてしまわないように。



 
・・・
 今日は三五八漬け、サゴハチというものを食べました。

 鰊の腹に餅米みたいなのが詰めてあって、それを焼くものです。

 この買占めブームの中、スーパーに大量に安く売られているのを見つけたものですから、食べつけないものでもつい買ってみたのです。
 定価でしたが・・・。
 鰊って、今が旬なんでしょうか。



 それを言ったら春ですから、世はまさに旬ばかりです。

 まあ、もっとも一番の「旬」はコロナウィルスでしょうけれども(笑)。



 焼く前にぐぐってみると、東北の方のもので、鰊の腹に発酵した麹と米が詰めてあるそうです。

 「麹と米で味付け」というのが、いまひとつ実感が沸きません。
 焼くと米はしょっぱく、食べられる感じではありませんでした。

 お腹からザラザラと米が出てきます。



 贅沢なものです。
 米を味付けに使って、それを捨てるというんですから。
 こんな料理があるのですね。
 名前は薄っすらと知ってはいたけれど、食べたことは始めてかも知れません。


 いや、いや。「食べたことはない」なんてものは、この歳でそうそうはないはずです。
 きっと一度は食べたことがあったはずです。

 ただ覚えていないだけ。
 食べつけないものはいつも「これは初めて」なんて思ってしまう傾向があります。


 慣れてないものについて学習するのは脳の無駄に感じてしまいます。もう二度と食わないかも知れませんから。

 だから、ついいつも、「初めて」と考えてしまうのでしょう。

 そうして何度も初めてをやっている。



 考えてみれば、こういうバイアスというのは危険なものかも知れません。
 「新しいものにその都度対応してゆく」というのは、求められる適応力です。

 しかし、そうして初めてということを言い訳にして、いつも初期対応、その場しのぎの対応に逃げようとするところがあるかも知れない。

 前に経験したのであれば、今度はそれを踏まえておかなくてはならないはずなのです。

 学習能力がない、なんて言いますが、あまり起きないことならそれが言われないという甘えがないか、どうかw。
 だからテールリスクということなのでしょう。


 今回のコロナにしても、スペイン風邪の流行を踏まえねばならなかったかも知れない。



 私もいい加減にいいオッサンなのですから、そろそろ、「俺は何でも知っている」なんて、そんな態度を身につけたほうがいいかも知れない。




 まあ、それにしても、日本人の食に対する姿勢というのは実に素直で実直なものがあると思います。

 だからと言ってなんでも試すわけではない。どこか品位を維持しながらやっているのを感じたりもします。
 どんなものができるか、なんてやらない。無駄にはしない。

 ちゃんとシミュレーションをした上でやっている感じがあります。



 普通に鰊はおいしいものでした。

 鰊は少し干してあり脂が出るはずです。それが餅米のせいでジクジクとはならない。
 脂を吸ったというところにミソがあるのか、どうか。



 
 ストアと呼んでいる、我が家の食料の倉庫を嫁がチェックしていたら、蕎麦の在庫がずいぶんとなくなっているとのこと。

 それは困った。

 蕎麦は一年にいつだったか、必ずスーパーで特売が多くなるシーズンがあって、そのときに大量に買っているのですが、今の買いだめブームのせいで今年はどうなるか分かりません。
 そういえば、このところ妙に定価でものを買うことが多くなっていて困っている。

 私たちは、それこそ宗教とも言えるほど厳しく割り引きシールだけをよすがにして買い物をしているというのに(笑)。


 これからどんな新しい価値観を持たねばならないのか。コロナはまだ収束の見通しも立ってはいませんが。



 まあ、コロナならぬ、ココロは穏やかにして、参りましょうか(笑)。



おうぞどだいじに


テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記



在宅モニター 美容系の覆面調査(株ワールドキャスト)

ワールドキャスト

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 ここんとこすっかりネットが狭く感じます。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされて、検索すれば商業サイトばかり。
 検索はBingにしてみましたけど。居場所の少なくなったネットをまた広く泳ぐためのブログ。
 頭にきたり笑ったり、毎日クルクル。泣ける話のこともある。よしオチはこれでイク(笑)。

回して抽出 3Dタグ
エロいの大好き自分用
見ちゃイヤんww

最近の記事 + コメント(View)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
更新カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト


動画チャンネル・レンタル
総合エンタメサイト
記事からのお勧め
記事のよりちょっと高級?
老舗アンケートモニターサイト
座談会・会場調査に特化
D style web
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全63ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
記事タグIndex