・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

卵料理には愛情がいっぱい

コメントいただきありがとうございました。
 埋もれてしまうのも残念ですので、勝手ながらここに引用させていただきます。

> ほほぉ~
> 完成品の出来上がりですね♬
> どんな味なんだろう、ケチャップ隠し味。
> わたしは、名付けて「卵丼」を作ります。
> 餡はありません。
> だし巻き卵の半熟版かなぁ。
> 子供が「卵かけご飯」に飽きていたのと、生は消化に負担がかかるかなぁ?ってとこからの発想でした(*^-^*)
> これが大好評でした。
> 次はステップあげて「天津飯」いってみようかな?
> あ…でもそれが好評だったら、もう「卵丼」で手抜きできなくなるかも…。


 私の持論ですが、だし巻き卵とは、「あと一品」のココロの思いやり。

 こんな風に「生は消化に負担がかかる」とまで考えられる方もいらっしゃる。

 お子さんへの愛情がたっぷり。


 このコメントを見て思い出しました。
 昭和の時代、卵そぼろと肉そぼろで、そぼろ弁当なんてありました。
 誰かしら弁当に持ってきていた。

 彩りもよいシンプルで素敵なお弁当。
 スクランブルエッグをもっと細かくして、鶏肉も同じように細かくそぼろ状にして、ご飯の上に散らしたもの。三色弁当なんて言い方がされました。

 あれ?三色って、もう一つは何だっけww。
 鮭だったか、「おかか」だったか。



 考えてみると、卵料理には特に愛情がいっぱい入っているような気がします。
 茶碗蒸しだってそう、プリンだってそう。
 どこか作り手の温かい気持ちが感じられる料理です。
 料理となって卵が色んな形に変わるところに、作り手の工夫、気持ちが感じられます。


 卵を割っていろんな形に姿を変える。
 素敵なお料理ができあがります。
 今日はどんなお料理を作ってあげようか、そんな気持ちがいっぱい詰まっています。



 どうして卵ってそんな気持ちが伝わるんでしょう?

 シチューだっていいではないか。
 でも、卵料理の方がより強い。

 私には、その理由、卵というものが「命の素」だからという気がします。


 みんな卵から生まれてくるのです。


 鰊の腹から卵、数の子が出てきた時の嬉しさったらありません。
 カレイだってピンクの卵はお宝。
 カラスミ、トビッコ、タラコ、数の子、明太子。魚卵はみんな大好きw。

 ウズラ、ダチョウ、ピータンだってヨダレもの。


 卵というのは偉大なもの。「命の素」。

 ハードボイルドな気丈さの喩え、イースターエッグのサプライズ。
 ハンプティダンプティの尊大さと危うさ。
 「ひとつの籠にすべてを盛るな」という箴言。

 「卵が先かニワトリが先か」という禅問答。


 色んな価値が卵から産まれます。

 発想さえ産まれたりした(笑)、「コロンブスの卵」。


 卵は「完全食品」とも言われ、その栄養価はお墨付き。


 そして昔はテンペラ、絵画の定着剤にも使われました。
 使わなくなった食洗器を収納代わりにしていたら、卵が割れて漏れ、少しこびりついていました。
 これがなかなか落ちてくれない。
 苦労した。

 「そりゃそうよ。昔は接着剤に使ったんだから。」なんて嫁が言った。



 そうやって考えてみると、一方の白子の方はどうでしょう。
 男の側の精子のことです。

 アレはどうやら世間はあまり評価してくれてない気がする。

 嫁はあまり食べたがらないし、作っても私が主に食べている。
 煮付けにすると美味いのに、いつも世間は生臭いもの扱い。
 ショウガを入れて臭みを取れ、とか邪魔にする。

 白子も「珍味」とまで言われてはたまらない。



 子供の男子生徒、精が溜まったからと休ませてくれるわけでもない。男に「精理」休暇はない。
 初潮は赤飯、精通はエロガキ扱い。

 コンドームに出せば汚物扱い、いともたやすくゴミ箱へ。

 パンツの染みが汚いと、娘が親父と一緒の洗濯を拒絶する。


 子供がいなければ種無し扱いさえするくせに、誰の白子か分からないことも、(笑)。
 青春の悶々とした日々、男は白子をひたすら持て余す。



 鮭が河に昇ってきて・・・、キラキラ光るイクラを川面に産み落とすと、そこにオスが白子をまきかける。
 バアッとまいて、無駄も多い。

 細胞単位じゃ億万の白子がひとつずつ泳いで卵子へ。
 到達する先着順。年男のランニングマン・レース。


 遅れた精子、ロックダウンされた卵子にはもう入れない・・・。

 一生懸命に泳いでいった先は、締め切りとともに扉が下りてジ・エンド。



 ・・・ なんてこと。


   あんまりじゃないか(欝



おそまつ



テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

天津丼をモノにする

 天津丼をとうとう我が物にしました(笑)。

 正直、そんな達成感があります。いい感じです。

 嫁から、美味しい、これは格別だとのお墨付きを得られたのでとても満足です。



 嫁が好きだというので、天津丼は前からたまには作ってはいたのですが、どこか私は軽く見ているところがありました。
 昔、中華料理を食べに行っても私は八宝菜なんかで嫁は天津丼。
 もっといいのを食べろよ、なんて思ってたりしました。

 しかし、このところ何度か続けて作るうち、次第に納得のゆくものに。
 集中した総力戦で鍛えられた(笑)。


 天津丼は親子丼ともオムライスとも違うのです。
 
 まさに天津丼でなければなりません。その怪しいところがなくなって我がメニューとなりました。

 祝 www。



 卵はダシ巻き卵を作る要領で、片栗粉を入れダシを入れボウルで混ぜます。

 ご飯は白いご飯だけでも、ピラフっぽく具があっても、オーシャンキングなんか散らしてもいい。そこはお好みで。


 タレは甘酢です。
 メンツユ系で甘酢に仕立てます。

 これも片栗粉でトロミをつけますから、なんならこの餡をそのまま溶いて、ボウルの卵に少し入れてもいいです。


 この餡はケチャップを少し隠し味に入れます。これがちょっとポイントかも。


 餡は強いトロ味があるのが私は好みです。



 そうしてひとわたり準備ができたら並べて作ります。
 卵のフワフワを味わうため、電撃的な調理が求められます。
 汁をつけるからそれもあらかじめ火をいれておいて。

 すべての用意を終えての食べる直前です。フライパンに一人前ずつ作ります。卵のフワりとしたカキ卵を作ります。

 手順が大事。

 餡とか卵とかご飯とか、色々とフライパンを使います。


 油を敷いて流し込んで、少しかき回しながらスクランブルエッグになるのは怖がらずに。

 フワッと簡単に作ります。


 頃合いを見て好みになったら、フライパンをひっくり返してご飯に乗せます。

 温めておいた餡をかけ、すぐに食べてもらいます。
 次に私のができるまで待たなくていい。


 ペロリ平らげ。


 本当の天津丼、まあ「本当の」ってどれがホントかは分かりませんが、割と甘酢にしないところが多いようです。
 そして具はない。



 うちは「甘酢マニアだから・・・」なんて嫁は言います(笑)。

 具もウチはあったほうがいい。
 ちょっとだけでも何か散らして、かき卵とご飯の間に挟みます。



 とにかく、名前は天津丼なのですから、親子丼やオムライスとは違うものにしたいものです。

 名前が違うだけで中身がほとんど同じではつまらない。

 そんな風に天津丼を意識して、何回か集中的に作ったら、やっと慣れてきました。

 我が手のものとなりにけりww。


めいしくおしあがれ

 
   ・毎週火曜日更新 100円サプリはココ    ・マジ無料 お得HISクーポンはココ

【エピソード】元横綱、北の富士勝昭の見た夢

 ※ コロナのガイシュツ自粛のせいか、みなさんのブログも更新が多くてw。
   楽しく読んでいます。ありがとう。



 北の富士勝昭という人がいる。

 いわずと知れた大相撲の名解説者。
 彼を語ろうとするなら、誰の言葉を使ってもあまりにも足りないだろう。

 元横綱で、横綱二人を育てた元親方でもある。



 自然体で素直、極めて実直で正直な男。
 朗らかで常にすがすがしい。

 男でも惚れるというぐらい、そんな男はそうはいない。

 飄々とした好漢だ。
 常にどこか洒落ているところがあって、常に一人の人間として生きている。
 人の面倒見ることなど、彼にかかったら余計な情でしかない。

 甘い話のない人だ。


 そして実に頭がよい。


 夜の街を泳ぎ、よく色を好み、それでいて節度がある。
 女にはまず惚れさせようとする男気があると聞く。

 これだけの70代後半の老人など、いったいどこにいようか。
 この人を嫌う男がいるというなら、間違いなくそいつはどこかおかしいヤツだろう。



・・・
 そんな北の富士、先日の大阪場所の振り返りのこと。
 コロナウィルスの感染拡大への対応での無観客場所という椿事の中、彼は解説席に座り今場所の惨状を嘆いた。ウィルスとは言え、悔しさをにじませた。

 だが15日間、日程が進むうち、彼とて次第に慣れてくる。



 そして何日か目、突然に北の富士は解説中につぶやいた。

「そーいや、俺。夢を見たんだよ。」なんて。
 それは前代未聞のことだった。
 生放送で、解説者が自分の夢を語りだしたのだww。


 しかしその夢とやらの話が実に興味深いもの。

北の富士「夢でね、道を聞いているんだ、俺は。炎鵬に。」
アナ  「www それで炎鵬は教えてくれましたか?」
北の富士「いや、それがぜんぜん、モゴモゴやって、教えてくれないんだ(笑)。向こうに白鵬が映った。」
アナ  「・・・www」
北の富士「あれはなぁ・・・。(笑)」

アナ  「いや、いや、北の富士さん。昭和20年代以来のNHKのこの解説で、ご自分の夢の話をされた解説者は北の富士さんが初めてでしょう・・・。」

北の富士「だって見ちゃったんだから、ねぇ(笑)。」




 夢診断。

 口には大きくは出さないが、北の富士とて相撲のことを考えている。
 現役でなくなった今も、解説をして相撲を見て、相撲道のことを考え続けてきた。
 その伝統と格式、相撲という存在、相撲取りという人生にとって相撲道ということの重み。



 小さなカラダの炎鵬を見る。現役関取の中でも最も小さい。
 取り組みは常に巨人に挑む虫のようだ。

 それでも炎鵬は勝ったりする。技を駆使して相手を揺さぶり、大きな相手をねじ伏せてしまう。
 炎鵬の相撲は面白い。

 しかし、この小さな力士が横綱になるなどとは考えも及ばない。
 本人もそれは分かっているはずだ。
 いったい、本人はそのことをどう考えているだろう。

 北の富士もひとりのファンとして、炎鵬に聞いてみたいと思っている。
 何を目指しているのか、と。

 力士になった以上は誰もが横綱を目指すという。
 今は朝乃山が一番の有望株だ。もしかしたら横綱になるかも知れない。

 では、炎鵬はいったい、何を目指して相撲をとっているのか。
 その自身の相撲道の先に炎鵬は何を見ているのか。



 北の富士はその夢で炎鵬に道を聞いた。道を尋ねた。
 しかし炎鵬は教えてはくれない。

 彼には自分の相撲道があって、それは違うものなのかも知れない。
 とうとう答えは出なかった。



 ふと、その夢で、向こうに白鵬の姿を見た。

 いや、北の富士が疑問に思っていたのは炎鵬の相撲道のことではなかったのだ。
 白鵬の相撲道のことだった。

 あの汚い立会い、横綱の立場を逆用した張り挿しの多用。
 横綱の品格や存在などより、まずは勝ちたい、優勝したいというだけの欲しか見えぬふ。


 お前が目指しているのは何だ?
 尊敬されその堂々とした姿勢に賛辞が送られ記憶に残る横綱より、目先の優勝か。

 そんなものはすぐに忘れられてしまうぞ。
 価値のないトロフィーを積み重ね続けてこの先どうする。

 北の富士はそう問いたいはずだ。


 北の富士は元横綱として相撲道を考える男として、白鵬のことを心配もし、考えてきたに違いない。

 そのもやもやしたものが夢となって現れた。


 北の富士には教育はない。
 だからそんな自分の考えを放送席から仄めかすための夢の話、そんなものではなかったことは間違いない。

 あまりにも教科書的な夢。
 素直な男の人生はここまでのことがある。



 しかし実際には、北の富士とて白鵬への批判はそうそうハッキリとは口にはできないだろう。それは分かる。

 相撲人気に水をさしてどうする。
 白鵬によって優勝の記録が塗り替えられ、記録が伸びてゆくのを単純に喜んでくれる客もいる。
 そっとしておけば相撲の人気は続く。

 だが、相撲道はどこへ行くのか。
 地に足のついてない人気などすぐに吹き飛んでしまうだろう。


 そのジレンマ。
 北の富士はそんなことを白鵬について時々は漏らしたりする。
 ちょっとした言葉にそれが表れる。


 北の富士という男の見た夢は、そのモヤモヤしたものを反映したのだ。



 興味深い、大阪場所の一節、振り返りのこと。

 なぜかこの話はあまり世間的な話題にならなかったようだ。


みなさん、おうぞどだいじに



テーマ : マガジン形式、
ジャンル : 日記



在宅モニター 美容系の覆面調査(株ワールドキャスト)

ワールドキャスト

プライバシーポリシー

本サイトの個人情報保護指針について  詳細を開く
プロフィール

padroll bedroll

管理人:padroll bedroll

 ここんとこすっかりネットが狭く感じます。Youtubeも似たようなのばかりがお勧めにされて、検索すれば商業サイトばかり。
 検索はBingにしてみましたけど。居場所の少なくなったネットをまた広く泳ぐためのブログ。
 頭にきたり笑ったり、毎日クルクル。泣ける話のこともある。よしオチはこれでイク(笑)。

回して抽出 3Dタグ

最近の記事 + コメント(View)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
月別アーカイブ
更新カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
  • このブログをはてなブックマークに追加 ★★★☆
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • rank
  • rank

  • 姉妹サイト


動画チャンネル・レンタル
総合エンタメサイト
記事からのお勧め
記事のよりちょっと高級?
老舗アンケートモニターサイト
座談会・会場調査に特化
D style web
 記事・タグ検索
 
<< 全記事を一覧 >>
だいたいの頁ジャンプ
全252ページ中
1ページ目
by 遊んだら仲間だ。 篇GAME