・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

みせしめ的な措置は悪か?


 コロナのデマというか確証のない話を広めて商売にしようとした薬局に家宅捜索が入った。


>

社会

>

「コロナに効く」とタンポポ茶宣伝 容疑で薬局を家宅捜索―大阪府警

2020年03月19日17時00分

 医薬品として承認されていないのに「新型コロナウイルスに効く」とタンポポを宣伝したとして、大阪府警は19日、医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告禁止)の疑いで、大阪市生野区の薬局を家宅捜索した。
 捜査関係者によると、この薬局は医薬品として承認を受けていないタンポポを販売する際、「新型コロナウイルスに対する予防効果がある」とチラシで宣伝した疑いが持たれている。
 消費者庁は、根拠がないのに新型ウイルス予防効果をうたった健康食品や空間除菌商品が出回っているとして注意を呼び掛けていた。


 


 悪質な店ではないように感じるが、ここまでするかというような家宅捜索だった。

 これは一種の「みせしめ」と言っていいだろう。

 それだけコロナ関連のデマで買占めなどが起きていることへの危機感が警察側にはあったのだと思う。


 実はこういう「みせしめ」という言葉は、我々は普通に使っているが、司法や警察行政はその指摘に対しては無視を決め込んできた。

 あくまで「事件は事件だ」、なーんて木で鼻をくくったようなことしか言わないで逃げてきた。


 だから「あっちが許されているのに俺はなんでダメなんだ」なんてパクられた方も必ず言う。開き直りもいいところだ。

 そうして司法は仕方なく言って聞かせる。いわく、「それはそれ。人は人で別のことです。あなたが法を破ったこととは関係がない。」なんて。



 京都府議会で、最近、交通違反の取り締まり、その予算を否決したというようなニュースがあった。

 いわく、「見せしめ的な取締り、スピード違反取り締まりのための予算を否決」というようなことだった。


 とんだポピュリズムだと思う。

 取締りがされないなどと緩んだ連中が誰かをハネ殺したら、議員らは責任が取れるのか。



 この時、「みせしめ」というのが公的に使われたが、随分と珍しいことだと思った。

 まあ議会側が言ったことだから、厳密には取り締まりをやっている側ではないのだが。


 「みせしめ」なんて言えば反発があるが、それは「抑止力」のことだ。



 国が軍を持ち、攻撃に対して戦力を行使する用意があるとすることは、侵略や強盗国家からの攻撃を抑止する。


 罰を受けるから法律を破らないようにする。


 個別にいちいち取り締まっていたら埒が開かない。四六時中監視された社会など窮屈なのだから、「たまたま」引っ掛かった者から罰金を取る。


 法を守らねばいつ取り締まられるかわからない、だから法令を遵守せよ。

 これが秩序維持なのだ。

 それは死刑制度でも変わらない。



 もっと「みせしめ」をすること、取り締まることに胸を張っていいのに、それをやらないから食って掛かるような馬鹿が後を絶たない。

 平等に取り締まってくれなければズルい、そんな理屈はないのだ。



 コロナに感染して、自分だけ不公平だと勝手な不満をぶちまけて、暴露させたヤツがいた。そして今回の外出自粛要請が長引いて、早くも反発しているのがいるらしい。



 今回のコロナ騒ぎ、その封じ込めだって同じことだ。

 ミラノは外出したら罰金を課すことにした。


 個人の権利は非常時はに制限されて当たり前だ。

 そういうことを毅然としてゆかないと、やがて衆愚が暴れだし手もつけられなくなってしまう怖れもある。そうなった時、どう秩序を回復するのか。


 世界の戦乱の場所の出来事を知らないわけはないだろう。


 我が国はその必要性がわかっているのだろうか。



 秩序が維持されていることこそが「平和」なのに、それを理解できない人々がいる。

 平和とは好き勝手にワガママが通ることだと思っている。


 人に配慮などしない連中が権利を振りかざしている。

 唾棄されようが批判されようが、懲りない連中はいる。他人に危害が及ぶのなら罰と強制力を使うべきだ。



 しかしどうやら、我が国の人々はそういう毅然とした対応が、ズルい自分にいつか返ってくることを怖れてしまうものらしい。

 コロナばら撒き男の遺族にフィリピンパブやホステスは賠償請求してもいいはずなのに、それをやれば「可哀相」と世論は反発するだろう。

 あれだけ叩いていたのに。


 どうにも甘っちろい、適当な正義しかない。




テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

みんな卵は半熟が好きなんだろうかと考えた

 先日、鍋をやっていて嫁と話したこと。

 俺が卵を落として締めにしていたら、嫁も結局真似をした。
 腹が一杯と言いながら春雨、そして卵か。
 まあ俺も春雨は取りましたけど。

 それで鍋に落とした卵を、いい頃だななんて、それぞれ見て引き上げるんだが、お互いに納得できる半熟の状態であるかどうかが大事だ。

 半熟にも程度はあるし、二人に好みの違いはある。
 嫁はあまりトロリと流れ出てしまう黄身の状態は嫌だという。
 うっすらとオレンジの柔らかそうな半熟が好きだという。

 要するに色だな。
 嫁はよく色のことで料理の評価をする。


 ただ、嫁が言うには、
「半熟なんてみんな好きでしょww」
 と。

 そりゃ程度はある。
 でも、半熟は世界中の誰もが好きなのか?
 
「世界中の人が半熟卵が好きだよ」
 嫁は自信たっぷりにそう言った。


 振り返って、読んだ小説か何かで覚えがあることに気がついた。
 主人公がわざわざ、「卵は固ゆでにしてくれ」なんて言ってた。
 「シェイクでなくてステアして」と、マティーニを注文するようなこだわりの男。



 あれ?
 それって、「卵の固茹で」ってこと。「ハードボイルド」ってことだよww。

 つまり、「ハードボイルド」って卵の固ゆでのこと。「あまり人はやらない」「わざわざ好んでやる人はいない」って、そこから来ているんじゃなかろうか。

 何気なく使い続けてきた「ハードボイルド」って小説のジャンルだ。
 今は亡き内藤陳によれば「冒険小説」のひとつのカタチ、スタイルなのだが、それを俺は男らしい態度とか、自己研鑽の挙句に行き着く態度、クールでニヒル、どこか武士道に通じるもの、ただそんな風に思っていた。

 内藤陳もそういう感じで理解していたと思う。
 チャンドラーの話で、新宿ゴールデン街の彼のバーで盛り上がったことを振り返る。「深夜プラスワン」。ああ、あの金は返すよ。そのうち、あの世に俺も行くからww・・・


 ・・・ともかく、実は俺は「ハードボイルド」の語源なんて少しも考えたことがなかったのだ。
 空気のように感じていたような言葉だったが、その原意については考えたこともなかった。


 「固ゆでの卵」なんて、実は世界中、誰だって好きじゃない。
 だからその誰も好きじゃないことをやる男気を表現した。

 別れた女のために命を賭けたり、義憤のためにタダで仕事をしてやったり、許せない奴を追い込んでそれでも最後には弾の入ってない銃の引き金を引くこと。


 そんな、誰もがやらないことを「ハードボイルド」と言ったんじゃなかろうか。


 どうだろうか、俺には結構な発見に思えてくるんだが・・・。


 もちろん、玉子サンドやカルボナーラはまた別でしょうけれども(笑)。


めいしくおしあがれ


生協の宅配パルシステム 【お試しセット】

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

やっぱり赤だしは刺身と酢飯に合う

 刺身のツマのお話。ちょっとした振り返りでした。

 買ったパックのお刺身のツマは、洗えばシャキッとして食感がよろしいです。
 ちょっと洗って絞ってお皿に戻します。

 これ、自分でやる時はあります。
 スライサーなんかでダイコンのツマを作る時は、大根の栄養が逃げてしまいますから、水に晒すというのはあまりお薦めしません。シャキッとさせるにはちょっと洗って絞るだけ。
 ウチはあまり水に晒しません。

 ただ、パックの刺身についているツマは、そのまま食べれば刺身のエキスがかすかに浸みていて、独特の味になっています。
 これもなかなか捨てがたいものがあると、思い出した次第(笑)。



 それにしても赤だし、やはり赤だしというのは刺身と酢飯によく合うものです。

 正しく赤だしを作るとするなら具は少なくします。
 ワカメとか玉葱とか、油揚げを刻んだものとか、わずかの具にする。

 ダシはニボシか何かで薄めにとって、そして具に火が通ったら味噌を溶きます。
 ウチはバザーで昭和の味噌を溶くためのカゴを手に入れています。重宝しています。
 
 そして沸き立たせないようにして、仕上げに黒砂糖をほんのひとつ、少し黒砂糖を入れるのです。

 そうすると、趣味性の高い、味噌汁というか赤だしそのものが出来上がります。

 嗜好品という感じ。クセになりそうな味です。


 刺身と酢飯なんて、もともと食事というよりも嗜好性の高い、ご馳走だと言えましょう。
 「お造り」というぐらいで、職人が包丁を入れるそのワザを楽しむというぐらいのお料理です。
 寿司にしても、それは職人が作る一種のエンターティメント。

 だから、食事としての汁よりも、刺身や寿司にはこういう趣味性の強い赤だしが合うのでしょうか。

 赤だしは味噌っぽい感じがあまりしない。

 
 コーヒー?
 そういえば戦時中は豆を煎ってコーヒー代わりにしていたことがあったと聞きます。


 関東では実は、あまり赤だしというのはポピュラーではありませんでした。
 今はどうか知らないが、昔は寿司屋で赤だしなんてものは出さなかった。
 私も貧乏性ではあったが、若い頃はランチタイムなら寿司屋がいいと、よく色んなところを訪ねた。
 一度も赤だしを出されたことはなかったです。

 これが関西なんかだと、江戸前や大阪寿司なんかを頼むとこの赤だしがついてきて、「どうや」そんな主張をしてくる(笑)。
 大阪寿司というのはバッテラ、太巻き、そういうもの。

 ランチタイムの外の看板に「赤だし付き」なんてわざわざ書いてあったりもする。
 「何かありがたがっている」、「ありがたいものだ」、そういう主張がある感がなくもない。
 それでいて、そんなに自慢の赤だしなのかというと、やはり具は少なく、汁という感じがしません。


 要するにコーヒーなんだろう。
 喫茶店のランチに「コーヒー付き」なんて書いてあるのに近いのかもしれない。

 長野の赤だし味噌、名古屋なんかもいい味噌がある。

 普通の田舎味噌や白味噌なんかと違って、さっとは溶けにくいけれども、ちゃんと注意すれば美味しくできます。
 また、赤だしは何も熱々ではなくていいようです。
 たいてい少しぬるいのが普通ではないでしょうか。
 これもコーヒーとの共通点だと思います。
 熱々のコーヒーなど山登りで自分で沸かして飲むぐらいでしょう。店でそんな熱々を出すところはありません(笑)。

 そして、完全に冷めてしまうと赤だしの味わいが違ってしまうので、注意して気を止めておいて、冷える前にすっかり飲んでしまうのがよろしい。
 お店からすれば「早く片付くお客」ができるのが赤だしでもあるでしょう。


めいしくおしあがれ


テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : 日記



在宅モニター 美容系の覆面調査(株ワールドキャスト)

ワールドキャスト

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 ここんとこすっかりネットが狭く感じます。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされて、検索すれば商業サイトばかり。
 検索はBingにしてみましたけど。居場所の少なくなったネットをまた広く泳ぐためのブログ。
 頭にきたり笑ったり、毎日クルクル。泣ける話のこともある。よしオチはこれでイク(笑)。

回して抽出 3Dタグ
エロいの大好き自分用
見ちゃイヤんww

最近の記事 + コメント(View)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
更新カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト


動画チャンネル・レンタル
総合エンタメサイト
記事からのお勧め
記事のよりちょっと高級?
老舗アンケートモニターサイト
座談会・会場調査に特化
D style web
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全29ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
記事タグIndex